沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄タイムス
(c)

沖縄の文化芸術が再び動き出すために…県が100万円を上限に支援 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 新型コロナウイルスの影響を受け、活動再開や新規展開に取り組む文化芸術・エンターテインメント関係者に対し、県は100万円を上限に支援する。団体やフリーランスを含む個人事業主が対象。 プロの実演家だけでなく美術や地域の文化活動、技術関係者なども含まれる。
2020-07-01 20:26:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593448

「ただの紙なのに、なんで?」渡されたのは兄へのラブレター 戦前のサイパン島に咲いた恋心 - 戦世生きて くらしの記録
[戦世生きて くらしの記録](33)名護市出身 与那城春子さん(上) 肩で揺れる艶やかな髪。すらっと伸びた背に、きれいな顔立ち。隣の集落に住む19歳の「つやこさん」が、丁寧に折られた白い紙を手に近づいてきた。自転車に乗って遊んでいた13歳の与那城春子さん(89)=名護市=は、託された。
2020-07-01 20:11:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593451

米軍の反撃は10倍返し 整備不良で気付かれず残る 那覇・當間の旧日本海軍砲台 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
[もの言わぬ語り部たち 地域の戦争遺跡](9) 沖縄県内で唯一、旧日本海軍が使用した砲台が、航空自衛隊那覇基地内の字當間に残る。
2020-07-01 18:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593355

「絶対にまたチャンピオンになる」 比嘉大吾、バンタム級に闘志 トレーナーと悲願の黄金タッグ復活 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 「復帰したからには絶対に、もう一回世界チャンピオンになると決めている」-。30日、オンラインでの記者会見で新興ジムのAmbitionへの移籍を発表した元WBCフライ級王者の比嘉大吾は、こう力を込めた。会見にはデビュー以来のトレーナー、野木丈司氏も同席。
2020-07-01 17:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593593

沖縄の天気予報(7月2日)くもりや雨の天気、所により雷を伴う所も - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄本島地方では、2日にかけて発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意してください。 沖縄地方は、前線に吹き込む湿った空気の影響で曇っていますが、雲のすき間で晴れている所もあります。 1日の沖縄地方は、前線に吹き込む湿った空気の影響で曇りや雨の天気となり、所により雷を伴うでしょう。
2020-07-01 16:53:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593848

【第2回】スーパーマンポーズで姿勢改善! 宮城裕子の“前向きエクササイズ” - 沖縄タイムス+プラス ニュース
【第2回】スーパーマンポーズで姿勢改善! 宮城裕子の“前向きエクササイズ”
2020-07-01 16:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/592905

辺野古新基地は「滑走路延長し軍民共用を」 中谷元防衛相が提案 自衛隊との共同使用も - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 【東京】自民党の中谷元・元防衛相は30日、国会内で沖縄タイムスの取材に応じ、名護市辺野古の新基地建設を巡って政府と県の対立が続く現状を懸念し、協議の場が必要との考えを示した。米軍普天間飛行場の返還を実現するには「辺野古移設しかない」と断言。
2020-07-01 16:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593438

「モットーはレースを楽しむこと」東京パラ目指す喜納翼(車いす陸上)のコトバ - 沖縄タイムス+プラス ニュース
  「モットーはレースを楽しむことです」―。車いす陸上で東京パラリンピック出場を目指す、うるま市出身の喜納翼(30)=タイヤランド沖縄=は2019年11月の大分国際車いすマラソン前日に行われた記者会見で、こう答えた。 同大会は東京パラ大会の代表選考レースとなるW杯派遣が懸かっていた。
2020-07-01 15:33:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593779

玉城デニー知事の「死に体化」狙う自民 県政与党内に強まる相互不信 知事の任期後半は多難 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 自民党が主導し、野党・中立勢力で与党会派おきなわの赤嶺昇氏を議長に選出した。常任委員会の委員長選挙ではおきなわ所属の県議の事実上の協力を取り付け、自民が3委員長を獲得した。自民は、25対23と肉薄する与党の揺さぶりや一部の引きはがしに成功したといえる。
2020-07-01 15:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593435

選出をめぐる自民との会話「何とも言えない」 沖縄県議会、赤嶺新議長の一問一答 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 県議会の本土復帰後第18代議長に30日、会派おきなわの赤嶺昇氏=浦添市区=が選出された。赤嶺氏と記者団の主なやりとりは次の通り。 -今後、玉城県政への向き合い方は。 「地方議会の役割である二元代表制の一翼を担う議会の役割は、基地問題をはじめ、新型コロナウイルス感染症を含め課題がたくさんある。
2020-07-01 14:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593434

正副委員長、野党・中立が占める 沖縄県議会 与党わずか1 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県議会6月定例会では、4常任委員会と議会運営委員会の委員長、副委員長を決定した。土木環境で与党の瑞慶覧功委員長(てぃーだネット)が就任した以外、野党・中立が占める結果となった。 いずれも無記名投票で、総務企画、経済労働、文教厚生の3常任委員会と議会運営委員会で、野党・中立の正副委員長を選出した。
2020-07-01 14:20:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593436

極秘で進めた与党切り崩し 決着は開会15分前 沖縄県議会議長に赤嶺氏 自民が主導した選出の舞台裏 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 県政与党の赤嶺昇氏が30日の本会議で、野党自民党などの支持を受け新議長に選出された。多数議席を有する与党にとって想定外の展開で、与党内からは「裏切り行為だ」と赤嶺氏への批判が飛ぶ。一方、与党の戦略を覆し、4常任委員会中、三つの委員長ポストを得た自民は「県政奪還に向けた序章の幕開けだ」と息巻く。
2020-07-01 13:41:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593437

新型コロナ、沖縄は62日連続で新規感染ゼロ  5人を検査【7月1日】 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県は1日、新型コロナウイルス感染症の検査を5人に行い、新たな感染者は確認されなかったと発表した。新たな感染者は4月30日を最後に確認されず、62日間連続でゼロとなった。 県内の累計感染者は142人のまま(成田空港検疫の1人は除く)。
2020-07-01 11:42:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593679

沖縄の路線価上昇率、3年連続全国1位 人口や観光客増で不動産需要高まる 最も高い場所はあの銀行前 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄国税事務所は1日、相続税などの算定基準となる2020年分の県内路線価を公表した。1月1日を評価時点として3158地点を調査。標準宅地の対前年変動率の平均は前年比2・2ポイント上昇し、10・5%となった。6年連続の上昇で、都道府県別では3年連続全国1位となった。
2020-07-01 11:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593652

与那国町への恩返し 台湾から新型コロナ感染防止物資届く - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県与那国町の姉妹都市、台湾花蓮市(魏嘉賢市長)からこのほど、町に対し新型コロナウイルス感染防止策としてせっけんやフェースシールドが届いた。 台湾の著名人や花蓮市職員らが姉妹都市をウイルスから守ろうと贈ったもの。
2020-07-01 08:16:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593356

コロナで解雇「何をすればいいのか。生活できない」 増える求職者 求人倍率は1倍切る 沖縄6月 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 ハローワーク那覇の6月の求職登録者数は25日時点で2723人となり、前年同月と比べて146人増加した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で県内の有効求人倍率は2カ月連続で1倍を割り、完全失業率も悪化が続く。
2020-07-01 08:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593447

沖縄3大綱引き また中止 糸満大綱引 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 10月1日開催予定だった沖縄三大大綱引きの一つ「糸満大綱引」(沖縄県糸満市)が新型コロナウイルスの感染防止のため、中止されることが30日までに決まった。台風の影響で延期になったことはあったが、中止は戦後初という。 旧暦8月15日に行われ、航海安全や豊漁を願う伝統行事。
2020-07-01 07:55:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593450

[大弦小弦]1980年代に「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という言葉が流行した - 大弦小弦
 1980年代に「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という言葉が流行した。ビートたけしさん、きよしさんの漫才コンビ「ツービート」がコントで披露したネタ。広島県の政治家たちを見て、久しぶりにこの言葉を思い出した▼逮捕された河井克行、案里の両容疑者から現金を受け取った政治家の「告白ドミノ」が広がっている。
2020-07-01 07:33:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593432

社説[レジ袋有料化]「脱プラ」着実な1歩に - 社説
 全国のスーパーやコンビニエンスストアなどの小売店でプラスチック製レジ袋の有料化が始まった。遅れているプラスチックごみ対策の1歩としたい。 県内では2008年10月から、大手スーパーやドラッグストアなど10社が県と協定を結び、既に有料化に取り組んでいる。
2020-07-01 07:26:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593383

コロナ検査数が減る沖縄「流行を見過ごさないか」 県の専門家会議で懸念 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 新型コロナウイルス対策を検討する県の専門家会議が29日、南風原町の県医師会館であった。県をまたぐ往来が増える中、感染の流行の端緒を早期に捉える重要性を確認。県内のPCR検査数が1日10件程度と減少をたどる現状に、流行を見過ごさないかという懸念が相次いだ。
2020-07-01 06:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/592866

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会