沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

クレヨンしんちゃんと不発弾 アニメじゃない沖縄の日常(3)<アニメは沖縄の夢を見るか>
 本土のアニメに沖縄が登場する契機はさまざまだが、一番多いのはおそらく旅行で沖縄にやって来るというパターンだろう。修学旅行、観光、リゾート、出張に合宿、帰省などなど、アニメは繰り返し沖縄旅行の夢を描いてきた。テレビアニメやシリーズ化された作品では、マンネリ化を排するためにしばしば沖縄旅行の回が挿...

2020-07-06 20:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146620.html

「数字」と炎上商法 モバイルプリンスの知っとくto得トーク[166]
モバイルプリンス   先月25日、「迷惑系YouTuber」の男性が、首里城公園内に設置された「復興の寄せ書き」に落書きをする動画をツイッターにアップし、批判が集まりました。 この男性は人気YouTuberにつきまとい、炎上することで再生回数を稼いで知名度を上げていました。   モバイルプリンス   「悪...

2020-07-06 17:00:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149197.html

蛭子能収のゆるゆる人生相談「コロナで失職…フリーで働く心得は?」
大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(72)が、読者からの相談に答える! 【Q】「アミューズメント施設でダンサー(派遣)をしていましたが、コロナの影響で失職。失業手当が出ま...

2020-07-06 16:30:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1150561.html

経営は先の先を読む オリオンビール会長の嘉手苅義男さん〈ゆくい語り 沖縄へのメッセージ〉31
 オリオンビール会長の嘉手苅義男さん(81)の自宅の床の間には樹齢100年というチャーギ(イヌマキ)の柱がある。新築する際に100年木を探し、1本100万円で購入した。  2017年のオリオン創立60年の際に、チャーギの苗6千本を本島北部の山に植樹した。緑化事業ではなく、「1万本の苗木を植えれば、100年後に100億円の...

2020-07-06 14:35:48
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150742.html

酒気帯び疑い、沖縄署が米兵逮捕 基準値4倍のアルコール検知
 沖縄署は5日、北谷町宮城の町道で酒気を帯びた状態で車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で、嘉手納基地所属の米空軍上等兵(21)を逮捕した。基準値(呼気1リットル当たり0.15ミリグラム)の約4倍のアルコールを含んだ状態で車を運転した疑い。

2020-07-06 13:53:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150728.html

バットやスパイクを窃盗容疑 高校野球開幕日、浦添署が会社員逮捕 「自分で使うつもりだった」
 浦添署は4日、沖縄県那覇市内の県立高校の敷地に入り、バットとスパイク1足を盗んだとして、窃盗容疑で浦添市の運転代行員の男(21)を逮捕した。「自分で使うつもりだった」などと容疑を認めている。全国高校野球選手権大会県予選の代替大会が同日、開催されたばかりだった。

2020-07-06 13:51:23
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150727.html

隣人頭をビールジョッキでたたいた疑い 名護署が本紙配達員逮捕
 名護署は5日、沖縄県名護市大北の路上で隣人の男性(65)の頭をビールジョッキで殴り付けるなどしたとして、暴行容疑で琉球新報大北販売店の配達員の男(40)を逮捕した。「たたいていない」と容疑を否認している。  逮捕容疑は5日午前9時27分ごろ、名護市の路上で持っていたビールジョッキで男性の頭を殴打した後、...

2020-07-06 13:48:26
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150726.html

屋外警戒の父、犠牲に 幸地賢造さん 捕らわれた日(24)<読者と刻む沖縄戦>
 真壁村(現糸満市)にたどり着いた幸地賢造さん(84)=西原町=の家族は隣り合った糸洲・小波蔵集落の民家に隠れます。「おそらく糸洲側の民家だと思います」と幸地さんは語ります。民家は避難民でいっぱいでした。  「家族は『きょう生きることができたね、明日はどうなるかね』という感じでした」と幸地さんは振り...

2020-07-06 13:27:32
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150718.html

おちょこときゃべつの誕生日祝う 沖縄こどもの国のヤクシマザル、3歳と2歳に
 【沖縄】2017年6月5日生まれでメスのおちょこ(3歳)と、2018年6月23日生まれでオスのきゃべつ(2歳)の2匹のヤクシマザルの誕生会が6月28日、沖縄こどもの国園内サル舎前で開かれた。  ヤクシマザル担当の中村智映飼育員が誕生会に参加した人たちに、えさを取り出すのが難しい仕掛けのフィーダー(給餌装置)から、...

2020-07-06 13:17:58
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150706.html

サイクルツーリズムに役立てて バイクラックや空気入れなど、JTAが東海岸推進協へ寄贈
 【与那原】日本トランスオーシャン航空(JTA、青木紀将社長)は6月25日、沖縄県与那原町役場でサイクルツーリズムの推進に役立ててほしいと自転車用のバイクラックと空気入れ、工具など16セットを北中城村、中城村、西原町、与那原町でつくる「東海岸地域サンライズ推進協議会」に寄贈した。同協議会は昨年、4町村の地...

2020-07-06 12:36:43
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150688.html

粟国島初のカフェ「アグニファン」が1周年 店主の宮本さん、パンなど「今後も新商品開発」
 【粟国】粟国で初めてのカフェとして話題の「Bakerycafe AGUNI―FAN(ベーカリーカフェ アグニファン)」が6月29日、1周年を迎えた。パンの製造から接客までも1人でこなすのは店主の宮本真理さん。宮本さんは埼玉県出身。沖縄県粟国村で地域おこし協力隊として活動し、3年間の任期を終えたのち島が気に入り店を開いた...

2020-07-06 12:29:59
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150681.html

「たまたま消火器持っていた」 隣家の火災を迅速消火 浦添消防が粟国さんを表彰
 【浦添】民家の駐車場で起こった火災を自らの消火器で食い止めたとして、沖縄県浦添市消防本部は6月29日、同市城間の会社員・粟国正和さん(52)を浦添市前田の同本部で表彰した。粟国さんは「たまたま消火器を持っていたからできただけ。消火器を持っていればみんなできるし、火事は少なくなる」と話した。  2月4日...

2020-07-06 12:25:36
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150680.html

上原昭糸満市長が退任 1期4年「全職員にお礼」 副市長、教育長も共に
 【糸満】任期満了を迎えた上原昭糸満市長の退任式が3日、糸満市役所で開かれた。退任式で上原市長は、これまでに取り組んだ事業などを振り返り「花開くことを期待している。市民のため頑張ってくれた全職員にお礼を言う。一緒に仕事できたことをうれしく思う」とあいさつし、職員から花束を受け取った。上原市長は2016...

2020-07-06 12:18:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150677.html

麦文化復活へ祈願祭 うるま市、「島麦かなさん」の新商品を供え 今年収穫は計3442キロ
 【うるま】沖縄県麦生産組合(稲福信吉会長)は6月18日、うるま市前原のうるマルシェで「2020おきなわ麦(むじ)祈願祭」を開催した。例年実施していた収穫祭「うまちー」が今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となったため、祈願祭を開いた。祭壇には県産の小麦粉ブランド「島麦かなさん」から生まれた商...

2020-07-06 12:13:31
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150666.html

沖縄・南城市の「あざまサンサンビーチ」が海開き 観光協「透明度高い海で癒されて」
 【南城】沖縄県南城市知念安座真にある「あざまサンサンビーチ」が1日、海開きをした。例年は4月に海開きをするが、今年は新型コロナウイルスの影響で見送られていた。  南城市観光協会で同ビーチ担当の平良幸松主任は「本島南部の中でも透明度が高いビーチだ。ぜひ、遊びに来て癒やされてほしい」と呼び掛けた。  ...

2020-07-06 12:09:31
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150665.html

知事「話が全部過去に戻っている」と難色 玉城知事と中谷・元防衛相との会談時にはメガフロート案に言及なし
 自民党の中谷元・元防衛相が名護市辺野古の新基地建設について埋め立工事の完遂は困難なため、代替策として巨大な浮体を設置する「メガフロート」案を有していることを沖縄県の玉城デニー知事に近い関係者に示したことについて、玉城知事は6日朝、3日に中谷氏と会談した際には「メガフロートの話は出ていなかった。...

2020-07-06 12:08:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150664.html

さらなる品質向上を追求 今帰仁ブランドスイカ「ぬちぐすいーと」 JA生産部会が検討会
 【今帰仁(なきじん)】JAおきなわ今帰仁支店スイカ生産部会の新ブランド「厳選すいか!ぬちぐすいーと」が沖縄県今帰仁村ふるさと納税の返礼品として今年初めて出荷され、好評で終了となった。その生産者が今後の出荷応対や、さらなる品質の向上を図るため、ぬちぐすいーと品種検討会を6月23日にJAおきなわ今帰仁支店...

2020-07-06 12:05:46
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1150662.html

沖縄の守護神、雪辱を期す 次の舞台へ決意も固く 水球の仲島徹彦(那覇商3年)未来つむぐ夏(8)
 沖縄の水球は昨秋の茨城国体で少年男子が10年ぶりに入賞を果たすなど、全国で存在感を増している。その少年男子の守護神を担うのは那覇商3年のGK仲島徹彦(17)だ。コースを読む勘や瞬発力に優れ、世代別の日本代表候補にも選ばれた。ただ2校で競い合う県大会では総体、新人大会をそれぞれ5連覇中の那覇西に一度も勝っ...

2020-07-06 11:37:48
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150632.html

沖縄県中学女子サッカー 豊見城が悲願の初V あげなに1―0 前回の課題を克服
 女子サッカーの第12回県中学校夏季大会が4日に開幕し、最終日の5日は金武町フットボールセンターで行われた。決勝は延長の末、豊見城があげなに1―0で競り勝った。創部14年目で新人、夏季、秋季を含め、初めて県大会で優勝した。豊見城は第25回女子ユースU―15INくまもと(7月18~19日、熊本県)の出場権を得た。  豊...

2020-07-06 11:29:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150631.html

沖縄、コロナ感染ゼロが67日連続 2人をPCR検査
 沖縄県は6日、新型コロナウイルス検査の結果、新たな感染者は確認されなかったと発表した。PCR検査を2人に実施した。  県関係者の感染者ゼロは5月1日以降、67日連続となった。県内の累計感染者数は143人のままで推移している。【琉球新報電子版】

2020-07-06 11:14:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1150613.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会