沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

庵野秀明と沖縄戦 「トップを狙え」女子校なぜ嘉手納に? <アニメは沖縄の夢を見るか>(2)
 庵野秀明が初めて監督したOVA作品『トップをねらえ!』(1988)は、2021年の沖縄を舞台に物語が始まる。帝国宇宙軍附属沖縄女子宇宙高校(通称は沖女)に通うヒロインが、巨大ロボットのパイロットとなって宇宙怪獣と戦うSFアクションだ。長年にわたる宇宙怪獣との戦闘や、ウラシマ効果で地球との時間が...

2020-06-29 20:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146584.html

沖縄戦の悪夢をアニメで描く 平和教育に必要な作品群(1)<アニメは沖縄の夢を見るか>
 これまで沖縄は多くのアニメで物語の舞台となってきたが、そこにはどういう契機や特徴が読み取れるだろうか。また沖縄の状況や1990年代から続く沖縄ブームは、アニメにどのような影響をもたらしているだろうか。この連載では毎回具体的な作品を取り上げながら、沖縄とアニメの関係について考えてみたい。 <連載第...

2020-06-29 18:00:41
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146568.html

進化するカメラの性能 モバイルプリンスの知っとくto得トーク[165]
モバイルプリンス   アドビ社【※1】は10日、スマホ向けカメラアプリ「フォトショップカメラ」を配信しました。 このアプリを使うと、曇り空を青空に変えるなどの「合成」機能を使うことができます。 これまではパソコンソフトで作っていた合成写真が、スマホで簡単に行うことができるようになります。   ※1...

2020-06-29 17:00:01
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1145395.html

新冷戦の瀬戸際、東アジアで反核のうねりを 自衛隊「南西シフト」シンポ討論
 新垣邦雄氏 先制攻撃は危険性が増すのでは。  前田哲男氏 イージス・アショアを捨てて何を持ってくるか。ハードウエア選定で米国の新たな開発品を導入する可能性もある。シーソーゲームのように軍拡の応酬になる。INF(中距離核戦力)廃棄条約は欧州で草の根の反核運動が起こり成立の一因となった。東アジアで反核...

2020-06-29 16:24:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146560.html

陸上イージス停止「宮古も落下危険性」「新たに中距離弾配備か」 自衛隊「南西シフト」シンポ詳報
 【東京】20日に東京の鳩山会館で催されたシンポジウム「自衛隊南西シフトと新冷戦」(東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター主催、琉球新報社共催)では、軍事ジャーナリストや本紙記者らが出席し、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」計画停止の展望や、琉球弧への日米による「南西シフト」の実...

2020-06-29 16:06:24
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146559.html

平等な社会を実現するには?【SDGsって? 知ろう話そう世界の未来】10
 SDGs(持続可能な開発目標)ゴール10は「人や国の不平等をなくそう」。不平等は国と国の間にも、一つの国の中にもある。沖縄が直面する大きな不平等には75年前から続く米軍基地問題がある。ゴール10の達成には今なお多くの県民が苦しむ基地問題の解決が不可欠だが、道のりは長い。また、外国人など言語や文化の...

2020-06-29 16:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146485.html

沖縄県が海砂利採取への監視強化 辺野古新基地めぐり懸念
 県が7月1日から、海砂利採取の業者に対して採取の場所や量を証明する資料の提出を求めることが28日、関係者への取材で分かった。海砂利の採取には県の認可が必要だが、県はこれまで、業者に実際の採取量や採取場所を証明する資料の提出を求めていなかった。海砂利採取を巡っては、名護市辺野古への新基地建設事業によ...

2020-06-29 15:36:55
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146542.html

青パト「タクシーに委託を」下地衆院議員が提言 21年度概算要求
 【東京】政府の2021年度沖縄関係予算の概算要求を前に、下地幹郎衆院議員(無所属)は自身の質問主意書の政府答弁から得られた課題に対する提言をまとめた。米軍関係者の犯罪抑止のため始まった「沖縄・地域安全パトロール隊」(通称・青パト)をタクシーに委託することなど、三つの提言について近く関係省庁に提出す...

2020-06-29 15:27:57
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146541.html

高まった「安全な沖縄」 万国津梁を見直すべきなのか 藻谷浩介氏(日本総研主席研究員)<大型寄稿・コロナ禍の先へ>
 新型コロナウイルスの感染拡大から4カ月。6月28日現在で、県内で亡くなった方は7人だ。人口100万人あたりに直すと4・8人で、日本全国の7・7人の3分の2以下である。東京都(23人)と比べれば、5分の1だ。  近隣国に目を転じれば、6月28日現在の死者数水準は中国が3・3人、台湾が0・3人、タイが0・8人と、沖縄よりも先...

2020-06-29 15:22:44
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146540.html

新鋭VS伝統校「絶対負けない」 アーチェリー団体女子 那覇国際、宜野湾 未来つむぐ夏(5)
 女子アーチェリーで創部3年目の那覇国際と、伝統ある那覇国際が激しく競り合っている。団体8連覇を狙う宜野湾の牙城を初優勝を狙う那覇国際が崩しにかかる。那覇国際の髙江洲美来主将と宜野湾女子でただ一人の3年生、安次嶺香奈がそれぞれのエースを背負う。互いに実力を認め合い、切磋琢磨(せっさたくま)してきたラ...

2020-06-29 15:15:34
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146532.html

男女平等多様性条例案、宜野湾市議会が否決 主要与党「多様性」併記に異論
 【宜野湾】沖縄県の宜野湾市議会(上地安之議長、定数26欠員1)の6月定例会は29日の最終本会議で、松川正則市長提案の「市男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」案を、主要与党会派の反対多数(反対12、賛成11、欠席1)で否決した。市提案の条例案を与党が否決するのは異例。  条例案の採決前、反対と賛成の...

2020-06-29 15:08:41
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146533.html

豪雨の中撤退、大混乱に 安里祥徳さん 捕らわれた日(17)<読者と刻む沖縄戦>
 米軍が首里に迫り、電信第36連隊は1945年5月27日、南部に撤退します。安里祥徳さん(90)=北中城村=がいた第5中隊は雨の中、真和志村(現那覇市)繁多川の壕を出ました。撤退前、カンパンや戦死者が持っていた銃の配給がありました。  《夜8時ごろ、われわれは銃を担う一方、担架に負傷兵を担いで壕を...

2020-06-29 15:06:45
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146531.html

山城壕(糸満市)連絡なしに国が整地 生き埋めの5人「遺骨あるはずなのに」<記者が歩く戦場の爪痕>
 糸満市の山城(やまぐすく)区と束辺名(つかへな)区の境界付近の山中に、沖縄戦当時一家5人が生き埋めになった山城壕がある。2月末、約45年ぶりに遺骨収集作業があったと聞き、山城区長の仲門保さん(70)に案内を依頼した。しかし―。  「無理だよ」。怒ったような口調で一度断られた。「案内したいができないんだ...

2020-06-29 14:58:26
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146513.html

「新年の花火嫌がった」消えない爆撃の記憶 沖縄戦を日記に残した與儀さん、遺言で「体験伝えて」
 「新年の花火を嫌がっていた。沖縄戦の爆撃を思い出したからだ」。戦時中の出来事を日記に記していた與儀達清さん(当時38歳)は戦後、米ハワイ州に移住しても爆撃の記憶に悩まされていた。次男の隆さん(77)は「祖父など身近な人が沖縄戦で亡くなり、罪のない多くの住民の命が奪われた。戦争に頼らない平和を模索す...

2020-06-29 13:13:39
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146506.html

沖縄、60日連続で感染者ゼロ 検査は1人に実施【6月29日】
 沖縄県は29日、新型コロナウイルス検査の結果、新たな感染者は確認されなかったと発表した。PCR検査をしたのは1人。5月1日以降、60日連続で新規感染者がゼロになった。  前日の28日には、検査対象者も0人だった。県関係者の累積患者数は143人。【琉球新報電子版】 コロナ最新情報・家庭での対策は?

2020-06-29 12:29:48
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1146497.html

糸満大綱引、戦後初の中止「安心して参加できず断腸の思い」
 【糸満】沖縄三大大綱引きの一つ、糸満大綱引が、新型コロナウイルス感染症の影響で中止することが29日、発表された。今年は10月1日(旧暦8月15日)開催予定だった。糸満大綱引の中止は戦後初めて。 糸満大綱引行事委員会は25日に行事委員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の懸念があるため中止することを決めた。...

2020-06-29 12:06:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146493.html

戦火逃れた反物を着物に 「戦場になった恩納村」特別展 村博物館
 【恩納】沖縄県恩納村の教育委員会文化係と村史編さん係が合同で行う特別企画展「戦場となった恩納村」が13日から、同村博物館で開催されている。展示品の中には戦火を逃れた反物から仕立て、母から娘に贈られた着物などが展示されている。7月12日まで。  着物の寄贈者の佐渡山照子さんの母・しずさんは戦前、自宅で...

2020-06-29 12:01:13
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146492.html

小林麻美振り返る育児25年 芸能界のドンとお受験から遊園地まで
「カメラ目線でいいですか?」 マスク姿のカメラマンに問いかけながら、髪をかき上げたり、腕を組んだり、次々とポーズを繰り出していく小林麻美さん(66)。そのしぐさはごく自然で、30年というブランクを感じさせない。 70年代に17歳でデビュー。モデルや歌手として、それまでのアイドルとは一線を画した“アンニ...

2020-06-29 12:00:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1146432.html

宮森小墜落の惨状、石川高の生徒が証言を動画に コロナと通じる「弱い者が被害」
 【うるま】石川・宮森小米軍ジェット機墜落事故から30日で61年になる。石川高校の生徒2人が12日、同校で事故の惨劇を目撃した伊波宏俊さん(80)から当時の話を聞き、動画を撮影した。伊波さんは、この事故で児童ら18人が亡くなった一方で「事故機のパイロットは助かった。これが沖縄が置かれた状況だった」と振り返っ...

2020-06-29 11:56:59
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146491.html

宮古島と多良間で震度2 津波の心配なし
 29日午前11時37分ころ、宮古島市と多良間村で震度2の地震があった。気象庁によると震源は宮古島近海で、震源の深さは約50キロ、マグニチュード(M)は4.4と推定される。津波の心配はないという。【琉球新報電子版】
2020-06-29 11:53:02
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146486.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会