沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

苗木の無料配布も 海洋博でブーゲンビレアとハイビスカスを展示
 【本部】本部町の海洋博公園熱帯ドリームセンターは、「ブーゲンビレア・ハイビスカス展示」を同施設内で開催している=写真。12月27日まで。ピンクや白色など多種多様な品種を展示。期間中の土・日・祝日は、午前9時半からブーゲンビレアとハイビスカスの苗木を無料配布している。

2020-11-15 20:38:08
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225859.html

広島の加計高校の2年生 チャンプルー文化の歴史学ぶ コザで修学旅行
 【沖縄】浦添市伊祖のJOCA沖縄(青年海外協力協会)で受け入れている修学旅行学習プログラムで広島県立加計高校2年生35人が10月28日、沖縄市の中心市街地でSDGs(持続可能な活動目標)や多文化共生について学んだ。 コザ暴動やAサインバー、「白人街」と「黒人街」など八つのカテゴリーからテーマを選択し...

2020-11-15 20:30:37
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225867.html

【写真特集】かつてはドライブスルーも! 琉銀、米統治期に建設の本店 建て替え前に施設を公開 
 那覇市久茂地の琉球銀行本店の建て替え工事が始まるのに伴い、同行は12月から本店や本部機能を同市東町の「那覇ポートビル」に一時移転する。 21年1月にも取り壊しが始まる現本店は1966年、日本復帰前の米軍統治期に建てられ、当時の先進技術が詰まった歴史的な建造物だった。 50年以上にわたっ...

2020-11-15 20:17:58
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1225736.html

下地氏の復党は認めず 自民県連が決定 近く党本部が可否を判断
 自民党県連(中川京貴会長)は15日、那覇市の県連会館で常任総務会を開き、10月30日に復党願を提出していた下地幹郎衆院議員=無所属=の処遇について、県連として復党を認めない方針を決めた。近く、党本部に今回の決定事項を報告する。党本部は県連の意向を踏まえて下地氏の復党の可否について最終判断する。 ...

2020-11-15 18:32:47
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225833.html

沖縄最強牛は王冠(くらうん)に輝く 秋の全島闘牛大会シーの1番
 【うるま】沖縄闘牛界最大のイベント、第113回秋の全島闘牛大会(主催・県闘牛組合連合会、共催・琉球新報社)の2日目が15日午後、うるま市の石川多目的ドームで開かれた。県内最強牛を決める沖縄全島一優勝旗争奪戦では、王冠(くらうん)と邁進龍(まいしんりゅう)が闘い、19分44秒の激闘の末、王冠が勝利した。...

2020-11-15 17:41:38
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225806.html

沖縄市のこどもの国に応援団 新型コロナでえさ代にも困る窮状に
 沖縄市のこどもの国は、新型コロナウイルス感染症の影響で入場者が減少し、動物のえさ代などが不足して苦境に立たされているが、ラジオや保育園から支援の手が差しのべられている。 寄付金と動物の絵送る 宜野湾・ムーミン保育園から  【沖縄】宜野湾市のムーミン保育園の園児らが6日、沖縄市の沖縄こどもの国を...

2020-11-15 17:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225735.html

首里城の復興願い菊で再現 静岡・楽寿園 エイサーや琉舞も披露
 【静岡】静岡から首里城の復興を願う―。三島市立公園「楽寿園」で15日、沖縄県出身者や愛好家らが琉舞やエイサーを披露した。10月30日から開催中の菊まつりの一環。同園には、実物の4分の1の大きさで高さ4メートルの首里城をはじめ、守礼門、園比屋武御嶽石門が菊で再現されており、沖縄の踊りや三線の音色とともに来...

2020-11-15 17:21:12
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225783.html

FC琉球、リーグ上位の長崎に1-0で勝利
 サッカー明治安田J2の第34節は15日、各地で行われ、FC琉球は長崎県のトランスコスモススタジアムでV・ファーレン長崎と戦い、1―0で勝利した。11勝17敗6分けで勝ち点は39。リーグ上位陣の長崎を好ゲームで退けた。 次戦は21日午後4時から、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでギラヴァ...

2020-11-15 17:04:24
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225798.html

将来の夢は数学教師 ステファニー・美代・安次富さん 県人会から奨学金「感謝」【アメリカ】
 ステファニー・美代・安次富さんが今年6月に高校を卒業して、8月後半からカリフォルニア州立ポリテクニック・ポモナ大学で数学を専攻している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で授業はオンラインで行うため、現在は両親と住んでいる。新型コロナの収束後に大学の寮に入る予定だ。「将来は数学の先生になりたい」と...

2020-11-15 17:01:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225645.html

伊平屋島でフリマ 公民館活用で地域元気に
【伊平屋】「1st IHEYA VILLAGEフリーマーケット」が伊平屋村地域農産物等活用型総合交流施設(島尻公民館)で10月17日、開催された。約80人が来場した。 地域コーディネーターの叶雅美さんは「公民館をもっと活用して地域を元気にしたいと思った。今年はコロナの影響で村のイベントはほと...

2020-11-15 17:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225732.html

琉舞、三線 7カ国交流 レキオス会、オンラインで催し【ボリビア】
 10月30日の「世界のウチナーンチュの日」を祝うため、県費留学や市町村研修生などのOB・OGで構成するレキオス会(屋良さやか会長)は同月24日、オンラインイベント「いちゃりばちょーでープロジェクト」を開催した。ボリビア、ペルー、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、アメリカ、日本から約70人が参加した。 ...

2020-11-15 17:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225646.html

うるま市の海中道路で干潟再生 地域住民ら参加 水生生物の調査も
 【うるま】うるま市屋慶名の自然環境が悪化している海域で10月25日、地域住民らが参加した干潟の再生作業が海中道路周辺海岸で行われた。 うるま市が昨年度から3カ年事業として取り組んでいる「海中道路周辺海域自然環境再生事業」の一環で、海中道路西口の南側海域で六つの区画で干潟を耕しながら浄化材を...

2020-11-15 16:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225729.html

「沖縄戦の体験を語り継ぎたい」 安里要江さん告別式で参列者  
 【うるま】県内最高齢の沖縄戦の語り部で映画「GAMA 月桃の花」のモデルになり、12日に99歳で死去した安里要江(あさと・としえ)さんの告別式が15日、うるま市のJA虹のホールうるまで行われた。親類や沖縄戦体験者、平和運動関係者ら、多くの人々が別れを惜しんだ。 喪主の長男常治さん(68)は弔辞で「...

2020-11-15 16:04:41
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225766.html

「平和つなぐ原点に」 東京・和光小が渡嘉敷島で沖縄戦追体験
 【渡嘉敷】東京都の和光鶴川小学校(加川博道校長)の6年生71人と加川校長ら5人が10月29日、日帰りで渡嘉敷村を訪れ、平和学習やマリン体験を行った。 一行は27日から24回目となる沖縄学習旅行で訪れた。日程の中に渡嘉敷島の沖縄戦を学ぼうと、地元の戦争体験者、吉川嘉勝さん(82)を講師に、戦...

2020-11-15 16:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225727.html

沖縄で新たに46人コロナ感染 前日より19人増【11月15日午後】
 沖縄県は15日、新型コロナウイルスに新たに46人が感染したと発表した。前日の14日より19人増え、13日に続いて40人を超えた。 行政検査129件のうち陽性が16人、保険診療では30人が判明した。 米軍関係者の感染報告は日曜日のためなかった。

2020-11-15 15:33:27
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225744.html

チケットも電子化 首里城や美ら海の周遊券など
 情報通信技術を活用した次世代交通サービス「MaaS(マース)」の実用化を目指す、沖縄MaaS事業連携体(代表会社・沖縄都市モノレール)は13日、12月から始まる実証実験に向けた第2回協議会を那覇市の沖縄都市モノレールで開いた。12月中旬にモノレールや観光バスなどの交通機関のほか、美ら海水族館、首里城入場券の電...

2020-11-15 15:31:02
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225563.html

<書評>『海をあげる』 理不尽な日常を生きる
 いろんな青と少しの黄色が弾む絵のカバーを捲(めく)ると、表紙の後ろ側、四辺が折り返され丁寧に糊(のり)付けされている。大切なものを包むようにしてつくられた綺麗(きれい)な本だ。 2019年3月から翌年4月まで連載されたエッセイと、最初と最後に書きおろしが加わる。連載の1回目は、18年の暮れ、辺野古の...

2020-11-15 15:02:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225654.html

<書評>『ハジチ 蝶人へのメタモルフォーゼ』 鮮やかな生命の変身態
 人類の普遍に届く壮大な仮説が、本の姿をした蝶に化身し、琉球弧の自然の中から飛び立った―そんな印象を与える一冊だ。 琉球弧の伝統的刺青(いれずみ)であるハジチ。そこに刻まれた紋様(もんよう)には、どんな意味が込められているのか。実はそんな本質的な問いに真正面から答えた研究はこれまで一つもない。...

2020-11-15 15:01:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225653.html

ベストセラーランキング(2020/11/15)
■リウボウブックセンターリブロ(1)樋口耕太郎著「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」(光文社・990円)(2)シウマ著「スマホ暗証番号を『8376』にした時から運命は変わる!」(主婦と生活社・1430円)(3)水晶玉子著「水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ365日メッセージつき開運暦 2021」(集...
2020-11-15 15:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225651.html

タイムス元社員を送検 県警、給付金詐欺容疑で 不正受給の呼び掛けも追及
 県警は15日、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた個人事業者向けの持続化給付金100万円を中小企業庁からだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕した沖縄タイムス元社員の男(45)を那覇地検に送致した。 15日午前9時21分ごろ、フードをかぶった男が警察官に囲まれながらワンボックスカーに乗り込み、那覇地検...

2020-11-15 14:35:35
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1225728.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会