沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

オリックス宮城、プロ初白星
 オリックスバファローズの宮城大弥投手(19)=嘉数中|興南高出=が6日、京セラドーム大阪での北海道日本ハムファイターズとの24回戦に先発し、プロ初勝利を挙げた。3度目の先発起用だった。5回117球を投げ、打者25人と対戦し、被安打7、7奪三振、与四球3。3失点したが、打線の援護もあり、初白星を...
2020-11-06 21:47:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1221071.html

首里城の破損瓦がアート作品に 舞台「Unaー」 先端技術を駆使して完成
 沖縄の伝統文化と先端技術の組み合わせによって首里城の焼失瓦が、琉球の文化芸能を未来へつなげるアート作品に生まれ変わった。那覇市の玉陵(たまうどぅん)で10月31日、昨年焼失した首里城の破損瓦を再利用して作った舞台「Una―」を利用した琉球古典音楽のアートパフォーマンスがあった。「Una―」の考案者、県立芸...

2020-11-06 18:00:26
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220820.html

防災とサバイバルはイコールじゃない!?みんなで生きる力を備える“防災キャンプ”
防災の日にあたる9月1日、大型で非常に強い台風9号が沖縄地方を直撃しました。最大で3万7千戸超が停電し、バスやモノレールなどの公共交通機関も終日運休。倒木や冠水で通行が規制されるなど、県民生活に大きな影響を及ぼしました。沖縄県民は他県よりも台風に慣れていると言われていますが、新型コロナウイルスの...

2020-11-06 18:00:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1216073.html

「疎開するならどこに行く?」住民目線で学ぶ沖縄戦 県が琉大でワークショップ
 沖縄県は10月26日、沖縄平和啓発プロモーション事業の一つである「ぴーすふるワークショップ」を琉球大学で実施した。共通科目「戦争と平和の諸問題」を履修する1~4年の学生128人が、対面とオンラインで受講した。共育ワークショップなどを行う狩俣日姫(につき)さん(22)が講師で、クイズやロールプレイなどを通し...

2020-11-06 17:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220839.html

音声ニュース(10月31日~11月6日)首里城焼失1年、二階堂ふみさんが紅白司会・・・
 1週間、お疲れ様です。今週のダイジェストニュース5本をAIが読み上げてお届けします。 .cerad{text-align:center;}  今週のニュース・ダイジェスト版 首里城焼失から1年 首里城祭や古式行列などイベントを開催 首里城の正殿などが火災で焼失し1年となった31日、那覇市の首里城周辺では終...

2020-11-06 17:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220743.html

三線が結ぶ絆 宮里春行師匠の遺族、弟子の照喜名朝一さんらに2丁寄贈 琉球古典音楽・安冨祖流
 戦後の琉球古典音楽安冨祖流隆盛の基盤を築いた宮里春行師匠(1911~92年)の制作した三線2丁が10月28日、琉球古典音楽の人間国宝・照喜名朝一さんと息子の朝國さんに寄贈された。春行師匠の息子の宮里辰秀さんと、友人の宮城英典さんらの協力の下、来年卒寿記念公演を控える朝一さんへの激励と、朝國さんの2019年度文...

2020-11-06 17:20:08
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220799.html

夢がかなうまちにするには? 豊見城市の小中高生、理想のまちづくりを議論
 【豊見城】子どもに優しい豊見城市を考える「第1回とみぐすくこどもミーティング」(市主催)が10月24日、同市役所で開催された。市内在住の小中高校生27人が参加した。中高生からは奨学金制度や学びの場の拡充を求める声が多く上がった。小学生は夢を持っている友達の存在や、自身の生活と行政の関わりについて学んだ...

2020-11-06 17:00:19
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220777.html

卒業証書の和紙作りに挑戦 おきなわワールドで体験 南城市・大里北小
 【南城】南城市立大里北小学校(平良正哉校長)の6年生44人は10月17、25日の両日、南城市のおきなわワールド文化王国・玉泉洞を訪れ、卒業証書用の和紙作りを体験した。 25日は6年2組の児童と保護者が参加。児童らはおきなわワールド内にある「紙すき工房」で、職人のアドバイスを受けながら、和紙の原料である楮...

2020-11-06 16:40:32
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220757.html

高校ラグビー名護が3年連続花園へ 読谷に21ー19
 ラグビーの第100回全国高校大会県予選最終日は6日、沖縄市の県総合運動公園で決勝が行われ、名護が21―19で読谷に勝利し、栄冠を勝ち取った。12月に大阪府の近鉄花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。名護の花園出場は3年連続、19度目。【琉球新報電子版】

2020-11-06 16:34:55
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220819.html

社会課題の解決へ起業家や学生がオンラインで交流 LEAP DAY 12月10~13日開催
 社会課題の解決に取り組む起業家や学生らが交流するイベント「LEAP DAY2020」(同実行委員会主催)が、12月10~13日の4日間、開催される。今年は初のオンライン開催となる。教育関係のセッションも充実しており、学生、教員の参加を無料にした。  実行委員会の平良亮太さんが10月30日に那覇市泉崎の琉...

2020-11-06 16:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220779.html

入管の長期収容「重大な権利侵害」 沖縄弁護士会が声明 法相と衆参両院あて
 入管施設で外国人の収容が長期化している問題を受け、出入国在留管理庁の有識者専門部会が6月に発表した提言について、沖縄弁護士会(村上尚子会長)は4日、「国際人権条約に反し、重大な権利侵害を強いる恐れがある」として反対する会長声明を出した。4日付で法務大臣と衆参両院議長に送付した。 専門部会は、国...

2020-11-06 16:20:56
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220754.html

韓国で日本語学ぶウンさん、弁論大会で那覇市長賞 弁士らオンラインで熱弁
 韓日経済文化交流会(イム・ヨンホ会長)と日韓経済文化交流会・沖縄(竹林春夫会長)が主催する、第7回日本語弁論大会inOkinawaが10月17日、共催する沖縄尚学高校・付属中学校で開催された。韓日経済文化交流会などが運営する韓国の日本語学校で学ぶ中高生ら12人が出場した。「韓国と日本の未来」「私の韓国と日本」...

2020-11-06 15:45:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220770.html

人事・全保連(11月5日)
コレクション企画部副部長(首都圏営業第二部副部長)松浦淳一
2020-11-06 15:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220769.html

沖縄で新たに21人感染 2日連続の20人台【11月6日午後】
 沖縄県は6日、新型コロナウイルスに新たに21人が感染したと発表した。前日より6人減ったが、2日連続で20人台だった。行政検査73件を実施したうち3人、保険診療では18人の陽性が判明した。県内累計の感染者は3456人となった。 米軍からの感染報告は0人だったという。

2020-11-06 15:19:50
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220768.html

民泊で必要な観光危機管理とは? サンダーバード・翁長氏が講義
 沖縄県農林水産部は4日、「グリーン・ツーリズムリスクマネジメント研修会」を那覇市の八汐荘で開いた。観光危機管理に取り組むサンダーバードの翁長由佳代表が講師を務め、民泊現場での観光危機管理について講義した。 自然災害や病気の流行など想定外の危機が起きた時への備えとして、緊急時の連絡先や対応方法...

2020-11-06 15:14:04
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220756.html

ネットワーク力生かし、琉球銀行が人材紹介業務を開始
 琉球銀行(那覇市、川上康頭取)は1日付で厚生労働省から「有料職業紹介事業」の許可を取得し、人材紹介業務を開始すると発表した。同行の大山一法人事業部長らが5日、琉球新報を訪れ、今後の事業展開を説明した。 銀行の幅広いネットワークを生かし、事業承継や組織再編などで企業が必要とする専門職や経営幹部...

2020-11-06 15:05:07
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220751.html

「日米問題は変わらない」「少しは明るい兆し」米大統領選、基地周辺住民の声
 米大統領選で民主党のバイデン前副大統領の優勢が伝えられた5日、沖縄県内の米軍基地周辺の市民からは、新型コロナ対策や人種差別問題への対応に期待する声がある一方で、沖縄の基地問題については「変わらない」と冷めた見方が多かった。  ロックバンド「紫」のドラマー宮永英一さん(69)は「少しは明るい兆し...

2020-11-06 15:01:17
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220755.html

事業拡大のチャンスに 県内企業と沖縄進出海外企業が交流
 沖縄県産業振興公社は5日、沖縄に進出した海外企業と県内企業の交流会を、那覇市の沖縄産業支援センターで開いた。貿易や小売り、IT企業など海外企業33社、県内企業22社が参加した。沖縄に事業所などを設立する海外企業と県内企業のマッチングを目的に、双方の事業内容の紹介や意見交換を通して交流した。 同公社...

2020-11-06 14:45:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220742.html

安里秀策・紗希 2人チーム戦制す 都道府県対抗ボウリング
 ボウリングの第49回全国都道府県対抗選手権が2日まで三重県津グランドボウルで行われ、混合2人チーム(1人6ゲーム)で、北中城村出身で和歌山の安里秀策(日高東宝ボウル所属)・安里紗希ペアが2631点で頂点に立った。安里秀は男子選手権者決定戦(18G)でも4111点で2位だった。沖縄代表の村濱裕紀は11位で予選を通過...

2020-11-06 14:31:06
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220651.html

八重瀬町・安里区の年中行事や祭祀、沖国大生が調査 住民や町に報告書を寄贈
 【八重瀬】八重瀬町安里区(仲間盛三区長)の年中行事や祭祀(さいし)などについてフィールドワークをした沖縄国際大学の学生らが4日、安里公民館を訪れ、調査の報告書を区民に寄贈した。  フィールドワークを実施したのは沖国大総合文化学部社会文化学科の学生15人。昨年9月10日から17日の8日間、安里区内を回...

2020-11-06 14:28:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1220741.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会