沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄タイムス
(c)

高校野球の県大会、独自開催スピード決断の理由 観客入れる? 感染予防策を今後検討 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 県高野連(岩崎勝久会長)は23日の臨時理事会で、新型コロナウイルスの影響で中止になった第102回全国高校野球選手権(夏の甲子園大会)に代わり、独自の県大会を7月4日開幕で開催すると決定した。
2020-05-24 21:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575446

沖縄国際大、全学生5400人に5万円支給 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄国際大学の前津榮健学長は22日、学生への修学支援として在学中の全学生(約5400人)を対象に1人当たり5万円を支給する「特例授業修学支援奨学金」を創設したと発表した。早ければ6月末までに振り込む。従来の後援会や校友会奨学金に加えた臨時的な措置として、1人当たり10万円の給付奨学金も創設した。
2020-05-24 20:32:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575302

[街の課題こう解決 6・7県議選]那覇市・南部離島区・定数11 (1)待機児童対策と保育の質向上(2)離島振興策 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 6月7日投開票の県議選まで2週間余り。各選挙区には過疎化や待機児童など、地域固有の課題がある。選挙区ごとに主要な2点を挙げ、立候補予定者へ解決に向けた政策や考え方を聞いた。
2020-05-24 20:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/574101

医療産業のモデル地域を 琉球大学70周年 西田睦学長に聞く 事業中止した分の予算を学生支援に - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 琉球大学が22日で開学70周年を迎え、西田睦学長が沖縄タイムスの取材に応じた。琉大は1950年、戦火で壊滅した首里城の跡地に県民や海外の県系人の協力で開学。70年の歴史で果たしてきた役割や今後の展望、新型コロナウイルスで影響を受ける学生の支援などについて語った。 -開学70年で果たしてきた役割は。
2020-05-24 19:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575303

リノベ物件、ウェブで案内 フクチプランニング、対面せず商談可能に - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 中古物件のリノベーション(大規模な改築工事)事業を手掛ける福地組子会社のフクチプランニング(嘉手納町、福地一仁社長)がこのほど、ウェブ会議システムを活用したオンライン商談を始めた。コロナ禍で直接の面談が難しい環境下でも営業できるようにと考案した。
2020-05-24 18:43:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575373

沖縄の天気予報(5月25日)梅雨前線の影響でくもり - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄地方は、梅雨前線の影響で曇りや雨の天気となっています。 24日の沖縄地方は、梅雨前線の影響で曇りや雨の天気となるでしょう。大東島地方では、所により雷を伴う見込みです。 25日の沖縄地方は、梅雨前線の影響で曇りますが、大東島地方では雨や雷雨となる所がある見込みです。
2020-05-24 18:19:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575544

沖縄北部テーマパーク計画に知事意見 環境への対策求める - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 今帰仁村呉我山のオリオン嵐山ゴルフ倶楽部の敷地で2024~25年ごろの開業を目指して計画が進められている「沖縄北部テーマパーク事業」について、玉城デニー知事は22日、事業者のジャパンエンターテイメント(那覇市、加藤健史代表)に知事意見を提出した。
2020-05-24 17:37:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575376

台湾政府、医療用マスク5万枚を沖縄県へ 「わが身のように感じていた」 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 新型コロナウイルスの感染対策に役立ててもらおうと、台湾政府が22日、県に台湾製の医療用マスク5万枚を寄贈した。台北駐日経済文化代表処那覇分処の范振國(はんしんこく)処長らが県庁を訪れ、玉城デニー知事に目録を手渡した。
2020-05-24 17:08:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575385

津波氏が会長就任 県建設業協会 新副会長は呉屋氏 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 県建設業協会は22日、書面決議によるみなし総会と理事会を実施し、任期満了による役員改選で屋部土建社長の津波達也氏(65)の新会長就任を全会一致で決めた。就任は同日付で任期は2年間。会長交代は8年ぶりとなる。
2020-05-24 16:31:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575374

[街の課題こう解決 6・7県議選]国頭郡区・定数2 (1)過疎化対策(2)北部基幹病院の合意書案 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
[街の課題こう解決](1)過疎化対策(2)北部基幹病院の合意書案平良昭一氏(57)=無所属定住の条件整え打開 (1)北部の産業振興。辺野古新基地建設反対。教育・福祉子育て支援。自然環境の保全。住みよい地域づくり。全ての政策をボトムアップし、定住条件が整い過疎化打開の道筋ができる。
2020-05-24 16:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575504

[街の課題こう解決 6・7県議選]名護市区・定数2 (1)辺野古新基地建設(2)北部基幹病院の合意書案 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
[街の課題こう解決] (1)辺野古新基地建設(2)北部基幹病院の合意書案末松文信氏(72)=自民公認普天間の返還は悲願  (1)条件付き容認。普天間飛行場は、市街地の真ん中にあり世界一危険だ。危険性除去と、早期返還が県民の悲願であり、辺野古代替施設の建設は、普天間飛行場返還の唯一の方法だ。
2020-05-24 16:25:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575005

[街の課題こう解決 6・7県議選]うるま市区・定数4 (1)過疎化対策と地域振興策(2)豚熱による農家支援策 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
[街の課題こう解決](1)過疎化対策と地域振興策(2)豚熱による農家支援策照屋大河氏(49)=社民公認空き家の活用を充実 (1)ブロードバンド環境を充実させてITや農業系ベンチャーなど、田舎暮らしの需要を取り込む。移住者の住居や企業の福利厚生施設に空き家を活用したマッチングを推進する。
2020-05-24 16:18:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575351

みんなが再び「うれシーサー」と笑顔になれる日が来てほしい - 沖縄タイムス+プラス ニュース
[ひと粋]新型コロナの収束願う 新垣生雄さん(79) 新型コロナウイルスの収束を願い、自宅の門のシーサーにマスクを着けた。マスクは妻の敏子さん(79)の手作りで、これまで村役場への寄贈や友人らに配るため60枚以上、製作したという。
2020-05-24 16:08:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575289

米軍が「核地雷」部隊を編成 沖縄からベトナム戦争へ派遣 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 【東京】1960年代、沖縄からベトナム戦争に派遣された米陸軍の第173空挺旅団に戦術核の一種である「核地雷(ADM)」の部隊が設置されていたことが、23日までに明らかになった。国際問題研究者の新原昭治氏が入手した当時の米陸軍の解禁文書で判明した。
2020-05-24 15:29:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575344

公共工事の「不調・不落」が多いワケ 契約が成立しなかった割合23%で全国2倍 県土建部発注 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 県土木建築部が2019年度に発注した公共工事のうち、参加者がいないか足りない不調や、全ての入札価格が予定価格を上回る不落となり、契約が成立しなかった割合が全国平均の2倍以上の23%で、統計のある12年度以降で最も高いことが、23日までに県のまとめで分かった。離島では38%に上っている。
2020-05-24 14:49:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575350

座間味島への高速船 6月から再開 フェリーも通常運航に - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 【座間味】座間味村(宮里哲村長)は22日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて運休していた高速船クイーンざまみ3の運航を6月1日から再開すると発表した。従来通り1日2便となる。 同高速船は4月25日から運休。沖縄本島に通院する村民らを乗船対象に5月12日から週1回、座間味-那覇間を1往復している。
2020-05-24 14:16:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575386

子を怒鳴り罪悪感で泣いた夜 “密室”で孤立する親子「エスカレートする自分が怖い」 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 子どもの貧困率が全国平均の2倍の沖縄。もともと苦しい状況で子育てする家庭に、新型コロナウイルスの感染拡大は追い打ちをかけた。外出自粛期間中の「密室」で孤立をいっそう深め、親や子が追い詰められている。「みんなが苦しい中で助けてと言いづらい」。
2020-05-24 11:59:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575336

テークアウト対応 黄色いのぼりが目印 南風原町商工会が飲食店応援プロジェクト - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県の南風原町商工会(金城宏孝会長)が、テークアウト(持ち帰り)できる町内の飲食店をのぼりやポスター、ウェブサイトで紹介している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で営業自粛や時間短縮を余儀なくされている飲食店を応援する「飲食店応援プロジェクト」の取り組みだ。
2020-05-24 11:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575090

「芸能人が叩かれたので不安」旅客少ない那覇空港 全面解除後、初の週末 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 県の休業要請が全面解除されて初めての週末となった23日、那覇空港にはマスク姿でキャリーケースを手にしたビジネス客や旅行客が次々に降り立った。引き続き欠航便が相次いでいるものの、客待ちのタクシー乗務員は「少しずつ人が増えてきている」と変化を実感していた。
2020-05-24 10:57:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575365

不気味な音で目覚めた朝 迫る津波、走って逃げた 「チリ地震」から60年 県内でも3人犠牲 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 チリ近海で起きた巨大地震に伴う津波によって、現在の名護市真喜屋で3人が死亡した1960年のチリ地震津波から24日で60年となる。県内では同市大浦で4・73メートルの津波を記録するなど、本島中北部を中心に浸水し、橋や道路、家屋が決壊した。
2020-05-24 10:48:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/575380

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会