沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄タイムス
(c)

【県議選2020アンケート】立候補予定者64人に聞いた辺野古・振興策・改憲への賛否 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄タイムス社は、6月7日投開票の県議選に立候補を予定する64人に、沖縄が抱える主要課題に関するアンケートを実施した。
2020-05-20 17:37:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573621

児童生徒による「平和の詩」朗読へ 慰霊の日の戦没者追悼式で コロナ対応で沖縄県 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県は19日までに、新型コロナウイルスの感染防止で6月23日の慰霊の日に規模を縮小して開催する沖縄全戦没者追悼式で、県内の児童・生徒による「平和の詩」の朗読を実施する方針を決めた。
2020-05-20 17:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573416

沖縄の企業72% コロナ禍で4月減収 前月から悪化幅が拡大 商工リサーチ調査 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 東京商工リサーチ沖縄支店は19日、県内企業を対象に4~5月に実施した新型コロナウイルスに関するアンケートの結果を公表した。4月の売り上げが前年同月比で落ち込んだ企業は、回答した159社中116社で、割合は72・96%に上った。
2020-05-20 16:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573315

ニクソン大統領、沖縄返還協定の瓦解リスク避ける 「糸と縄」は絡めず 我部政明・沖縄対外問題研究会代表 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄を返還してほしい佐藤栄作首相と、繊維問題を解決したいニクソン米大統領。その間に何らかの取引があったのではないか、と言われてきた。 米国は、沖縄返還を日本の米軍基地を維持しつつ、米国を補完する「責任国家」へと日本を誘導する好機とみなしていた。つまり繊維問題とは別の大きな利益を得る目的があった。
2020-05-20 16:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573308

米国、したたかに日本から実取る 「思いやり予算」も繊維輸出規制も 「糸と縄の取引」成立せず - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 「糸と縄の取引」「糸と縄の交換」が、事実上成立しなかったのは、米国の何らかの妥協や譲歩を示すものではない。むしろ、自国の利益が膨らむ方法を選んだ米国のしたたかな外交が浮かび上がる。沖縄の米軍機能の維持や「思いやり予算」の獲得などにつながったとみられる。
2020-05-20 15:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573307

沖縄は課題山積、無投票は参政権奪う 候補者増えれば関心高まる 県議選で照屋寛之・沖縄国際大教授 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 1972年の復帰以降、沖縄は依然として基地問題や経済対策など、課題が山積している。次期沖縄振興計画の策定も控え、重要な4年間を占う中で無投票区が増えれば多くの有権者の参政権も奪われる。県議選は県民が政治に参加し、意思を反映する重要な選挙。
2020-05-20 15:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573322

民意問う機会「無風でいいのか」 沖縄県議選、4選挙区の市民訴え 「コロナが落ち着くまで延期を」不安も - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 6月7日投開票の県議選は、1972年の第1回と並び最多の4選挙区で無投票の公算となっている。無投票の見通しの市区の住民からは「民意を示すため選挙はあるべきだ」との声の一方、新型コロナウイルス感染防止のため延期を求める意見も上がる。
2020-05-20 14:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573321

沖縄県議選、4選挙区で無投票の公算 名護、うるま、浦添、石垣 1972年の第1回と並び最多 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 6月7日投開票の第13回沖縄県議選は、現段階で13選挙区のうち4選挙区が無投票になる公算だ。県選挙管理委員会によると、4選挙区が無投票になれば、1972年の第1回選挙と並び過去最多となる。無投票になれば告示締め切りと同時に12人の当選が決まる。
2020-05-20 14:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573387

沖縄で新たに再陽性1人 コロナ検査 新規感染者は20日連続ゼロ【5月20日】 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県は20日、新型コロナウイルスの検査を25人に行い、新たな感染者は確認されなかったと発表した。県内では4月30日を最後に、20日間連続で感染が確認されていない。同午後4時から玉城デニー知事が会見し、活動自粛要請や休業要請の終了後の21日からの対応方針について発表する。
2020-05-20 12:31:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573510

社説 [9月入学制に2案] 国民的議論が不可欠だ - 社説
 政府は19日、導入の可否を検討している9月入学制を巡り、各省の事務次官らの会議で2021年9月に移行する場合の一斉実施案と段階的実施案の2案を示した。 新型コロナウイルスの影響による休校の長期化を受けて導入論が浮上している。だが、教育現場だけではなく、社会全体に影響を与えるのは必至。
2020-05-20 11:31:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573311

[大弦小弦] 慰霊の日と2千脚のいす - 大弦小弦
 首相が参列する式典は、だいたい格式張っている。出席者は限られた招待客だったり、事前に決められていたり。6月23日、沖縄全戦没者追悼式の最も良い点は、だれもが自由に参加できることだと思っていた▼肩書も思想信条も問わない。所持品チェックを受ければ自由にテントへ入り、知事や首相の言葉をじかに聞く。
2020-05-20 11:23:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573306

辺野古の新基地「理解得られない。撤回を」 玉城知事、ツイッター投稿 検察庁法案と対比 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 玉城デニー知事は19日、政府が世論の強い批判を受け、検察官の定年を延長する検察庁法改正案の今国会成立を断念したことと対比し、名護市辺野古の新基地建設も「国民の理解は得られない。撤回を」などとツイッターで訴えた。
2020-05-20 11:05:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573310

6月恒例の「かりゆし閣議」 政府が中止検討 コロナ対策で閣議も変化 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 【東京】例年、全閣僚がかりゆしウエアを着て臨む6月恒例の「かりゆし閣議」について、政府はことしは取りやめることを検討していることが19日、分かった。関係者が明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大防止を踏まえた対応とみられる。
2020-05-20 10:48:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573309

議員の報酬3割カット 沖縄県議会 コロナの県民への影響を考慮 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県議会(新里米吉議長)は20日、臨時会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、6月の議員報酬を3割減額する条例改正案と、感染対策の財源確保を首相など国の関係閣僚宛てに求める意見書案を全会一致で可決した。
2020-05-20 10:31:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573366

羽衣伝説の泉 黄色い点滅包む クロイワボタルが飛び始め きょう小満 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 20日は二十四節気の一つ「小満(しょうまん)」。沖縄では、次の節気の「芒種(ぼうしゅ)」と合わせ「スーマンボースー(小満芒種)」と呼ばれ、梅雨の時季を指す。
2020-05-20 10:23:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573305

「糸と縄の取引」成立せず 沖縄返還交渉 米、繊維輸出問題を先送り - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 1972年5月に米国が沖縄の施政権を日本へ返還する見返りに、日本から米国への繊維製品の輸出規制に合意したとする「糸(繊維)と縄(沖縄)」の取引について、長年研究を続けてきた沖縄対外問題研究会の我部政明代表(琉球大学名誉教授)は、「米政府は取引を模索したが、成立しなかった」と結論付けた。
2020-05-20 10:06:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573304

かりゆしで布マスク 飛沫飛散を防ぐ3層構造 ダブルガーゼも使用 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 かりゆしウエアブランド「MAJUN(マジュン)」を展開する日進商会(糸満市、大城直也社長)は19日までに、かりゆしウエア生地を使った「MAJUNオリジナル布マスク」を発売した。
2020-05-20 09:50:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573316

コロナで厳しい飲食店 市民が「前払い」で支援 商工会など応援券販売 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県うるま市の商工会や観光物産協会、建設業連合会などによる「うるま市元気復活プロジェクト」が19日までにスタートした。新型コロナウイルス対策で売り上げが低迷する市内の飲食店を「支援・応援券」でサポートする取り組みで、同プロジェクト実行委員会は400~500店の参加を目指す。
2020-05-20 09:42:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573312

成人式の晴れ着を格安レンタル コロナで閉店のスタジオ ひとり親の女性らに - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県那覇市の平和通りにある琉装スタジオ「ちゅら美人」を営んでいた前泊恵子さん(64)が、ひとり親や新型コロナウイルスの影響で生活が苦しい女性に限定し、来年の成人式で着る振り袖や琉装をクリーニング代のみ約1万円でレンタル予約を始める。
2020-05-20 09:22:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573319

[おばぁタイムス](2020年5月20日) - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
大城さとし。
2020-05-20 09:12:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/573327

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会