沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

琉球コラソン 8位に後退 準備不足を露呈、前半で決着
 日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは18日、那覇市の県立武道館アリーナで湧永製薬と今季第8戦を行い、23―32で苦杯を喫した。3連勝とはならなかった。通算成績は2勝5敗1分け。順位は8位に後退した。  体格や腕の長さを生かした湧永の守備をなかなか崩せず、退場なども重なり、前半15分で3―10と大きく引き離...

2020-10-20 18:30:49
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210881.html

県高校新人テニス 沖尚が男女連覇 男子は岡崎が個人と2冠
<ヒーロー>岡崎2冠(沖尚)団体から修正 県高校新人体育大会で男子個人決勝。岡崎奎太(沖縄尚学)は第2ゲームでブレークチャンスを逃したが、その時に対戦する荻堂公史郎(同)のセカンドサーブの甘さを見切る。第4ゲームで再びポイントを先行し、最後はセカンドサーブを回り込んでフォアでたたきゲームを奪った。試...

2020-10-20 18:00:17
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210853.html

県高校新人ボート 美里工の森田・瀬嵩組が快挙 競技歴半年「ミスしても最後までできた」
 県高校新人体育大会でボートは男子ダブルスカルの森田叶汰・瀬嵩諭政(美里工)が4分42秒42で頂点に立った。 競技歴半年の2人快挙  競技歴約半年の2人が新人大会で初の頂点に立ち、九州大会への切符を手にした。男子ダブルスカルの森田叶汰・瀬嵩諭政(美里工2年)ペアだ。技術はまだまだ荒削りだが、2人で挑んだ初の...

2020-10-20 17:30:37
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210848.html

沖縄出身者 帰還後回し 中島政彦さん 故郷へ帰る(20)<読者と刻む沖縄戦>
 1945年12月、日本人の送還業務に携わる「台湾省日僑管理委員会」が発足し、翌年2月から台湾にいる日本人の帰国が始まりました。台中で暮らしていた中島政彦さん(89)=那覇市=ら沖縄出身者や奄美出身者は「琉僑」と呼ばれ、帰郷は後回しになります。  沖縄出身者の動向を記録する「沖縄籍民調査書」によると46年6月...

2020-10-20 17:00:43
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210843.html

成海、全日本大学自転車ロードで3位
 自転車の全日本大学大会が17日、群馬県の群馬サイクルスポーツセンターでロードレースを行い、女子(42キロ)で鹿屋体育大2年の成海綾香(普天間中―鹿児島・南大隈高出)が1時間17分07秒で3位入賞した。  10~11日にあったトラックのマディソン(2位)とオムニアム(3位)と合わせ個人3種目で表彰台に上がった。 &nbs...

2020-10-20 16:15:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210867.html

走り高跳び全国2位の比嘉 試技3回の特別ルール、勝負強さ発揮
 陸上のJOCジュニアオリンピックカップ全国中学生大会で、女子走り高跳びの比嘉桃花(石垣島アスリート、石垣中3年)が全国2位に輝いた。「いい成果が出せた」と大舞台で実力をいかんなく発揮した。日産スタジアムでの競技は小学6年の時、全国一になって以来2度目。「久しぶりで懐かしい気持ちになった。3年前より...

2020-10-20 15:51:24
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210885.html

上原が県高校新で4位 男子5000メートル 全九州高校新人陸上
 高校陸上の第38回全九州新人大会最終日は18日、長崎県のトランスコスモススタジアム長崎で行われ、女子200メートルの石嶺真鈴(石川)が25秒45で2位に入った。17日に行われた男子5000メートルは、上原琉翔(北山)が14分18秒47で4位に入り、県高校記録を12秒33更新する走りをみせ、9年ぶりに塗り替えた。女子円盤投げ...

2020-10-20 15:45:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210880.html

平川、国内中学歴代5位のタイムで全国制覇 「実力以上のもの出せた」
 陸上のJOCジュニアオリンピックカップ全国中学生大会の男子400メートルを制した平川慧(きら)(あげな中3年)が国内の中学歴代5位に入る48秒48の記録を樹立した。トップ選手が集う全国大会での快挙。県記録も14年ぶりに更新した。  練習でも48秒台後半は出せていたという。今回はそれをさらに上回るタイム...

2020-10-20 15:39:04
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210855.html

台湾之塔で戦没者悼む 平和基金会が慰霊顕彰祭
 日本台湾平和基金会(愛知和男会長)は18日、台湾出身の戦没者を悼む第8回慰霊顕彰祭を糸満市の平和祈念公園にある台湾之塔で開いた。同会の西田健次郎理事長、台北駐日経済文化代表処那覇分処の范振國処長らが出席して慰霊し、双方の繁栄を願った。  台湾之塔は、2016年に慰霊塔、18年に李登輝元総統が「為国作見證...

2020-10-20 15:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210842.html

沖縄でコロナ新たに21人感染【10月20日午後3時】
 沖縄県は20日、新型コロナウイルスの新たな感染者が21人だったと発表した。  181件の行政検査で6人、保険診療で15人の陽性が判明した。感染者の累計は2975人となった。  県によると、米軍の新たな感染はゼロという。  県は19日、新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受け、県全域に「新型コロナウイルス感...

2020-10-20 15:23:17
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210879.html

「白梅の供養を続けたい」 兵庫慰霊の会が来県 元学徒の中山さんと交流10年
 沖縄戦で白梅学徒隊として戦地に動員された県立第二高等女学校の元白梅学徒、中山きくさん(91)と10年来の交流を続ける兵庫県の団体「白梅慰霊の会」が2日、来県した。同団体はコロナ禍で来県を延期していたが、時期を見計らっての訪問となり、那覇市のホテルで交流した。中山さんは「長い交流や私たちへの気遣いなど...

2020-10-20 15:15:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210840.html

女子サッカーで双子が活躍 長嶺中の河田柚奈さん、和佳奈さん 豊見城市長に県大会優勝報告
 【豊見城】女子サッカーチーム「カーサ・オキナワ・アレ」に所属する双子のプレーヤー河田柚奈(ゆうな)さん(13)=長嶺中2年=と、和佳奈さん=同=は14日、関係者と共に豊見城市役所に山川仁市長らを訪ね、県大会優勝や九州大会派遣などを報告した。  柚奈さんと和佳奈さんは小1からサッカーを始めた。現在、2人...

2020-10-20 15:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210833.html

キングス、底力発揮し4連勝 秋田に82ー76 頼れるクーリー、攻守で存在感
 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは18日、秋田県のCNAアリーナ★あきたで秋田ノーザンハピネッツ(東地区)と今季第6戦を行い、82―76で競り勝った。アウェー戦2連勝で、連勝を4に伸ばした。通算成績は4勝2敗。終盤は1点差まで詰め寄られたが、連続得点で引き離した。次戦は21日、午後7時15分か...

2020-10-20 14:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210849.html

県高校新人空手 女子は首里、男子は浦添が組手団体で頂点
 2020年度県高校新人体育大会は18、19の両日、各地で3競技を行い、空手道は女子団体組手で首里が12年ぶりに優勝した。男子は浦添が5連覇した。空手道の団体組手は上位4校、個人組手の各階級から男女計16人が全九州高校新人大会に派遣される。 ◆首里、強敵破り12年ぶりV  層の厚い浦添に対し、選手の多くが高校から...

2020-10-20 14:28:07
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210858.html

西原(女子)守りがさらに進化、高い集中力で圧勝 全沖縄高校バスケ
 バスケットボールの第63回全沖縄高校選手権大会最終日は18日、宜野座村総合体育館で男女の決勝を行った。女子は西原が那覇に78―37で完勝した。西原は9度目の優勝で、3連覇を達成。優勝校は12月に東京で開催予定のウインターカップ2020第73回全国高校選手権への出場権を獲得した。  西原の守備が、県総体を制した夏か...

2020-10-20 14:11:56
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210854.html

豊見城(男子) 津田と上地、守備とリバウンドで相手の高さ封じる 全沖縄高校バスケ
 バスケットボールの第63回全沖縄高校選手権大会最終日は18日、宜野座村総合体育館で男女の決勝を行った。男子は豊見城が62―48で興南を破り、4度目の優勝で、3連覇を達成。優勝校は12月に東京で開催予定のウインターカップ2020第73回全国高校選手権への出場権を獲得した。  豊見城は夏の県総体決勝で延長の末に興南を...

2020-10-20 14:04:41
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210852.html

ラジオ体操普及で「曙願寿会」を表彰 子どもの見守り兼ねて継続20年
 ラジオ体操の普及に功績のあった団体・個人に贈られる2020年度ラジオ体操優良団体等表彰(かんぽ生命保険、NHK、全国ラジオ体操連盟主催)の地方表彰に那覇市の曙願寿会が選ばれ、7日に表彰状が伝達された。同会は曙小学校区のお年寄りが中心となり、00年から元旦を除く毎日、ラジオ体操を続けている。   ...

2020-10-20 13:59:59
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210841.html

学生生活「壕堀りばかりだった」 與座、儀間さんが32軍壕を語る 平和ガイドらの学習会
 県平和祈念資料館友の会は18日、平和ガイドらが首里城地下の日本軍第32軍司令部壕について学ぶ学習会を那覇市の養秀会館で開き、壕の構築作業をした與座章健さん(91)、儀間昭男さん(92)から証言を聞いた。県内の資料館関係者らが第五砲兵司令部壕や第32軍司令部壕の坑道口数について、証言記録などから...

2020-10-20 13:16:25
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210832.html

米軍人は基地内に宿泊を 宮崎県知事が防衛省に再要請 日米合同訓練 嘉手納から200人
 【東京】河野俊嗣宮崎県知事は19日、防衛省で中山泰秀副大臣と会談し、航空自衛隊新田原基地(宮崎県)で実施する日米共同訓練に参加するため同県を訪れる米軍嘉手納基地所属の軍人に関し、新型コロナ対策のため基地内に宿泊するよう求めた。中山副大臣は全員の基地内宿泊は難しいとの認識を改めて伝えた。  河野氏は...

2020-10-20 13:00:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210826.html

芥川賞作家・又吉栄喜さんに聞く 創作意欲の元となる沖縄の原風景とは 小説に不条理あぶり出す
 生まれ育った浦添にこだわり小説を書き続けている。芥川賞作家・又吉栄喜さん(73)。半径2キロ以内の原風景が「創作意欲の元」と語る。小説は琉球・沖縄の歴史や文化を背景に、人生の不条理、人間の愚かさ、いとおしさをあぶり出す。近年、「豚の報い」をはじめ代表作の翻訳本の出版が相次ぐなど海を越えて注目を集め...

2020-10-20 12:25:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1210810.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会