沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄タイムス
(c)

沖縄市に洪水、恩納村に大雨警報発令 浸水や河川の増水に警戒を(6日午後8時57分発表) - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄気象台は6日午後8時57分、沖縄市に洪水警報、恩納村に大雨警報を発令した。那覇市には大雨、雷注意報が発令されている。 7日未明まで低い土地の浸水や河川の増水に警戒するよう呼びかけている。
2020-06-06 21:06:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/582104

沖縄の天気予報(6月7日)落雷や急な強い雨に注意を - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄本島地方では、7日夕方まで発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に十分注意してください。 沖縄地方は、湿った空気の影響で曇っていますが、雲のすき間で晴れている所もあります。
2020-06-06 17:03:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/582057

期日前、過去最多の15.13%が投票 5日までの7日間で13万4065人 沖縄県議選 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県選挙管理員会は6日、7日投開票の県議選で、5月30日~6月5日までの期日前投票者数が13万4065人だったと発表した。5月末時点の選挙人名簿登録者数(88万6063人)に占める割合は15・13%に上り過去最多となっている。割合では、前回2016年県議選の期日前全体も上回った。
2020-06-06 16:47:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/582052

「諦めるのは簡単だが、続けるのは難しい。しっかり鍛えながら夢を持ち続ければ、それはかなう」 車いす陸上界のフロントランナー、上与那原寛和のコトバ - 沖縄タイムス+プラス ニュース
   県内車いす陸上界のフロントランナーで、来年夏に延期になった東京パラリンピックに出場が内定している48歳の上与那原寛和(SMBC日興証券)。自身4度目で、50歳で迎える東京大会でトラック競技初の表彰台を目指し、衰え知らずのタフネスぶりを発揮し前へと進んでいる。
2020-06-06 15:39:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/582040

午後10時以降に相次ぐ米軍機の騒音被害 市に苦情101件 宜野湾市長が改善訴え - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県の米軍普天間飛行場で5月から、騒音防止協定が飛行を制限している午後10時以降の時間帯に、米軍機の騒音被害が相次いでいることが5日、分かった。宜野湾市によると5月12日午後10時57分には上大謝名地区で「騒々しい工場内」に相当する90デシベルを超える99・5デシベルを記録。
2020-06-06 15:17:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581863

候補者や政党はSNSで積極的に発信・・・でも「自分の将来の方が心配」 政策が若者に届かない理由 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 若い世代に県議選への関心を持ってもらおうと、各候補者や政党はツイッターなど会員制交流サイト(SNS)を活用し、政策や思いを伝える。しかし内容は「刺さらず」、発信自体を知らない若者も多い。若い有権者に本音を聞いた。 琉球大4年の當山果鈴さん(23)=読谷村=は「投票するかは検討中」と話す。
2020-06-06 15:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581829

継続的な資金支援が必要 観光リゾート地・沖縄の基盤作りを 石嶺伝一郎・沖縄県経済団体会議議長 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
[新型コロナ 出口戦略を聞く](11) -県経済の現状は。 「緊急事態宣言は解除されたものの、外出自粛や休業要請などで資金力の脆弱(ぜいじゃく)な中小・小規模事業者は営業収入が急激に落ち込み、経営に深刻な打撃を与えている。
2020-06-06 13:55:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581806

空港内に体調相談所設置へ 2次感染広まらないよう水際対策で連携 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県は5日、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハで、観光業界や医療関係者を交えて、観光客の安心・安全な受け入れ態勢を話し合う3回目の対策会議を開いた。
2020-06-06 13:47:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581795

嘉手納基地周辺の河川からPFOSなど高濃度で検出 沖縄県が立ち入り求める - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県企業局は、米軍嘉手納基地周辺の河川などから有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)やPFOA(ピーホア)が高濃度で検出されている問題で、基地内への立ち入りを沖縄防衛局に申請した。4月に設定された厚生労働省の暫定目標値(1リットル当たり計50ナノグラム)を、立ち入りの後ろ盾としたい考え。
2020-06-06 13:32:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581861

宜野湾市内の橋上流でPFOSなど指針値超え 泡消火剤の漏出事故で県が調査 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県の米軍普天間飛行場から有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)を含む泡消火剤が漏出した事故で、県環境保全課は5日、飛行場周辺の河川や漁港など計10カ所の水質調査の確定値を公表した。PFOSとPFOA(ピーホア)の合計値が1リットル当たり50ナノグラムの環境省指針値を超えたのは1カ所だった。
2020-06-06 13:20:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581847

3候補激しい集票合戦 糸満市長選7日投開票 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 任期満了に伴う糸満市長選は7日、投開票される。立候補している無所属現職の上原昭氏(70)=自民、公明推薦、無所属新人で前糸満市議の當銘真栄氏(54)、無所属新人の会社員・仲間堅二氏(60)は5日も、遊説や支持者回りで集票合戦を繰り広げた。
2020-06-06 11:46:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581864

20年以上翻弄され続けた基地問題 「早く決着して」 無投票となった名護市区の住民の思い - 沖縄タイムス+プラス ニュース
[争点の足元 6・7県議選](5) 新基地建設 沖縄県議選告示後の名護市辺野古。米軍キャンプ・シュワブ沖での新基地建設は作業員の新型コロナウイルス感染以降、工事が止まり、ゲート前は工事車両も抗議行動する市民の姿もない。
2020-06-06 11:23:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581830

社会保険同意なく脱退させられていた・・・ 沖縄北部のリゾートホテルの従業員 コロナでシフト減を理由に - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 新型コロナウイルスの影響で休業した本島北部のリゾートホテルで、従業員らを雇用する業務請負会社が休業手当を支払わず、本人の同意なく社会保険から脱退させていたことが5日までに分かった。労働法に詳しい専門家は「本人の同意がない一方的な社会保険喪失の手続きは違法の疑いがある」と指摘する。
2020-06-06 11:17:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581844

やる気を駆り立てる「すぐ決める」経営 対談:早瀬京鋳 オリオンビール社長兼CEO・山川仁 豊見城市長(下) - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 オリオンビールの新体制を率いる早瀬京鋳社長兼最高経営責任者(52)と、沖縄県内最年少首長として「デジタルファースト」を軸に行財政改革に取り組む豊見城市の山川仁市長(45)が、同市内に移転したオリオンビールの新オフィスで対談し、新たな組織のあり方や沖縄経済の展望について語った。
2020-06-06 11:13:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581603

オリオン発、沖縄初を豊見城から 対談:早瀬京鋳 オリオンビール社長兼CEO・山川仁 豊見城市長(上) - 沖縄タイムス+プラス ニュース
沖縄と豊見城の魅力について語りあうオリオンビール早瀬京鋳社長(左)と山川仁豊見城市長 沖縄を代表する企業の一つオリオンビールが、那覇空港に隣接する新興市街地・豊見城市豊崎に本社を移し、5月7日から業務を開始した。
2020-06-06 11:09:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581575

国際通りに徐々に人戻る 7割まで回復 ライカムとパルコ周辺も増加 3月下旬と比較 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄セルラー電話は5日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出された前後の県内各地の人出を分析した結果を公表した。携帯電話の位置情報を基に県内13カ所を調査。
2020-06-06 10:59:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581850

沖縄の新たな感染者 37日連続ゼロ 【6月6日】 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県は6日、新型コロナウイルス感染症の検査を5人に行い、新たな感染者は確認されなかったと発表した。新たな感染者は4月30日を最後に確認されず、37日間連続でゼロとなった。 累計感染者は142人のまま(成田空港検疫の1人は除く)。2日に80代男性が死亡しており、新型コロナによる死者は7人となった。
2020-06-06 10:41:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581989

[大弦小弦]拒否規定 萎縮の恐れ - 大弦小弦
 「狙い撃ち」が透けて見え、どうも釈然としない。沖縄市で情報公開条例を改正しようとの動きがある。
2020-06-06 10:26:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581826

ホテルの不安定な雇用の実態 実質常勤なのに休業手当も受け取れない「配膳人」 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 新型コロナウイルスの影響がホテル業界を直撃し、レストランなどで接客を担う「配膳人」の不安定な労働環境が表面化した。実質常勤でも雇用主のホテルから日々雇用として扱われ、いざ仕事がなくなると本来権利がある休業手当も受け取れないケースが出ている。
2020-06-06 09:48:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581845

「みんなでワイワイやるのが楽しい」 リモートワークで感じた“さみしさ” - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 ○…新型コロナウイルス対策に追われる今回の沖縄県議選。各陣営を悩ませるのが、いかに「3密」を避けるか。南部のある陣営は密集を避けるため、出発式を3カ所に分散した。 ○…選対事務所は会議や事務作業で密集が生まれやすい。
2020-06-06 09:23:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/581860

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会