沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄タイムス
(c)

沖縄の天気予報(5月11日)前線の影響で曇りや雨 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 11日は、沖縄地方は前線の影響で曇りや雨の天気となり、沖縄本島地方と先島諸島では雷を伴う所があるでしょう。大東島地方では所により霧が発生する見込みです。 沖縄本島地方と与那国島地方では、11日未明から発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意してください。
2020-05-10 18:45:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569546

日本の基準「厳格でない」 米国でPFASの危険性訴える弁護士が指摘 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 【ジョン・ミッチェル特約通信員】人体への影響が疑われる有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)研究の第一人者で、米国弁護士のロバート・ビロット氏が本紙の取材に応じ、日本政府の基準について「米国の一部の州の基準と比べて(人体保護に)厳格ではない」と指摘した。
2020-05-10 18:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569452

代替品の導入の遅れ必至 米軍基地から漏れた有害消火剤 導入はいつに? - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 【平安名純代・米国特約記者】米軍基地内で使用されている、人体に有害な有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)などを含んだ泡消火剤(AFFF)を代替品へ切り替える計画が揺れている。
2020-05-10 16:34:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569451

沖縄の飲食業団体 お持ち帰りの店を支援 ステッカーでアピール - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県内の居酒屋やレストランなど約千店舗が加盟する県飲食業生活衛生同業組合(鈴木洋一理事長)は8日、新型コロナウイルス感染症の影響でテークアウトを導入している飲食店を周知するため、「お持ち帰り承ります!」と書かれたステッカーの配布を始めた。
2020-05-10 16:15:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569457

市がタクシー宅配料金を負担 沖縄の自治体が始めた支援の仕組みは? - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄県うるま市は、8日から市内の飲食店を対象に、テークアウト商品の宅配費用を市が負担する「出前タクシー」を始めた。新型コロナウイルス感染拡大で売り上げ減少が続く飲食店とタクシー事業者を支援する狙い。財源は、国のコロナ対策で創設された地方創生臨時交付金が充てられる。 事業は当初13日までの予定だった。
2020-05-10 16:06:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569456

6月にトリプル選挙の自治体 「3密」回避に悩む選管 対策は…  - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが不透明な中、沖縄県で6月7日に投開票される県議選、糸満市長選、市議補選のトリプル選挙を控える糸満市の選挙管理委員会が、感染防止対策に頭を悩ませている。トリプル選となれば、投票時の記載台や開票時の開披台、作業に当たる職員など全てが3選挙分。
2020-05-10 15:52:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569466

行動自粛からの出口戦略 主導した市長が意識した窮状とは? - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 新型コロナウイルス対策の自粛解除に向け、浦添市が独自に策定した「出口戦略」は、事務方が積み上げるボトムアップではなく、松本哲治市長がトップダウンで方向性を打ち出し、計画を練った。背景には、飲食店や保育所など市民からの窮状を受けた危機意識がある。
2020-05-10 15:37:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569461

発熱や倦怠感でも検査阻んできて壁 新型コロナ 受診目安見直し前に感じた不安 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 新型コロナウイルス感染を疑い、PCR検査を受けようとしても受けられない事例が相次ぎ、厚生労働省が相談・受診の目安を見直した。軽い風邪のような初期症状で感染を疑う人が多い半面、急速に悪化する症例もあり、早期受診の重要性が浸透しつつある。
2020-05-10 15:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569460

新たな感染者ゼロ 沖縄で10日連続 新型コロナ 検査数は40人【5月10日】 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県は10日、新型コロナウイルスの検査を40人に実施し、新たに感染した患者は確認されなかったと発表した。新たな感染者の発生がないのは10日連続で、これまでの県内の感染患者は143人と変わっていない。 県によると、県内の感染患者のうち、約65%が退院している。
2020-05-10 13:58:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569502

[大弦小弦]ウイルスの次にやってくるもの - 大弦小弦
 1日に何度手を洗うようになっただろう。「うさぎとかめ」も「ハッピーバースデー」も、2回歌えば除菌に効果的な30秒の目安になるという。代わる代わる口ずさんで日々精を出す▼若い同僚に聞いて、人気アイドルグループの楽しげな手洗い動画があることを知った。
2020-05-10 11:16:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569450

ひなへの小魚とるコアジサシ 夏鳥が沖縄に続々飛来 愛鳥週間始まる - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 愛鳥週間が10日から始まった。県内には繁殖期を迎えたコアジサシやアカショウビンなどの夏鳥が次々と飛来している。 糸満市西崎町の海岸では9日、絶滅危惧種の渡り鳥コアジサシが上空から海中に飛び込み小魚を捕ったり、水浴びなどをしていた。
2020-05-10 11:12:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569449

「ウイルスと共存、生活守る」 段階的に自粛解除 沖縄の自治体が独自戦略 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う利用自粛などの解除に向けて、沖縄県浦添市は9日、市独自の出口戦略「うらそえリハビリ計画」を発表した。市内で11日から週ごとに、臨時休校や飲食店の営業自粛、公共施設の利用などを段階的に解除する。
2020-05-10 10:49:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569448

新鮮な青果を食卓へ 取引先休業で卸売業が一般向けに 「家庭応援セット」  - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 鹿児島県の卸売業、フレッシュ青果の沖縄営業所(沖縄県糸満市)は9日から、ドライブスルーで野菜や果物、米を販売している。通常は青果の卸売りをしているが、新型コロナウイルスの影響で取引先の飲食店やホテルの休業が相次いでいるため、一般家庭向けの「家庭応援セット」を販売している。
2020-05-10 10:37:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569458

社説 [外出自粛と児童虐待]SOS拾う仕組み急げ - 社説
 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や生活不安で児童虐待が深刻化している。県内の子ども支援団体職員のもとには、ふだん月5~10人の相談が、4月は30人と約3倍以上に増えた。
2020-05-10 10:26:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569455

[おばぁタイムス](2020年5月10日) - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
大城さとし。
2020-05-10 10:18:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569469

沖縄の漁船を追尾 中国公船が尖閣周辺で 海保が領海からの退去を警告 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 第11管区海上保安本部は9日、日本の領海内に侵入した中国海警局の公船2隻が8日午後4時50分ごろ、尖閣諸島・魚釣島の西南西約12キロの海上で、操業中の日本漁船に接近し、追尾したと明らかにした。11管の巡視船が領海から退去するよう警告し、公船2隻は領海外に出たという。
2020-05-10 10:11:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569468

感謝の気持ちをお届け テークアウトメニューや宅配 母の日に利用増加 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 10日は「母の日」。新型コロナウイルスの影響で外食産業の休業や県民の外出控えが続く中、今年はテークアウト(持ち帰り)やデリバリー(宅配)を活用して感謝の気持ちを届ける人が増えている。沖縄・那覇市内では9日、レストランのオードブルが完売。花屋では配達件数が増えた。
2020-05-10 09:48:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569467

求職者が困惑 新型コロナでハローワーク閉鎖 窓口なく仕事探せず - 新型コロナ沖縄の今
[新型コロナ 沖縄の今]  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、沖縄県内では「ふるさとハローワーク」などの就職支援窓口6カ所が閉鎖されている。身近な相談窓口が閉じられ、インターネット環境が整わず、対面での相談を望む求職者からは困惑の声が上がる。
2020-05-10 09:32:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569464

検査可能件数が6倍に 沖縄で態勢拡充 感染疑いも積極検査へ - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 「検査したくても断られた」との声が噴出し、安倍晋三首相が「目詰まりがあった」と認めた新型コロナウイルスのPCR検査。沖縄県内でも4月上旬まで、1日の検査可能件数が最大80件と限られ「検査の優先順位を考えざるを得ない状況」(医療関係者)が続いたが、現在は6倍の480件に拡大している。
2020-05-10 09:14:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569463

ブランド名のブルーの光でエール 沖縄のブルーシール 医療従事者を応援 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 新型コロナウイルスの感染対策のために働く医療従事者らに感謝や応援の気持ちを伝えようと、沖縄を中心にアイスクリーム店を展開するフォーモストブルーシール(浦添市、荒木定明社長)は9日、牧港本店を青色にライトアップした。 9日は、業界団体が定めたアイスクリームの日。
2020-05-10 08:58:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/569462

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会