沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄タイムス
(c)

オスプレイが複数回、低空飛行 北谷町の人口密集地 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県北谷(ちゃたん)町の市街地で25日、MV22オスプレイが複数回にわたり低空飛行する様子が確認された。騒音や低空飛行への不安を訴える住民から苦情が午後1時40分までに町役場へ6件あった。
2020-06-26 20:45:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591051

「まなび格差」解消へ 小学生の塾費用、那覇市が助成 生活保護世帯が対象 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 那覇市は25日、生活保護受給世帯の小学生を対象に、学習塾や家庭教師の費用をサポートする「那覇市まなびクーポン」の発行を始めると発表した。一人当たり年5万6千円分を助成する。利用期間は8月から来年3月まで。 助成の対象は、市内在住者で生活保護受給世帯の小学4~6年生約200人。
2020-06-26 20:11:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591062

辺野古でジュゴンの鳴き声 保護へ沖縄県が国を行政指導 これで3度目 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 県は25日、名護市辺野古の新基地建設海域付近で絶滅危惧種のジュゴンの鳴音が繰り返し確認されていることから、工事を停止するよう求める3度目の行政指導文書を沖縄防衛局に出した。
2020-06-26 15:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591078

[新型コロナ 出口戦略を聞く](24)/リスク取り融資先を守る/キャッシュレス対応急務/県銀行協会長 山城正保氏 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 -県内企業の経営悪化に、金融機関はどう対応したか。 「県内の大半が中小・零細企業で、自己資本の積み上げが少ない。危機を迎えたときにたちまち支援が必要になることは予想が付いていた。
2020-06-26 15:18:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591036

辺野古への懸念、米議会の最終案に反映できるか 実現へ米世論に発信必要 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 米下院軍事委員会の即応力小委員会(ジョン・ガラメンディ委員長)は、2021会計年度国防権限法案に、名護市辺野古の新基地建設予定地の大浦湾の軟弱地盤や活断層に関する懸念を明記した。米議会がこうした認識を示すのは初めて。
2020-06-26 15:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591076

沖縄の菓子メーカーのファッションキャンディ 立て直しで買収した企業は? - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 不動産賃貸業の沖商不動産(那覇市、宮城実社長)は25日、菓子製造・販売のファッションキャンディ(FC、宜野湾市、知念律子社長)の全株式1600株を3月30日付で取得し、完全子会社化したと発表した。取得金額は8千万円。FCはこの数年、人件費や新規出店費の増加で赤字が続いている。
2020-06-26 14:58:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591039

ホワイト急便沖縄が民事再生へ 県内16店は営業継続 競争激化に新型コロナが追い打ちか - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 クリーニング業のホワイト急便沖縄(本店・沖縄市、松田博之社長)が、那覇地裁に民事再生手続きの開始を申し立てたことが25日、分かった。24日付。同日付けで那覇地裁から保全命令を受けた。関係者によると、負債総額は約4億9千万円。債権者は約120人で、7月1日に那覇市内で債権者説明会を開く。
2020-06-26 14:53:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591038

米上院案、辺野古新基地に触れず 国防権限法案を公表 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 【平安名純代・米国特約記者】 米上院軍事委員会(ジェームズ・インホフ委員長)は24日(日本時間25日)、2021会計年度の国防権限法案を公表した。名護市の辺野古新基地建設に関する文言は含まれていない。
2020-06-26 14:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591074

保存・公開へ検討委設置へ 首里城下の旧日本軍司令部壕 沖縄知事が明言 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 首里城敷地内にある旧日本軍第32軍司令部壕の保存・公開について、沖縄県の玉城デニー知事は26日、本年度中に新たに検討委員会を設置する方針を示した。城間幹子那覇市長と久高友弘市議会議長らの要請の場で明らかにし「那覇市と一緒に検討していきたい」と述べた。
2020-06-26 14:26:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591378

学校の空調費補助打ち切り 教育や保育への影響懸念の声 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 防衛省が空調維持費の補助の交付要綱を2016年に突然改定してから4年。米軍基地の騒音被害が軽減されない中、補助打ち切りが進む現状に、自治体や法人からは教育や保育環境への影響を懸念する声が上がる。財政への負担を抑制しようと、太陽光発電を導入する動きも出始めた。
2020-06-26 14:06:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591044

「不測の事態を誰も予測できない」 辺野古新基地の工費さらに膨張か 専門家が軟弱地盤改良に疑問 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 県は25日、米軍基地問題に関する万国津梁会議の2020年度第1回会合を県庁で開き、名護市辺野古の新基地建設について地盤工学に詳しい日本大学理工学部の鎌尾彰司准教授と意見交換した。鎌尾氏は軟弱地盤の改良工事は未知の要素が多く、工期も工費もさらに膨らむ可能性を指摘した。
2020-06-26 14:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591072

沖縄の57日連続で陽性ゼロ 新型コロナ検査【6月26日】 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県は26日、新型コロナウイルス感染症の検査を8人に行い、新たな感染者は確認されなかったと発表した。新たな感染者は4月30日を最後に確認されず、57日間連続でゼロとなった。 県内の累計感染者は142人のまま(成田空港検疫の1人は除く)。
2020-06-26 13:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591371

コロナ支援金の受付は6月30日まで 沖縄県が早めの申請呼びかけ - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 玉城デニー知事は26日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴い影響を受けた事業者への支援金や協力金の受け付け期間が6月30日に迫っていることから、早めの申請を呼び掛けた。
2020-06-26 12:50:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591361

空港のコロナ相談センター 宮古と石垣にも設置へ 観光客向け - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 玉城デニー知事は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの水際対策強化のため、県が那覇空港内に設置している旅行者専用相談センター「TACO(タコ)」を宮古島や石垣島の空港にも設置する考えを示した。 那覇空港のTACOには、看護師とスタッフが常駐。
2020-06-26 11:38:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591326

運転請負サービス開始 折りたたみバイクで駆け付け 随伴車不要、コストも低減 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 送迎サービスのハンドルキーパー(那覇市、斉藤智彦CEO)は25日までに、運転代行ならぬ「運転請負」のサービスを県内で始めた。通常の運転代行は2人1組で行動するが、車に積める折り畳みのバイクに乗って1人で現場に向かうため、随伴車が不要。
2020-06-26 08:46:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591142

会話よりBGM聴こう 対面席に仕切り、客席間隔は2メートル 沖縄の飲食店がコロナ予防策 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 県飲食業生活衛生同業組合(鈴木洋一理事長)は25日までに、新型コロナウイルスの感染予防対策として、飲食事業者向けに独自のガイドラインを策定した。対面の席にはパーテーション(仕切り板)を設置。客席間は、できれば2メートル、最低でも1メートル間隔を空けるなど対策を定めている。
2020-06-26 08:33:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591035

那覇に都市型ホテル 星野リゾート 「OMO」ブランドで県内初展開 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 星野リゾート(長野県、星野佳路代表)は25日、那覇市松山1丁目に都市観光ホテル「星野リゾート OMO5(おもふぁいぶ)沖縄那覇」を開業すると発表した。同社のブランド「OMO」は県内初進出。星野リゾートが運営する宿泊施設としては、県内5施設目となる。
2020-06-26 08:28:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591113

癒やしの島に「憩いに行こうよ」 虹色のガジュマルがロゴ 沖縄観光回復へキャンペーン - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は24日、国内誘客に取り組む官民一体となったプロモーション「憩うよ(いこうよ)、沖縄。」をスタートするため、キャンペーンロゴなどを発表した。
2020-06-26 08:20:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591037

VRで消失前の首里城体験へ 沖縄知事が構想 芸能、工芸品も展示 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県の玉城デニー知事は25日、首里城公園を訪れ、12日から公開が始まった正殿跡などの有料区域を視察した。利用客の利便性向上に向けて、焼失した北殿にあったトイレや休憩所は仮設プレハブを整備して対応する考えを示した。
2020-06-26 08:07:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/591082

コロナ後の村民にどんな支援が必要? 観光やIT専門家が読谷で議論 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 【読谷】新型コロナウイルス感染症で、今後の村経済の再興に向けた支援策やコロナ収束後の持続可能なまちづくりを考えようと、村は19日、観光や飲食、ITなど各経済分野の専門家を委員にした「いちゅいゆんたんざ創生会議」(座長・石嶺傳實村長)を村文化センター中ホールで開いた。
2020-06-26 08:07:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/590942

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会