沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
八重山毎日新聞社
(c)

「字登野城尖閣」変更を可決 真っ向対立も与党賛成多数


尖閣諸島の字名を変更する議案に起立して賛成する与党議員ら=22日午前、本会議場

 石垣市議会(平良秀之議長)は22日、6月定例会最終本会議で、尖閣諸島の字名を「字登野城」から「字登野城尖閣」に変更する議案を与党らの賛成多数(13対8)で可決した。台湾では反発の声が挙がっており、関係悪化が懸念されるが、中山義隆市長は取材に「これまでの長い信頼関係がある」と述べ、影響はないとの認識を示した。10月1日に施行される。( 面に関連)

 市は今月9日、現字名では一見して「尖閣」と分からないため、石垣島の「登野城」との違いを明確にし、行政事務手続きの効率化を図る必要があるとして提案。尖閣5島の名称を表記する小字と、2390〜2394と連続する地番に変更はない。市は今後、市民課、税務課でシステムを改修し、本籍者(76人)に通知を行う。本籍の変更は市の職権で可能と言う。

 一方、台湾では11日、北東部の宜蘭県議会が同諸島の名称変更を議決するなど、反発する動きが出ている。

 本会議では、討論で「メリットよりデメリットのほうがいい」、「他国に配慮する必要はない」などと与野党が真っ向から対立、怒号や罵声も飛び交った。

 野党は「クロマグロの漁獲枠を台湾から譲ってもらった。漁業者は波風を立ててもらいたくないと言っている。影響が大きすぎる」(宮良操氏)、「変えなくても支障はない。台湾との友好関係がおかしくなる」(長浜信夫氏)、「市長が総合的に判断したとする根拠、市議会の決議は領土問題に言及して政治的。今回も政治的な提案だ」(内原英聡氏)、「事務の効率化と言うが、先方は違う取り方をする。なぜ今か」(新垣重雄氏)、「市民の利益を考えるとデメリットが多い」(大濱明彦氏)と主張。

 与党は「字名を変更してもしなくても中国公船で領海侵犯を繰り返しており、一触即発の状態だ。字名変更によって先人が生活した跡を残すべきだ」(仲間均氏)、「我が国の主権の問題。他国に配慮する必要はない」「尖閣をめぐる紛争、トラブルの火種にしてはいけないが、今回の変更は行政事務手続きの効率化のみ。国境の問題と絡めてはいけない」(石垣達也氏)「中国は尖閣を領土と言い始めているため、立場をはっきりして意見を言わなければならない」(友寄永三氏)と訴えた。


2020-06-23 09:19:02
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36520/

沖縄戦後75年 「平和の尊さ胸に」


6月23日は沖縄戦終結から75年の節目を迎えるが、新型コロナウイルス感染症の影響で追悼式は縮小される=22日午後、八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑

 沖縄は23日、「慰霊の日」を迎える。沖縄戦の終結から75年。八重山3市町では6251人(平和の礎刻銘者数)が犠牲になっている。八重山郡内各地でも追悼式が行われているが、ことしは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から規模が縮小される。参列者を案内者のみに限定し、児童生徒の参列もない。3市町では「正午のサイレンに合わせて黙とうし、戦争の悲惨さと平和の尊さを胸に刻んでほしい」(中山義隆市長)と呼び掛けている。

 石垣市は午後3時から八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑で八重山戦争マラリア犠牲者追悼式、午後4時から八重守之塔で石垣市全戦没者追悼式並びに平和祈念式、竹富町は午前9時から竹富島・町出身者慰霊の塔で第59回町戦没者追悼式、与那国町は正午から与那国小学校・平和の塔で町戦没者追悼式をそれぞれ行う。

 平和の礎に刻銘されている戦没者数は6月時点で石垣市4405人、竹富町1145人、与那国町701人。このうち軍命による強制疎開でマラリアに罹患(りかん)、死亡した住民は3600人余りにのぼる。

 八重山戦争マラリア遺族会(佐久勲会長)の田本徹顧問(82)は毎年、追悼式で鎮魂歌を歌い、御霊を慰めているが、ことしは新型コロナウイルスの影響でそれがかなわない。

 「慰霊の日は戦争を二度と繰り返さないこと改めて確認し、恒久平和を発信するための日。ことしは新型コロナの影響に伴い、小学校での戦争体験講話や平和コンサートも中止になった。子どもたちに戦争の悲惨さを伝え、世界平和の大切さをつないでいくことが戦争マラリアから生き残った私たちの使命」と話す。

 与那国町の追悼式では毎年、町内各小中学校の全児童生徒が参列し、折り鶴の献納や平和の詩の朗読などを行ってきた。

 

【映像で平和学習

 各校では戦争体験者の減少で講話が開けない状況にあり、過去に収録した映像を授業で放映している。

 教育関係者は「空爆など島で起きた戦争被害を知らない子もいる。学校現場できちんと戦争の歴史を伝えなければならい」と痛感。「ことしの追悼式に子どもたちは参加できない。参加するとしないとでは、慰霊の日が何のためにあるのか受け取り方が変わってくると思う」と戦争の風化を危惧する。


2020-06-23 09:14:58
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36519/

鎮魂の月である。戦後75年の節目ながら、…

 鎮魂の月である。戦後75年の節目ながら、コロナ禍で戦没者追悼式が規模縮小となった。正午のサイレンに合わせて祈ろう。島々に平和が未来永劫続きますように
鎮魂の月はまた、戦争の記憶の継承について考える月でもある。人生百年時代というけれど、身をもって体験した人が年々減っていく現実
幸い、「八重山を学ぶ-八重山の自然・歴史・文化-」などの良書があり、戦禍の記憶と教訓を記録している。歴史に学べば、戦争の惨禍や戦争マラリアの不条理が、私たちが暮らすこの島々で現実にあったかを知ることができる
若い頃、貴重な経験をした。石垣市史編集室発刊の「市民の戦時戦後体験記録」の聞き取り採録である。体験を直接お聞きして記録し、原稿にして本人に確認する。何度も通う
なかにおひとり、家族の非業の死について、あふれる涙と長い沈黙で語りきれない方があった。人には言葉にできない深い悲しみ、癒えることない心の傷があることを知らされた。胸の痛みを覚えた
親世代あるいは祖父母世代から戦争の記憶を伝え聞く時間は、そんなに残されていない。戦後生まれが人口の8割余を占める今、体験のない世代が後に続く世代へ何を伝えてゆくか、どう伝えるか。重い課題である。できることからはじめるしかない。(慶田盛伸)


2020-06-23 09:13:46
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36518/

竹富町長選 西大舛氏が出馬会見


2期目へ意気込みを述べる西大舛騠旬氏(中央)=21日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

 8月16日投票・翌日開票の竹富町長選挙で2期目を目指す現職の西大舛騠旬氏(72)は21日午後、石垣市内のホテルで出馬会見を開き、新型コロナウイルス感染症への対策を主軸に掲げ「見えないウイルスとの戦いが重要になる。同時に竹富町の第5次基本構想・9次基本計画を実行し、町民皆さんと一緒にさらなる竹富町の礎をつくっていきたい」と決意を語った。役場庁舎の西表島大原移転については「私が2期目に当選するならば、さっそく取り掛かり西表庁舎を造る」と明言した。

 政策には新型コロナ対策を重点に置く予定。「竹富町の方向性を決めるポイントになる。各島には船でしか渡れないので、うまくコロナと付き合いながら行政を運営する必要がある」と述べた。今後の町発展へ現状と課題を踏まえ、施策の基本方針や具体的な施策・事業の実行にも取り組む。

 役場移転問題では、必要な海上交通網整備について「最も大事になる」と位置づけ、「どうしてもしないといけない。竹富町の大きな課題だと思うが、果敢に取り組む」と意気込んだ。

 会見に同席した大久英助後援会長は「町長の功績を特に上げるとすればコロナ対策。観光客の来訪で各島において感染が心配されたが、定期船の停止などが功を奏し町内で感染者は発生していない。町民への一律10万円給付も早く、多くの町民が喜んでいる」と評価した。

 会見には、竹富町議7人、石垣市議8人のほか、西大舛氏の支持者ら計30人以上が出席。西銘恒三郎衆院議員、大浜一郎県議、中山義隆石垣市長があいさつした。外間守吉与那国町長や与那国町議ら7人は航空機トラブルのため欠席した。


2020-06-22 10:15:43
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36517/

移動自粛解除 観光地の活気徐々に


土産物を選ぶ観光客ら=21日午後、ユーグレナモール

 都道府県をまたぐ移動自粛が解除され、航空各社が石垣島と関東、関西を結ぶ路線を通常運航に戻した19日以降、川平湾の駐車場にはレンタカーが並び、県外からの観光客が土産店を訪れるなど、市内の観光地にも活気が戻りつつある。

 ユーグレナモールでお土産を販売する「おみやげ市場島のおみやげ館」の上原幸子店長(65)は、「通常の30%くらいのお客が入り始めている。6月に入ったころの10%台と比べたら、実感的には、回復は早いと思う」と話し、「沖縄本島からキャンペーンを利用してくるお客さんも増えた。石垣島のことを知ってもらう機会になってよかった」と前向きな姿勢。

 都内から息子の結婚式に参加するため来島した馬場本正也さん(61)は、「昨年から予定していたけれど、コロナのことがあったから本当に行けるのか、最後まで分からなかった。19日に都道府県をまたぐ移動の解除が発表され、来島を決めた」と話した。 

 観光地で働く人の中には、「マスクをしていない観光客が多い。石垣島の暑さに慣れていない人も多いと思うけど、バッグに入っているなら着けてほしい」と第2波のまん延を警戒する声も。

 川平公園茶屋の岸本亮代表は、「活気は戻ってきたが、まだまだ、例年の半分くらい。いつもならてんてこまいの店内も、今日は客がまばら」と語った。


2020-06-22 10:12:48
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36516/

石垣市は先月中旬、避難所での新型コロナ…

 石垣市は先月中旬、避難所での新型コロナウイルス対策についてシミュレーションを行った。内部では避難者同士の距離を取る工夫をしたという(5月24日付本紙8面)
台風1号が八重山をうかがっていたころの予行演習である。台風は八重山に接近する前に熱帯低気圧に変わり、避難所の開設方法を検討する好機となったようだ
今月8日の大雨では、市は避難所の開設をめぐって難しい判断を迫られている。避難所は開設したが、避難所へ移動することによって危険が高まると判断し、広報は行わなかった(21日付本紙8面)。避難所へ向かう行為自体が危険を招きかねないジレンマ。経験のない大雨を前に人びとの安全をいかに守るか
八重山には明和大津波の経験がある。1月発刊の後藤和久・島袋綾野編「最新科学が明かす明和大津波」(南山舎)を読むと、1771年の大津波がどこで発生し、どう伝わっていったかについては今も論議が続いていることが分かる
本書は津波への備えについても一章を割き、観光客の避難誘導では啓発活動を検討するよう提言している。この点は台風と大雨にも当てはまる
八重山にかつてのようなにぎわいが再来するかは見通せない。そんな時こそ、観光地としての責務を再確認するいいタイミングかもしれない。(松田良孝)


2020-06-22 10:11:10
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36515/

与那国町 農業者用住宅、7月着工


農林水産新規就業者用定住型住宅のパース図。1棟3戸の2LDK(同町提供)

 農業新規就農者のIターンやUターンを受け入れる環境づくりの一環として、与那国町が農林水産新規就業者用定住型住宅確保事業を進めている。今年度は同町祖納地区に1棟3戸の住宅を整備する。工期は7月18日から来年1月13日まで。来年度4月の供用開始を目指す。

 同事業は内閣府の沖縄離島活性化推進事業。同住宅事業費は建築で8569万円、国の8割補助事業となる。電気・機械工事の入札は6月末に発注予定。

 与那国町では農業・漁業に新規就農しても住宅数が不足していることで、定住につながりにくい課題がある。同事業では島外の新規就農者を受け入れる住宅を整備する。入居は最大3年間と制限がある。家賃は未定。

 住宅は鉄筋コンクリート造平屋建て。敷地面積518・1平方㍍、延べ床面積196・2平方㍍で住宅は2LDK。場所は与那国町中学校の西側。19年度事業だったが入札不調になり、今年度に繰り越され、6月定例会で請負契約が承認された。

 産業振興課の小島重喜課長は「農業をしたくても住む場所がないと来島できない。整備してIターンUターンの担い手を探したい」と話した。

 同事業で整備した漁業者用住宅は昨年10月に完成し現在、1棟3戸に3世帯が入居している。農業者用の住宅整備で同事業は終了する。


2020-06-21 09:34:45
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36514/

こども博物館開講


第1回授業に耳を傾ける参加者ら=20日午後、結い心センター1階研修室

 石垣市立八重山博物館(砂川栄秀館長)が主催し、市内の小学5年生が八重山の歴史や文化、自然を学ぶ「こども博物館教室」の開講式と第1回講座が20日午前、結い心センター1階研修室で行われ、35人が受講した。同教室は、年間を通して8回の講座開催を予定している。開講式後の第1回講座では、元学芸館長の石垣博孝講師から、「八重山の年中行事」として豊年祭や旧盆のアンガマなどを学んだ。

 1983年から行われている同教室は、郷土に対する誇りと愛を高めることが目的。これまでに2000人近くの子どもたちが受講している。今回は、気象台見学や焼き物教室、野鳥観察、石垣島で自生する植物を原料とした修了証作りなどの講座を行う予定。

 第38期生として同教室へ参加した登野城小の河手侑士君(10)は、「お姉ちゃんたちが参加しているのを見て、来たいと思った。八重山の自然などを学びたい」と講座に期待。

 石垣小の斎藤和花さん(10)は、「学校で配られたものをみて、やってみたいと思った。石垣にはたくさんの行事があるから、見に行くときに学んだことを生かしたい」と目を輝かせた。

 砂川館長は、「受講される皆さんと講師の方々の協力があってできること。8回すべての講座を受講してくださいね」と激励。宮城光平学芸員は、「この機会に、学芸員とも仲良くなって、博物館にもぜひ足を運んでください」と呼び掛けた。

 例年45人の参加者を受け入れている同教室だが、ことしは新型コロナ対策で参加者を35人に縮小。例年博物館内で行う開講式も、十分なスペースが取れる同センターに場所を移した。


2020-06-21 09:33:41
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36513/

定期活動日を決める…

 定期活動日を決める。参加は無理強いしない。この二つはボランテイァや同好会を長く続けるための大事な要素。それに入退、再入退会の自由があれば尚いい。しばらくの間休んでも、いつかまた一緒に活動できると思えば仕事をしていても楽な気持ちでいられる
国道ヤラブ並木(約8㌔)の若枝摘みボランテイァは、大浜中の同窓生有志と八重山ライオンズクラブの会員が毎月15日のスタートで早起き作業に精出している。1日2時間、1週間ほど、都合の付く人が率参加し汗を流している
今年4月から在職中の勤務多忙を理由に活動から離れていた方が、退職を契機に第2の人生の健康増進の一助にしたいと復帰している。若手が加わると作業もはかどり予定時間の短縮につながっている
さて6月、ヤラブ並木は一斉に花が咲き道路に白い花弁を散らしている。花が終わると実が熟し落下、こちらは大量に歩道を覆う。この実は丸くて固い、踏むとすべるので拾う作業が必要だ。梅雨で水分を得た植栽の雑草もよく伸びている。こちらの刈り込み作業も急務
ただ、すべてボランテイァでという訳にもいかぬ。となると管理者の八重山土木事務所の出番
県の八重山事務所を訪ねてみようかな。でも嫌な予感。管理費が少ないのか事務所周辺は山嵐同然。(仲間清隆)


2020-06-21 09:32:51
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36512/

石垣庁舎工事議案を可決 年度内着工、23年度開庁


竹富町役場石垣庁舎工事委託契約で賛成6人が起立し議案が可決した=19日午前、議場(沖縄銀行八重山支店2階)

 6月竹富町定例議会の最終本会議が19日行われ、竹富町役場石垣庁舎工事委託契約に関する議案が、採決の結果、賛成6、反対5の賛成多数で可決された。討論では、庁舎機能がもたらす町民サービスへの有益性を強調する賛成意見と規模の大きさや事業費30億円余に加え住民への説明不足を指摘した反対意見で割れた。町は今後、大和リース㈱と本契約を結び、ことし11月までに実施設計を完了させ、県と協議し事業費にかかる起債部分が12月に確定すれば、住民説明会を開き、町民に説明することにしている。着工は年度内、開庁は2023年度を予定している。

 賛成討論で大久研一氏=小浜島=は、役場建設のあり方有識者検討委員会が提言した海上交通網整備など西表島大原移転の前提条件に触れ、「旧本庁舎からの危険回避と町民サービス向上、全町民の利便性確保を大前提に執行部から丁寧な説明を受け、議会で議論を深めてきた」と十分に議論してきたことを強調。また「去る3月定例会の一般会計補正予算で庁舎整備費30億6350万円の債務負担行為が全会一致で可決されている」と事業費の正当性を示した。

 山下義雄氏=西表干立=は、入居する関係機関や石垣港離島ターミナルと距離が近いことを挙げ、「今までになかったさまざまな行政サービスが多くの町民に利用されることは、画期的で大きな利便性と利益享受につながる」と賛成。

 反対討論をした山盛力氏=西表豊原=は「延べ床面積4702平方㍍、事業費30億円余の予算に町民は驚きと怒りを示している。役場職員のための庁舎建設にしか見えない」。渡久山康秀氏=西表中野=は「詳細な財源が明確に提示されていない。町民をないがしろにしている」、宮良道子氏=黒島=は「町民への説明がない。順序としては材料を基に町民へ説明し、町民の意見を反映させ再度上程することが望ましい」とそれぞれ反対の意思を示し、議案の取り下げを求めた。

 採決では大久、山下、三盛克美、上盛政秀、仲里俊一、加屋本真一の6氏が賛成、山盛、渡久山、宮良、大浜修、那根操の5氏が反対した。

 これまで石垣庁舎整備について建設的な意見を述べていた那根氏は、閉会後、反対に回った理由を「石垣庁舎を造るのに問題はないが、豪華すぎる規模と予算面で反対した」とした。


2020-06-20 09:44:21
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36510/

羽田―石垣線71日ぶり再開 県またぐ移動解禁


運航再開した羽田―石垣線に乗って南ぬ島石垣空港に到着した観光客ら=19日午前、同所

 新型コロナウイルス感染防止のために国が要請していた「県をまたぐ移動」が全国的に解禁された19日、日本トランスオーシャン航空㈱(JTA)・琉球エアコミューター(RAC)石垣空港所(玉城力所長)は、羽田―石垣線を71日ぶりに再開、1日2往復4便の通常運行に戻した。

 初便のJTA071便は、搭乗率100%、113人を乗せ、午前9時55分着に南ぬ島石垣空港へ到着。職員らが「おーりとーり石垣島へ」と横断幕を広げ、おかしや魔よけのサンなどを詰めたギフトを乗客へ配布した。

 毎年3回は八重山に来るという千葉県の50代夫婦は、ゴールデンウイークの来島を延期し、同日が今年初の旅行となった。夫は「ようやくという気持ち。八重山で釣りをするのが毎年の楽しみ」と喜びつつ「石垣は病床数が少ないなどの事情も聞き及んでいる。地元の人に迷惑をかけないよう、感染予防に十分注意する」と話した。

 同社によると、同便の7月末までの予約率は19日現在、40〜50%で推移している。同社は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ことし4月8日に同線を減便、同20日から運休に。6月末まで機内での社会的距離確保のために3列席の中央席を空けるほか、職員らのマスクやフェースシールド着用、機内飲料はパックで提供するなどの予防策を続ける。

 玉城所長は「感染予防をしっかり行い安心安全な空の旅を提供しながら、観光業界の一員として地域経済に対する責務を果たしたい」と語った。


2020-06-20 09:44:10
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36511/

「事業者選定に町議5人」の見出しで、竹富

 「事業者選定に町議5人」の見出しで、竹富町石垣庁舎建設工事の事業者選定プレゼンテーション審査に町議5人が加わっていたことが本紙17日付で報じられた。一般質問でこの事実を知った担当記者が疑問を感じて記事にした
これに対する議員諸氏のコメントに違和感を覚えた。例えば「他の審査会や委員会にも委員として入ることもある。プレゼンテーション審査の審査委員がダメなら、ほかの委員会などにも招聘(しょうへい)されなくなる」(18日付9面)
石垣市の場合、議員が各種委員会・審議会に委員として加わっているのは、政令を根拠に条例が定める都市計画審議会のみである
都市計画の手続きは審議会の議を経て決定される。議会として関われないため、議員の参加が認められているのであろう。市議会は、バランスを考慮して与野党からそれぞれ2人を送り出している
ベテラン市議によると、かつてはいろんな委員会に議員が加わっていたそう。でも、政治色が出る、当局となれ合いになる、当局に取り込まれる、業者との癒着につながる、などの懸念から排除してきたとのこと
議会は議決権を有し、長(執行機関)を監視する機能を担う。自治の適正な運営のため、執行機関と相互にけん制しあうことが求められている。(比嘉盛友)


2020-06-20 09:36:40
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36509/

尖閣字名変更 効率化目的「急ぐ必要ない」


尖閣諸島字名変更案に関する質問に答える中山義隆市長=18日午後、本会議場

 事務手続きの効率化などを目的に尖閣諸島の字名を「字登野城」から「字登野城尖閣」にする変更案をめぐり、石垣市から意見を求められた有識者が「事務処理上の効率化のために、という点で変更を急ぐ必要はない」と助言していたことが、市尖閣諸島字名変更検討委員会(委員長・知念永一郎総務部長、12人)の議事録で分かった。委員から国際的な影響を懸念する声が出ていたことも判明した。

 議事録によると、関係部課長で構成する同委は2017年10月30日に第1回を開いた。委員の1人から「国際的な問題となることはないか」との指摘があったが、「事務手続きに関する議論をする場であること」(委員長)を確認した。設置要綱第2条所掌事務には「字名変更に伴う、各種影響等に関すること」とある。

 この後、有識者2人から意見を求めたところ、琉球大学名誉教授の高良倉吉氏は「その島々に人々が居住し、生活上の利便性から整理、変更が必要だというのであれば説得力が得られる」「尖閣をより前面に表示したいという考えには同意するが、今の時点で事を急ぐという歴史的、実務的理由(特に対外的に)が確保されていないと考える」と疑問を呈していた。

 一方、長崎純心大学准教授の石井望氏は、歴史的な経緯を紹介しつつ「字登野城尖閣」を推薦した。

 同委はこれらの意見も踏まえ、同年11月21日の第2回で「石垣市登野城尖閣」「石垣市尖閣」の2案のうち、「かつて村があった地に字がつく。新しく名称をつける場合は字をつけるのは適切ではない。事務手続きの簡略化からもシンプルに尖閣がいい」などの理由で「石垣市尖閣」を全会一致で決定した。

 地番も2390番地からではなく、1番地から表記することも同様に決めた。同年12月定例会に議案を提出し、翌年4月1日に施行することを確認していた。

 この議事録をもとに内原英聡氏が18日の市議会で一般質問を行い、「検討委員会で議論を重ねた結果、石垣市尖閣となっているが、委員会の結論と議案がかみ合っていない」と指摘。中山義隆市長は「検討委員会では尖閣1番地からになったと聞いているが、総合的に判断しなければならない。歴史的な経緯を残すべきだ。市長である私が総合的に判断した」と説明した。議案は庁議で決定している。

 内原氏は、高良氏の意見と言わずに読み上げて見解を求めたところ、中山市長は「内原氏の主張はまったく意味が分からない。私は総合的に判断して提案している」と述べた。

 内原氏は「字名変更は事務の効率化と言っても、他方面に説明責任が生じる。登野城のままでお願いしたい」と要望、この後登壇した前津究氏も「台湾も騒ぎ始めている。姉妹都市蘇澳鎮との友好の観点からも抑えたほうがいいのではないか」と提案した。

 議事録は16日、総務財政委員に提出された。同委はこれに先立つ11日、変更議案の採決を行い、与党の賛成多数で可決した。議案は22日の最終本会議で委員会報告後に採決される。


2020-06-19 10:13:13
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36508/

西大舛町長が出馬を表明 竹富町長選挙


2期目へ出馬を表明する西大舛騠旬氏=18日午後、竹富町議会議場(沖縄銀行八重山支店3階)

 ことし8月の竹富町長選挙で現職の西大舛騠旬氏(72)が18日、「来る選挙にはしっかりと出馬する。これまで4年間の評価について、町民皆さまから審判を受けることが私の使命」と出馬を表明した。開会中の6月定例町議会一般質問で那根操氏の質問に答えた。正式な出馬会見を近日中に行う予定。

 西大舛氏は、新型コロナウイルス感染症への対策をはじめ喫緊の課題に取り組むことを明言。1期目の最大公約、役場庁舎の西表大原移転については「まずは条件整備を行い石垣庁舎がどうしても必要だという判断で着々と進めてきた。今議会が終われば実施設計に入り、石垣庁舎ができる。石垣庁舎のめどがつき次第、西表庁舎の建築に向け取り組みたい」と述べた。

 西大舛氏は、ことし5月26日に議員有志8人から出馬要請を受け、家族や支持者らと相談し、2期目への判断を「6月定例会前後に出す」と示していた。今議会一般質問の中でも、支持議員から2期目へ推す声が出ていた。

 任期満了に伴う竹富町長選は8月11日告示、16日投票、17日開票。


2020-06-19 10:11:06
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36507/

クーラー 9月稼働目指す 未整備の八島小と真喜良小


クーラーの無い普通教室で、汗だくで授業を受ける八島小学校の児童ら=16日午後、同校

 石垣市教育委員会(石垣安志教育長)は、市内の小中学校で唯一普通教室にクーラーが設置されていない八島小学校(仲地秀将校長、248人)と真喜良小学校(比嘉真弓校長、357人)への9月までの設置、稼働に向け調整を進めている。真夏日が続く中、両校では窓を開け、扇風機をかけるなどして、暑さをしのいでいるが、新型コロナウイルス感染予防のためにマスク着用が求められるうえに、夏休みも短縮され、児童らの熱中症が懸念されている。

 市教委はクーラー設置や受電変電施設の更新に向け、国の大規模改造事業に関する補助を申請中。予定では6月下旬に交付決定通知、7月初旬の入札・契約を経て、八島小で主に使用している普通教室12室、真喜良小の15室にクーラーを設置し、9月稼働を目指している。

 市教委は2015年に策定した「石垣市立小中学校学習環境整備計画」に基づき16年度に7年計画で市内小中学校の普通教室のクーラー整備を開始。19年度までに両校以外の学校で完了した。両校の普通教室は、「オープンスペース」と呼ばれる広場とつながっている開放的な設計のため、市教委は「クーラー設置の前に空間、構造に関する検討が必要であったことから、設置順が後になった」と説明している。

 16日午後、八島小学校では、昼休み後の教室に、遊び回って汗だくになった児童らが戻り、兼元星菜さん(10)は「昼休みの後とか、体育の後は暑すぎて死んじゃう」、外間瀧之介君(10)は「授業に集中できないしだるい」と不満を口にした。その他の児童らも「扇風機じゃ足りません」と声をそろえた。

 市教委の担当職員は「コロナの影響で夏休みも短くなったのに、設置が遅れており本当に申し訳ない」としている。


2020-06-19 09:59:32
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36506/

与那国町議会 「島の米がなくなる」


与那国町の水稲作が減少している。写真左は育成中の水田。右は耕作放棄地とみられる水田。田原川周辺には放棄地が多くみられる=17日午前

 【与那国】「島の米がなくなる」。6月定例与那国町議会一般質問で、第1次産業の衰退を危惧する声が相次いだ。JAおきなわ与那国支店によると水稲はことし、前年比で作付面積、収穫量ともに7割減まで落ち込む見込み。年々、米農家の離農が相次いだことで、同町の米作が瀬戸際に追い込まれている。

 同支店によると水稲の収量は年々減少傾向にあり、19年作付面積は21㌶で収量33㌧。20年は5㌶で10㌧を予定しており、面積76%減、収量70%減の計算になる。同支店水稲生産部会には7人加盟しているが、実際に活動している農家は4人という。

 作付け減は大口農家の離農が原因で、農家の高齢化と後継者不足が課題に。また、同町ではかんがい排水施設整備が不十分なため、圃田管理が天候に左右される状況から離農が進んだとも言われている。

 一般質問では田里千代基、与那原繁の2氏が取り上げた。

 田里氏は「20年前には年間650㌧ほどの収穫があった。現在は10㌶にも満たない」と傾向を述べ、「厳しい状況にあるが、田原川に排水路(取水)を整備するよう行政が動くべきだ。目に見える形で動きを作ってほしい」と訴える。

 与那原氏は「田原川水田は2割ぐらいしか植え付けされていない。ライスセンターの存続も厳しいのではないか」と指摘。「次年度に向けて対策チームを立ち上げないと危機的状況になる」と対応を求めた。

 外間守吉町長は田里氏の質問に「生産して刈り取りして農協に収めても赤字になるとの声もある」とした上で、「産業振興課、JA含め、相対的にどうしたらいいのか考えたい」と答えた。

 同町の米は「与那国島産ひとめぼれ」として販売されており、約1割は地元消費されている。同町の米作は1期作のみ。


2020-06-18 09:25:14
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36505/

市議会一般質問 オンライン学習検討へ

 6月定例石垣市議会(平良秀之議長)は17日、花谷史郎、大濱明彦、石垣達也、石垣亨の4氏が一般質問を行った。新型コロナウイルス感染拡大に備え、市教委は、遠隔学習(オンライン学習)などの可能性を検討する方針を示した。現在、児童生徒のいる各世帯に通信環境の有無などを調べている。

 オンライン学習では、各世帯での通信環境、パソコンなど端末所持が前提となる。市教委は各小中学校を通して各世帯に調査票を配布。Wi|Fi環境や子どもが学習する際に使用できる専用のパソコンやタブレットがあるかないか、休校となった場合の遠隔学習(オンライン学習)を希望するかどうか、などを聞いている。

 天久朝市教育部長は「調査結果を分析しながらオンライン学習の可能性を検討したい」と述べた。自ら計画を立て、課題を解決するなど自学力を身につける取り組みも展開する。

 質問した大濱氏は「オンライン学習では格差が出ないようにしてもらいたい」と要望した。

 農地からの赤土流出防止対策について石垣達也氏が「取り組みが多岐にわたるので協議会などをつくって本気で海域を守る取り組みができないか」と抜本的な取り組みを訴え、中山義隆市長は「ワーキングチームを立ち上げ、どういう組織で動くか、まずは検討をしっかりしたい」と応じた。

 陶芸振興で石垣亨氏は、認定技能士制度の創設を提案。小切間元樹企画部長は「認定制度創設は意義がある。陶芸以外の手仕事分野も視野に制度設計をしていきたい」と答弁した。

 市内には25カ所の工房がある。石垣氏は、新型コロナ対策として割引きクーポン券などの支援を要望、小切間部長は「焼き物まつりの開催に向け近く協議するので、その中でアイデアを交換したい」と述べた。紅イモ「沖夢紫」のクーポン券についても米盛博文農政経済課長が「前向きに検討したい」とした。

 ことし3月にリニューアルされた市ホームページについて花谷氏が新型コロナ情報を例に「支援策と感染防止策が混在して見づらい。大幅な改善が必要だ」と指摘、小切間企画具兆は「引き続き見やすい、分かりやすいを心がけて改善する」と答えた。


2020-06-18 09:24:23
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36504/

新型コロナウイルスの感染拡大…

 新型コロナウイルスの感染拡大で夏の甲子園大会の中止を受け、沖縄県高校野球連盟が独自開催する「夏季高校野球大会」が7月4日、開幕する
大会に参加する3高校の部員たちを励ます応援動画「夢を追い続ける君たちへ」が16日、動画投稿サイト・ユーチューブで公開された。3高校の保護者が最後の夏に向かう部員らに歌でエールを送ろうとサプライズで製作した
夏の甲子園の大会歌「栄冠は君に輝く」を、3高校の保護者や監督、中学時代の指導者などがリレー方式で歌い、中山義隆市長や市出身アーティストの夏川りみさん、金城弘美さん、きいやま商店も出演。BGMを八重高野球部OBのミヤギマモルさんが三線演奏で担っている
この動画を見た部員からは「最高」「このエールを力に変えたい」「勝ってこそ最高の恩返し」などと感想、大会に向け最高の激励となったようだ
実際に動画を見ると歌に保護者の思いがあふれ、元高校球児の親として胸にジンとくるものがあり、自然と涙があふれた。それほど見る人に訴えるものがある
大会前に最高のエールをもらった3高校の球児たち。勝ち負けに関係なく、悔いのないようグラウンドで完全燃焼してほしい。願わくば、3高校の中から幻の甲子園出場校が出てくれたら最高だ。(下野宏一)


2020-06-18 09:23:26
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36503/

本土直行便、毎日運航へ 空港内売店も全店営業


羽田―石垣路線のデイリー運航が再開。初日は117人が来島した=16日午後、南ぬ島石垣空港

 本土と石垣島を結ぶ航空機の直行便デイリー運航が16日に再開した。この日、金曜・日曜のみの運行だった全日本空輸(ANA)の羽田―石垣便が1日1往復に復便。観光客ら117人が南ぬ島石垣空港に降り立った。空港内の売店も全店舗再開し、繁忙期の夏場に向け空港内は活気を取り戻しつつある。

 午後2時45分、羽田―石垣便が石垣空港に到着。観光客らは石垣市職員から感染症予防策などが記されたパンフレットを受け取り、八重山観光のスケジュールをスタートさせた。

 初めて石垣島に来島した40代女性=横浜市=は1人旅で来島。自身の母親が亡くなったことで、夫から「旅行に行ってきたら」と言われ石垣島行きを決意。航空機がデイリー運航するタイミングで日程を合わせた。

 同女性は「竹富島に行って水牛車に乗りたい。海にも行きたい」と話し、竹富島を中心に観光する予定。1泊2日の短い旅だが「石垣島は那覇と違う雰囲気。今回は下見して、秋にまたゆっくりしたい」と思いを語った。

 本土直行便のデイリー就航に合わせ、最大約7割が臨時休業した同空港の店舗も全て再開した。直行便の石垣発、石垣着の時間帯前後に集中するが、複数の観光客が店舗で商品を購入する姿がみられた。

 この日、約1カ月ぶりに店舗営業を再開した土産店の担当者は「にぎわいは多少あったが、売り上げはまだ微妙」と複雑そう。ただ、傾向として4000円以上の高い商品が売れる傾向にあり客単価は平均2000円台。コロナ禍の中、営業していた4月より客単価が上がった。担当者は「気を使って高い物を買ってくれているのかもしれない」と分析した。

 別の店舗の50代女性は「もう少し観光客が戻ってくれたら活気が出る」と期待。「急に忙しくなって戸惑っているが、7月から今までの(夏の)状況になるのでは」と話した。

 ANAの本土直行便は今後、7月中に関西、福岡、名古屋路線の再開と羽田―石垣線の1日2往復4便にする方向で調整。

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は羽田―石垣路線を18日に再開する。19日から通常ダイヤの2往復4便で運航し、関西―石垣路線は26日から1往復2便で再開する予定。


2020-06-17 09:36:53
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36502/

平和の尊さ再確認 生徒ら体験活動や展示で


生徒が戦争と平和に関する読み聞かせを行い、平和の尊さを再確認した=16日午前、市立図書館

 6月23日の「慰霊の日」に向け平和への意識を高めてもらおうと、八重山農林高校の平和教育委員会は16日、校内外の各会場で平和学習会を開いた。全校生徒を対象に行われ、生徒たちは校内の展示や体験活動を通して平和の尊さを再確認した。

 同学習会は、会を通して生徒一人一人が平和の尊さ、大切さを再確認する場とすることが目的。

 このうちライフスキル科の2、3年生45人は同日午前、石垣市立図書館で絵本読み聞かせを通して平和学習。同館の児童室担当職員が特攻隊をめぐる物語『すみれ島』や『ひろったラッパ』などを紹介した。

 その後、生徒は4人1組に分かれ、生徒自身がさまざまな戦争に関する絵本を読み聞かせし、戦争と平和への理解を深めた。

 この日の学習会は、同図書館の6月1日の休館解除以降、初の外部団体主催イベント。生徒の3密回避やマスク着用を徹底したなかで行われた。

 このほか、1年生は同校図書館の「平和展」や農業史料館を見学。2、3年生は学科ごとの特色を生かした平和学習を行った。アグリフード科は戦後のパンと現在のパンの比較、グリーンライフ科は尖閣列島戦時遭難死没者慰霊之碑、フードプロデュース科は戦前と戦後の豚の品種や飼育の歴史などを学んだ。


2020-06-17 09:33:17
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36501/

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会