沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

近くに砲弾、隣の兄が…ガイドの玉木さん、KBC未来高で沖縄戦語る
 KBC学園未来高校は6月24日、10歳の時に沖縄戦を体験した県観光ボランティアガイド友の会の玉木利枝子さん(86)を招いた平和学習を開いた。3年生が教室で玉木さんの講話を聞き、別室にいた1、2年生も同時にリモートで話を聞いた。  玉木さんは住んでいた那覇の町が10・10空襲で焼け野原となり、宜野...

2020-07-03 20:10:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149194.html

「オープンキャンパスはウェブで」琉大がサイト開設
 新型コロナウイルスの影響でオープンキャンパスなど多くの大学入試広報イベントが中止となる中、琉球大学はインターネット上で大学の情報を得られるウェブオープンキャンパスページ「RYUDAI@home」を開設した。入試制度や大学の様子について、動画やスライドなどで紹介している。  掲載情報は21年度入試から実施さ...

2020-07-03 19:50:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149192.html

どこまでも膨らむ工費3500億円→9300億円、県試算では2.5兆円<点検「辺野古」変更申請>2
 名護市辺野古の新基地建設にかかる費用として、防衛省はこれまで主に三つの金額を提示してきている。  2013年に県に提出した埋め立て承認申請書では、護岸建設や土砂投入など埋め立て工事費として2310億8700万円と記された。  関連経費には埋め立て工事のほか環境保全措置や飛行場整備、キャンプ・シュ...

2020-07-03 19:44:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149261.html

県産品、今こそ買おう 沖縄銀行が応援プロジェクト 職員に購入募る
 沖縄銀行(山城正保頭取)は2日、県庁で記者会見を開き、県商工労働部と連携した「県産品消費応援プロジェクト」に取り組むと発表した。  新型コロナウイルス感染症の影響で県外へ出荷できず、在庫が余った県産品を銀行内の職員が積極的に購買することで、消費拡大や事業者支援につなげる考え。  プロジェクトは、...

2020-07-03 19:40:06
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149259.html

宮古島市、漁業や交通など5業種に10万円支援 コロナ経済対策第2弾
 【宮古島】宮古島市の下地敏彦市長は2日、市庁舎で会見し、新型コロナウイルスの経済対策第2弾を実施すると発表した。漁業者や交通、旅行、イベント、小売業を対象に一律10万円給付し、飲食業に上限10万円で、5~7月の店舗電気料金を助成する。  これまで宿泊と飲食、マリン関係に限定していた支援事業を拡充...
2020-07-03 19:38:05
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149247.html

オリオン工場見学「ハッピーパーク」再開 第1号の一家にビール1ケース
 オリオンビール(浦添市、早瀬京鋳社長)は1日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため臨時休館していた名護市東江の工場見学施設「オリオンハッピーパーク」の利用を再開した。同日午前、1組目の見学者として来場した大阪府の会社員安並岳洋さん(36)、妻博子さん(35)、長女彩葉ちゃん(5)、次女百華ち...

2020-07-03 19:35:34
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149246.html

摩文仁住民にわびる 安里祥徳さん 捕らわれた日(21)<読者と刻む沖縄戦>
 一中通信隊として戦場に動員された安里祥徳さん(90)=北中城村=は前原高校を卒業後、沖縄外語学校や琉球大学で学びました。1972年沖縄バヤリースを創設しました。  沖縄戦から歳月が流れましたが、安里さんは同じ部隊の兵士が摩文仁で住民の壕を奪ったことが忘れられずにいました。  《摩文仁への撤退後、...

2020-07-03 18:05:12
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149193.html

「独自の学力テスト中止を」子どもを守る会要請 県教委は実施説明
 おきなわ子どもを守る会(長堂登志子代表)は6月29日、県教育庁を訪れ「子どもの権利条約を活かす学校・教育を求める」要請として、学力テストの不参加などを求めた。県教委は全国一斉実施が中止となった学力テストの問題を活用し、独自のテスト実施を小中学校に求めており、担当者は方針を変更しない考えを説明し...

2020-07-03 17:53:11
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149195.html

県高校総体「屋内競技も観戦させて」父母ら署名 3密回避策も示す
 18日に開幕する県高校総合体育大会(県高校体育連盟、県教育委員会主催)で無観客試合となる屋内競技について、興南ハンドボール部の保護者会(島袋弘人会長)が観戦規制の緩和を求める署名を募っている。請願書には独自の新型コロナウイルス感染防止対策を明記する。3年生の息子が所属する島袋会長(53)は運営...

2020-07-03 17:50:55
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149196.html

中谷氏と玉城知事が面談「辺野古を軍民共用に」「一刻も早い中止を」
 自民党の中谷元・元防衛相は3日午後、県庁に玉城デニー知事を訪ね、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設について意見を交わした。中谷氏は新基地建設完成後の施設を民間も使用する「軍民共用案」や自衛隊との共同使用を主張。地盤改良工事に必要な国の設計変更申請に対する県の早期審査を求めた。玉...

2020-07-03 16:56:30
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149158.html

嘉手納基地火災で抗議決議可決 町議会
 【嘉手納】嘉手納町議会(徳里直樹議長)は2日、臨時会を開き、6月22日に米軍嘉手納基地内の危険物取り扱い施設で発生した火災事故に対する意見書と抗議決議を全会一致で可決した。これまでも米軍の事件・事故が発生するたびに関係機関に対し正確かつ迅速な情報提供を求めてきたにもかかわらず、今回も周辺自治体...

2020-07-03 16:34:26
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149142.html

浅田真央 3日連続“同伴帰宅”!お相手は“橋本名人”の息子
「“あの真央ちゃんにも恋人が”とファンはざわついていますよ」 浅田真央(29)のファンの一人が興奮した様子で話す。6月25日に姉の浅田舞(31)とゲスト出演したバラエティ番組『ぐるナイ』(日本テレビ系)で“恋人”の存在に言及したのだ。 「現役引退後に舞さんに彼氏を紹介したことがある、と...

2020-07-03 16:30:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1148988.html

さよならフェリー粟国 安全運航18年、島民ら別れ惜しむ
 【粟国】沖縄本島と粟国島を結ぶ「フェリー粟国」が6月28日の運航をもって最後となり、同日、粟国港で「フェリー粟国・18年間ありがとう」と、お別れセレモニーが開催された。2002年に就航以来、大きな事故もなく安全に村民、観光客、生活物資を運び続けた。  セレモニーでは、新城静喜村長や関係者のあいさ...

2020-07-03 16:29:32
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149159.html

移住促進へ「空き家バンク」 久米島町、最大50万円補助
 【久米島】久米島町では本年度から久米島町空き家活用促進補助金制度を新設した。これは町内にある空き家を有効活用することで、移住・定住を促進し人口減少に歯止めをかけることが目的。  制度は町の「空き家・空き地バンク」に空き家の所有者や利用希望者が申請し、登録された物件の改修や家財撤去などの費用の半額...
2020-07-03 16:13:16
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149143.html

羽ばたく鶴で「笑い福いして~」80歳喜屋武さん、折り続けて25年
【西原】西原町安室の喜屋武ハツ子さん(80)は、4センチ四方の折り紙で鶴を折るのが得意で、55歳から25年間折り続けている。  ハツ子さんは、農作業に精を出し、出荷を終えた後は暇を見つけては鶴を折る。寂しい時、夜眠れなくなった時に折る。どんなに忙しい日でも必ず一つは折り、のりが入っていた瓶に保管し...

2020-07-03 15:57:30
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149134.html

「飛び安里」を空港名に…世界初の「空飛ぶ親子」研究会が初会合 南風原
 【南風原】18世紀後半に「羽ばたき機」を考案し、世界で最も早く空を飛んだとされる「飛び安里」の研究・検証を目的とした「飛び安里研究会」の第1回顧問会議が6月26日、南風原町津嘉山の津嘉山地域振興資料館で開かれた。  「飛び安里」は琉球王朝時代の花火師である安里周當が高津嘉山(たかつかざん)で飛行...

2020-07-03 15:39:38
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149119.html

ホテル清掃職員の休業手当、労基署が支払い指導 請負会社に要求
 沖縄本島内のホテルで客室清掃などを担う従業員らが新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業を受け、東京の業務請負会社に休業手当の支払いなどを求めていた問題で、名護、沖縄の両労働基準監督署が合同で同社に指導票を交付し、休業手当の支払いを求めたことが2日までに分かった。  同社は「シフト制なので休業手当...

2020-07-03 15:17:08
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149112.html

【発言要旨】石破氏「辺野古の問題、指摘通り」「代わる抑止力示せるか」
 地位協定は運用の改善はもはや限界だ。変えていかないと駄目というのは私の信念に近いものだ。(防衛庁)長官時代に沖縄国際大学にヘリが落ちた時に私の実感としてある。  辺野古の話はコストの問題も、時間の問題もそうだし、技術の問題も指摘の通りだ。ただ、私は海洋工学の専門家ではないので本当なのかきちんと...

2020-07-03 14:00:33
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149082.html

【記者解説】石破氏発言の影響は? 新基地検証に現実味 辺野古回帰の懸念も拭えず
 自民党の石破茂元防衛相が、米軍普天間飛行場の危険性除去には名護市辺野古への移設が「唯一の解決策」とする従来の政府方針に物言いをつけた。「ポスト安倍」候補の1番人気で防衛政策に明るい石破氏が「唯一」に異を唱えたことで、辺野古移設検証への現実味を帯びてくる。  ただし石破氏の「検証」には条件が付く。...

2020-07-03 13:59:51
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149080.html

【記者解説】辺野古護岸、施工中にも崩壊の恐れ 「唯一」論拠さらに揺らぐ
 名護市辺野古の新基地建設を巡る沖縄辺野古調査団の独自調査で、政府の「辺野古が唯一の解決策」という主張が揺らぐ事実がまた一つ明らかになった。普天間飛行場の危険性を除去するための移設先としての適地性は根底から崩れている。地震による護岸崩壊の可能性は、政府の試算より工費や工期がさらに膨らむ可能性を示...

2020-07-03 13:56:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1149078.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会