沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄タイムス
(c)

魂の友人 亡くなったオジイの言葉 「どうか、健康に気をつけて、心の安らぐ道へ」 - タイムス×クロス コラム
[コラム うちなぁ見聞録]オーガニックゆうき 今年1月、大好きなオジイが亡くなった。血のつながりはない。たった1度、一緒に自転車をこいだことがあるだけだ。オジイがどう思っていたのか分からないけれど、私はマブダチ(魂の友人)だと思っている。 オジイの名は与那覇幹夫。2年前の夏のことだ。
2020-05-05 19:50:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/568146

沖縄の休業要請 20日まで延長 県立学校は21日再開 連休中に8000人来県と推計 玉城知事会見 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 玉城デニー知事は5日夕、県庁で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染防止に伴う県独自の休業要請について20日まで延長する考えを示した。大型連休中に県外から約8千人が来沖するとの推計を示した上で「引き続き警戒が必要だ」とし、休業要請延長に理解を求めた。県立学校は21日から再開する。
2020-05-05 18:47:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/568131

沖縄の天気予報(5月6日)落雷や竜巻、強い雨に注意 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄本島地方では、5日夜遅くから、発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に十分注意してください。また、6日昼過ぎから波が高くなる見込みです。 沖縄本島地方と先島諸島は、高気圧に覆われておおむね晴れています。大東島地方は、湿った空気の影響で曇っています。
2020-05-05 17:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/568106

サル逃走に希少カメ盗難 老朽施設と動物管理が課題 来場目標100万人目指し面積2倍に [こどもの国ものがたり] - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
[こどもの国ものがたり 開園50年の軌跡](5) 施設リニューアルやアジア地域を中心とした海外旅行者向けのアプローチで、近年来場者が増加傾向にある「沖縄こどもの国」。安定していたさなか、2019年にはトラブルが相次いで発生した。6月にヤクシマザル14匹が飼育舎から逃走。
2020-05-05 15:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567957

気温ぐんぐん 真夏日は目前 久米島と宮古島鏡原で4日に29.9度 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 5日は二十四節気の一つ「立夏」。暦の上で夏が始まる日とされる。沖縄気象台によると4日は久米島と宮古島市鏡原で29・9度まで上昇し、最高気温が30度を超える真夏日まで一歩手前の夏日となった。
2020-05-05 13:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567962

沖縄の新型コロナ対策「もうひと頑張り」 大都市での終息まで警戒が必要 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 県立中部病院感染症内科の椎木創一医師の話 沖縄は一つの波を乗り越え、感染患者ゼロが続く、いい流れになった。これは一つの成功体験だ。一人一人がしっかりと対策を取れば、結果が得られることが分かった。手が付けられず、どうすることもできないウイルスではないことを沖縄で証明したと言える。
2020-05-05 12:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567965

沖縄、5日連続で感染者ゼロ 新型コロナウイルス【5月5日】 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県は5日、55人に新型コロナウイルスの検査をした結果、新たに感染した人は確認されなかったと発表した。1日当たりの新たな感染者数がゼロだったのは5日連続。 これまでに確認された県関係の感染者は計143人のまま。そのうち、約4割は退院している。重症者も10人から5人に減少した。
2020-05-05 12:14:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567989

新型コロナの感染状況に応じ活動緩和 沖縄県の専門家会議、社会活動の再開を初議論 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 4日に行われた県の新型コロナウイルス対策専門家会議では、県内の社会経済活動の再開が初めて話し合われた。会議では県立中部病院感染症内科の高山義浩医師が再開に向けたロードマップを示し、今後、県が検討していくことが決まった。
2020-05-05 12:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567964

沖縄でDV相次ぐ 妻の髪引っ張り5歳児殴打 妻子乗る車に軽貨物を衝突 暴行容疑で2人現行犯逮捕 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 うるま市内で3~4日、ドメスティックバイオレンス(DV)や児童虐待が相次ぎ、50代と30代の父親2人がそれぞれうるま署に現行犯逮捕された。
2020-05-05 11:40:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567963

自粛から活動再開への条件は? 専門家会議が3段階のロードマップ示す 沖縄 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 新型コロナウイルス対策を検討する沖縄県の第6回専門家会議が4日、南風原町で開かれた。感染状況や予防法の定着により、社会経済活動を再開させる3段階の行程表(ロードマップ)が初めて示された。県は5日、対策本部会議を開き、ロードマップを含めた新たな実施方針をまとめる。
2020-05-05 11:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567935

医療従事者に感謝とエール「ブルーこいのぼり」 沖縄名護 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、名護市(沖縄県)は4月27日から、市民会館に設置された大型電光掲示板を使って市民に感染予防や不要不急の外出自粛を呼び掛けるほか、医療従事者に感謝するメッセージを発信している。
2020-05-05 11:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567958

トラックに「火気厳禁」 米海軍の貨物弾薬補給艦、天願桟橋に接岸 沖縄うるま市 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県うるま市昆布の天願桟橋に4日、米海軍の貨物弾薬補給艦リチャード・E・バードが接岸した。目撃者によると午前10時半ごろ着岸した。 運送業者のトラックから降ろした物資をクレーンでつり上げる様子などが見られ、トラックには火気厳禁のマークが貼られていたという。 。
2020-05-05 11:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567946

顔面を複数回蹴り傷害致死の疑い 31歳男を逮捕 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 糸満署は3日、テナントビル敷地内で男性の顔面を足で蹴りけがをさせたとして、糸満市の自称アルバイト(31)を傷害容疑で緊急逮捕した。被害男性は同市兼城の男性(41)で4日午前1時25分、搬送先の病院で死亡した。死因は外傷性急性硬膜下血腫。糸満署は容疑を傷害致死に切り替えて調べを進めている。
2020-05-05 10:50:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567966

[大弦小弦]水辺のバレリーナ - 大弦小弦
 大型連休中、散歩がてら豊見城市の遊水池まで足を延ばした。「ピューイ」。人けのない水辺にセイタカシギの鳴き声が響く。細長いピンクの脚で立つ姿は「水辺のバレリーナ」の愛称そのものだ▼シギ・チドリの仲間の渡り鳥。水底の餌を探して右へ左へ歩く。酔客の「千鳥足」と違って愛らしい。
2020-05-05 10:40:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567969

[おばぁタイムス](2020年5月5日)大城さとし - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
大城さとし。
2020-05-05 10:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567968

社説[政府「緊急事態」延長]正念場の責任自覚せよ - 社説
 ちぐはぐな予算措置、ピント外れのアピール、あいまいな責任の所在。 新型コロナウイルス対策で危機管理能力を疑わせるような対応を重ねてきた政府が、特別措置法に基づく緊急事態宣言を5月31日まで延長した。
2020-05-05 10:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567951

米軍が関係する性的暴行3%増7825件 国防総省、2019年度報告 市民の被害922件 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 【平安名純代・米国特約記者】米国防総省がこのほど公表した性的暴行に関する年次報告書(2019米会計年度版)で、被害報告件数が前年度から3%増加していたことが4日までに分かった。軍別では空軍が増加した一方で、海兵隊の報告件数は減少に転じた。
2020-05-05 10:16:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567944

「振動で爆発した事例も」 那覇空港に不発弾、有識者は危惧 空港全体の磁気探査を - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 米国製250キロ爆弾の不発弾3発が相次いで発見された那覇空港第1滑走路近くの誘導路の建設現場。工事関係者は「今後も見つかる可能性がある」と危惧する。不発弾処理に詳しい識者は、航空機離着陸時の振動などで地中の不発弾が爆発する恐れもあると指摘。空港全体を磁気探査して調べるよう求めている。
2020-05-05 06:30:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567623

医療現場に「命の選別」という苦悩を負わせないために…社会全体で考えるべきこと - 新型コロナ沖縄の今
 限りある医療資源をどう割り振るか。新型コロナウイルスの患者が増え続けた場合、医療従事者は「命の選別」に直面することになる。望ましい医療の在り方を考える琉球大学病院の臨床倫理士、金城隆展さん(48)は「できる限り大勢の命を救う手段は何か。
2020-05-05 06:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567617

[乗り切ろうコロナ みんなのエール] - 沖縄タイムス紙面掲載記事
人間性が問われる時代。自身の行動を振り返る日々。愛与え、寄り添おう。
2020-05-05 05:00:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/568063

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会