沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄タイムス
(c)

沖縄の天気予報(6月25日)曇り所により雨で雷を伴う - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄本島地方では、25日にかけて発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意してください。 沖縄本島地方と大東島地方は前線の影響で曇っていますが、沖縄本島地方では雲のすき間で晴れている所もあります。先島諸島は、太平洋高気圧に覆われておおむね晴れています。
2020-06-24 17:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/590266

[視点]安倍首相のビデオメッセージ 沖縄の基地負担軽減に現状と隔たる軽い言葉 沖縄全戦没者追悼式 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 第2次安倍政権の発足以降、7年連続で沖縄全戦没者追悼式に参列してきた安倍晋三首相は、ことしの追悼式にビデオメッセージを寄せ、沖縄に米軍基地の集中する状況を「到底容認できない」と述べ、基地負担の軽減に取り組む決意を示した。8年連続だ。
2020-06-24 17:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589971

沖縄出身の助産師が見た中米ホンジュラスの現状 あす25日午後7時からオンライン講演会 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 国境なき医師団の一員として今年の4月まで中米ホンジュラスで活動を続けた沖縄県南風原町出身の助産師、國吉悠貴さんが25日、国境なき医師団主催のオンライン講演会に登壇する。同日午後7時から。現地の新型コロナウイルスの感染拡大の状況や自身が取り組んだ性暴力被害に苦しむ人々への支援について伝える。
2020-06-24 16:39:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/590259

玉城知事の平和宣言 消えた「新基地反対」 支持者ら不満の声 沖縄全戦没者追悼式 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 玉城デニー知事が2度目の平和宣言を読み上げた23日の沖縄全戦没者追悼式。名護市辺野古の新基地建設の見直しや断念を求める文言はなく、「表現が後退した」との指摘もくすぶる。県幹部は「辺野古反対は当然。沖縄の思いを世界に発信する方法にした」と“後退”を否定。
2020-06-24 16:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/590006

地元の聖地に防御陣地 住民が断っても、日本兵は「軍のためだから許して」 建設中も完成後も近づけず - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
[もの言わぬ語り部たち 地域の戦争遺跡](6) トーチカとは、コンクリートなどで堅固に造られた防御陣地。内側から銃火器を構えて攻撃できるようになっている。 中城村津覇のトーチカは六角形で、壁の厚さは約25センチある。高さは土中部分を含めると約120センチ。
2020-06-24 16:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589916

【第1回】美脚に効く!ワイドスクワット 宮城裕子の“前向きエクササイズ” - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 両足をワイドに開くスクワットで、すっきりとした美脚を目指しましょう。太ももやお尻にしっかり効き、下半身の筋力を鍛えて基礎代謝アップが期待できる注目のエクササイズ。まずは1日10回、2セットを目標に。〈ワイドスクワット〉ポイントは立位の姿勢!1.足は肩幅の1.5倍に広げる。
2020-06-24 16:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589508

「新しい生活様式」に沿った商材強化へ 出店戦略は時期ずらしても計画止めない 佐方圭二・イオン琉球社長 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
[新型コロナ 出口戦略を聞く](22) -コロナの影響は。 「店舗面積が大きい総合スーパー(GMS)は3密を避けるために来店が激減し、3~5月の売り上げは2~3割減となった。一方、マックスバリュやザ・ビッグ、イオンドラッグの販売は堅調に推移している。
2020-06-24 16:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589983

戦火に追われ逃げた道、息子亡くした道 母は平和願い戦後も歩き続けた 子や孫15人、思い継ぎ2キロ追体験  - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 気を付けて歩きなさい。戦争の時はもっとひどい道だったはずよ-。那覇市に住む嘉数武さん(73)は戦時中に母が歩んだ道のりをたどり、子どもと孫の3世代15人で礎を訪れた。名前が刻まれているのは、写真でしか顔を知らない兄の譽(ほまれ)さん。「生きていれば83歳だったね」と静かに手を合わせた。
2020-06-24 16:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589931

教え子亡くし苦しんだ引率教師 女子学徒隊の慰霊塔の建立に尽力 子や孫が塔訪れしのぶ - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄戦で犠牲になった県立第二高等女学校の生徒や教職員149人をまつる糸満市真栄里の白梅之塔。現在の塔は1992年に改修してできたもので、そのすぐそばにある小さな石碑が48年に建立された最初の塔だ。
2020-06-24 15:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589995

沖縄の家賃、上昇傾向続く 建築費高騰から収益性確保の動き おきぎん経済研究所調べ2019年 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 おきぎん経済研究所(東川平信雄社長)は23日、2019年賃料動向調査の結果を発表した。新築(建築から1年以内)の県内賃貸物件の平均賃料は2K~2LDK、1ルーム~1LDKがそれぞれ前年を上回ったが、3K~3LDKは下がった。
2020-06-24 15:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589984

姉が眼前で即死、木の芽食べてしのいだ飢え、脳裏から消えない射撃音…「平和の礎」で3人が振り返った記憶 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 二度と戦争を繰り返さない-。「慰霊の日」の23日、沖縄戦で命を落とした24万人余の名が刻まれた糸満市摩文仁の「平和の礎」には、癒えることのない悲しみを胸に反戦・平和の誓いを新たにする遺族の姿があった。犠牲者を悼む静かな祈りに包まれた。
2020-06-24 15:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589938

城跡の壕 若い命が散る 語られなかった「集団自決」 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
[もの言わぬ語り部たち 地域の戦争遺跡](5)うるま市 具志川城跡 うるま市の具志川ビーチ近く、金武湾に面した小高い丘に具志川城跡(グスク)はある。草木が生い茂る道を進むと、グスク西側に13人の若者の名前が記された慰霊碑が静かにたたずんでいる。
2020-06-24 15:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589333

砲片が手足貫き、母は血だらけで泣き叫んだ 夫を失い、後遺症の身一つで畑耕し子育て 息子が顧みる戦中と戦後 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 与那原町の又吉光政さん(80)は沖縄戦で防衛隊だった父良暢さん=享年48=を亡くした。母のカミさん(故人)は、破裂した爆弾の破片が左手足に当たった後遺症を負いながら戦後、女手一つで2人の息子を育てた。23日に妻と長男の3人で平和の礎を訪れた又吉さんは名前が刻まれている父に「元気でやっているよ。
2020-06-24 14:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589993

壕内に迫る炎、隣の母は焼かれた 兄姉も失い、生き延びたのは4歳の自分だけ 重い口開き75年前語る - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 新型コロナウイルス感染症発生後迎えた初の「慰霊の日」。県内各地の慰霊塔や式典会場では、慣れない感染症対策に戸惑いながらも犠牲者に手を合わせ、戦世を思って涙する人々の姿があった。沖縄全戦没者追悼式が開かれた糸満市摩文仁では、曇りから土砂降り、晴れと天候が目まぐるしく変わる一日に。
2020-06-24 14:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589959

沖縄は55日連続で新規感染ゼロ 新型コロナ検査【6月24日】 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県は24日、新型コロナウイルス感染症の検査を3人に行い、新たな感染者は確認されなかったと発表した。新たな感染者は4月30日を最後に確認されず、55日間連続でゼロとなった。 県内の累計感染者は142人のまま(成田空港検疫の1人は除く)。
2020-06-24 09:58:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/590114

辺野古反対「気持ち全く変わらず」 沖縄知事が強調 平和宣言のトーン後退の指摘に - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄全戦没者追悼式の平和宣言で、名護市辺野古の新基地建設反対に言及しなかった理由について、玉城デニー知事は「少し表現を変えたけれど、辺野古に反対する気持ちそのものは全く変わっていない」と強調した。
2020-06-24 09:50:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/590069

旧日本軍を祭る塔 陸自が集団参拝 「私的参拝」 顕彰の意図答えず - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 陸上自衛隊第15旅団の佐藤真旅団長ら幹部が23日午前5時前、日本軍の牛島満司令官らを祭る沖縄県糸満市摩文仁の黎明(れいめい)之塔を集団参拝した。住民を守らなかった日本軍を顕彰する意図について本紙などが質問したが、答えなかった。 牛島司令官は午前4時半に自決したとされる。
2020-06-24 09:15:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589936

海の生き物をスマホで解説 美ら海水族館、かざすAIアプリ追加 オリジナルの図鑑作製も - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県沖縄美ら海水族館はこのほど、公式アプリ「美ら海アプリ」に、スマートフォンのカメラを水槽の生物にかざすと、瞬時に生物名が表示される「かざすAI図鑑」機能を追加した。画面上の生物に指で触れると、生物の解説も表示される。 認識した生物は自動で記録され、自分だけの美ら海図鑑を作ることができる。
2020-06-24 09:03:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589823

「自分を人間と思っていた」 園児と共に大きくなったミニブタ 子どもたちに見守られ天国へ【思い出の写真付き】 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄宜野湾市の大山幼稚園でかわいがられていた雌のミニブタ「ぷりんちゃん」が14日、14歳でこの世を去った。ミニブタの寿命は10~15年といわれ、ぷりんちゃんはおばあちゃんだった。
2020-06-24 08:53:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589896

夏場は少ないが…ウミガメの死骸が漂着 沖縄・北谷の海岸 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄件北谷町の海岸で17日、アオウミガメの死骸が見つかった。町に住む安里駿佑さんが同日午後1時半ごろ発見した。
2020-06-24 08:35:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/589900

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会