沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄タイムス
(c)

沖縄の天気予報(7月5日)晴れ、所によりにわか雨 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 本島中南部と本島北部では、5日夜のはじめ頃まで発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意してください。 沖縄地方は、太平洋高気圧に覆われておおむね晴れていますが、にわか雨の所もあります。 5日の沖縄地方は、太平洋高気圧に覆われておおむね晴れますが、所によりにわか雨があるでしょう。
2020-07-05 17:19:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595911

琉球大学(上) 米軍施政下に開学した首里城跡 専門異なる学者同士が再建サポート - 首里城 象徴になるまで
[首里城 象徴になるまで](26)第2部 戦をくぐって 1992年に復元された首里城正殿は、柱や梁(はり)に地元の木々は使われていなかった。火災からの再建材の種類は、今秋をめどに国が決める。
2020-07-05 17:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595712

震度1~2で「護岸安定性は確保できない」 沖縄の新基地建設 防衛省が認めているデータで解析 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 名護市辺野古の新基地建設を巡る護岸崩壊の懸念について、沖縄辺野古調査団の立石雅昭代表(新潟大名誉教授)に聞いた。 今回の沖縄辺野古調査団の試算は、防衛省が認めているデータを用いて改めて市販のソフトで解析した。護岸の安定性を確保できず、崩落するという結果が得られた。
2020-07-05 15:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595692

玉城知事「デジャビュ感満載」とツイート 中谷元防衛相との会談後、新基地建設巡る議論振り返り  - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 玉城デニー知事は4日、自身のツイッターで中谷元・元防衛相との会談に関するものとみられるコメントをつぶやいた。「デジャビュ感満載」と、名護市辺野古の新基地建設を巡る中谷氏の話が以前と同じような既視感のある議論だったことを示唆した。 知事は「これまで多くの議論に時間を費やした。様々な方に関わって頂いた。
2020-07-05 15:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595847

「知事を支えると言ったことない」発言真意をただす声上がる - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県議会与党会派所属の赤嶺昇氏の議長選出の在り方に疑問を抱く本部町島ぐるみ会議のメンバーら約30人が4日、本部町内で会合を開き、同会派の平良昭一氏=国頭郡区=に説明を求めた。平良氏は「会派おきなわはデニー知事を支える与党であることは変わらない」と明言した。
2020-07-05 15:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595695

コロナで出荷できない魚 買い支えた市民に鮮魚店が恩返し - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県石垣市新川の「仲田鮮魚店」は6月26日、市と竹富町両教育委員会に、子どもたちのために役立ててしいと寄付金を贈った。
2020-07-05 14:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595612

大学生の留学延期相次ぐ コロナで渡航や入学できず - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 琉球大学国際教育課によると、今春海外に留学する予定の琉大生や入学予定だった留学生のうち、17人が新型コロナウイルスの影響で渡航できなかったことが、3日までに分かった。 外国大学との交換留学に向けて2~5月の間に出発する予定だった琉大生10人のうち、7人が渡航できなかった。
2020-07-05 14:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595624

[解説]新基地建設巡り自民党内から再検証の声 計画へ変化や疑義 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備断念後、自民党内から名護市辺野古の新基地建設の再検証に言及する声が上がり始めている。政府は「辺野古が唯一の解決策」との姿勢を崩しておらず、抜本的な見直しにつながる兆しは見えないが、辺野古を巡る環境に変化が生まれつつある。
2020-07-05 13:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595846

コロナ対策 沖縄県が貯金15億円取り崩し - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県は、地方自治体の貯金にあたる「財政調整基金」を、新型コロナウイルス感染症対策のため2020年度補正予算で15億5981万9千円を取り崩した。取り崩し前の20年度末残高見込みの40億6790万8千円から38・3%減で、24億6808万9千円になる見通し。
2020-07-05 13:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595697

「不公平だ」コロナ特例給付金 世帯主の死亡巡り市町村の対応に差 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 新型コロナウイルス対策として国民全員に1人当たり10万円が配られる特別定額給付金で、市町村によって申請開始日に約1カ月の時間差があり、その間に死亡して支給されなかった人の遺族から「不公平だ」との声が上がっている。
2020-07-05 13:05:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595727

自民党総裁選向け? 沖縄の新基地建設で党内から修正求める声 元防衛相から発言続々 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
[フォローアップ] 名護市辺野古の新基地建設について、与党の自民党内から現計画の修正に言及する声が上がり始めた。
2020-07-05 13:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595845

沖縄66日連続で感染ゼロ 新型コロナ5人を検査【7月5日】 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県は5日、新型コロナウイルス感染症の検査を5人に行い、新たな感染者は確認されなかったと発表した。新たな感染者は4月30日を最後に確認されず、66日間連続でゼロとなった。 県内の累計感染者は142人のまま(成田空港検疫の1人は除く)。
2020-07-05 12:20:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595879

「かっ飛ばせ!」大声禁止でも熱く応援 パネル10種類 沖縄で高校野球開幕 コロナ対策で入場制限 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 スタジアムに球音が戻ってきた。4日開幕した県高校野球夏季大会。新型コロナウイルス感染を防ぐため球場への入場者数を制限し、検温の義務化や大声での応援を禁止するなど異例ずくめ。那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇では保護者が拍手や手作り応援グッズで球児の活躍を静かに後押しした。
2020-07-05 09:20:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595707

コロナ給付金「死亡で受け取れないのはふびん」 村独自に申請前に亡くなった人の分を給付  - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 新型コロナウイルスの緊急経済対策で国民1人に10万円を配る特別定額給付金を巡り、沖縄県今帰仁村が給付対象を決める基準日(4月27日)に村内に住んでいて、申請前に亡くなった単身世帯の遺族に5万円を独自に給付する方針を3日までに固めた。県内初で全国でも異例という。
2020-07-05 09:19:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595717

沖縄の社長の平均年齢は61・6歳 高齢化進む - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 東京商工リサーチ沖縄支店が3日発表した2019年の全国の社長年齢調査で、県内の平均年齢は前年比0・5歳上昇の61・68歳となった。前年は全国で7番目に若かったが、8番目となった。県内社長に占める70代以上の割合は2・44ポイント増の23・71%となり、高齢化が進んでいる。
2020-07-05 08:55:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595755

那覇市のそば店で後継者不足 ステーキ店が継ぐ - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄でステーキハウス88を運営する沖縄テクノクリエイト(那覇市、金城康次社長)は4日までに、那覇市久茂地の老舗日本そば店「名代蕎麦処美濃作(みのさく)」(那覇市、小山(おやま)健代表)の事業を承継した。
2020-07-05 08:48:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595760

酒気帯び運転で追突し逃走 タクシーが追跡、警察に引き渡す 容疑の米兵逮捕 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県の浦添署は4日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで在沖米空軍第18兵站準備中隊の2等軍曹(24)を現行犯逮捕した。呼気から基準値の約2倍のアルコールが検知され、容疑を認めている。 逮捕容疑は4日午前5時35分ごろ、浦添市城間の国道58号北向け車線で、酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。
2020-07-05 08:40:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595718

[大弦小弦]真剣勝負の先に - 大弦小弦
 何点取られたか、分からなくなるぐらいの大負けだった。運営に携わっている学童野球チームの練習試合。県内でも指折りの相手に力の差は歴然で、ただ子どもたちを励ますしかすべがなかった▼試合後、責任者があいさつに来て「また機会があればお願いします」という。社交辞令とは思えず、学ばせてもらうつもりで尋ねてみた。
2020-07-05 08:37:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595729

社説[相次ぐ辺野古発言]12年も待てというのか - 社説
 名護市辺野古の新基地建設を巡って、与党自民党の幹部から、検証の必要性を認めたり、計画の見直しを提案する声が上がっている。 「辺野古が唯一の選択肢」だと繰り返し、県の対話申し入れを無視して工事を強行する政府の姿勢とは、一線を画すものだ。
2020-07-05 08:32:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595689

釣り人大興奮「頭が硬くてザラザラ」 ひょっこりジンベエ、船に接近 沖縄の離島沖 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 【西表島=竹富】ツアーガイドの前大敏夫さん(58)=西表島上原=が6月27日、上原港から約20分の沖合で小型船に乗って釣りをしていたところ、突然、雄のジンベエザメが水中から姿を見せた。当初は背ビレの様子から別のサメに見えたというが、近づいて来るにつれて模様と形からジンベエザメだと分かったという。
2020-07-05 08:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/595615

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会