沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

沖縄の28日コロナ検査はゼロ 感染者報告はなし【6月28日】
 沖縄県は27日、新型コロナウイルスの検査は、医療機関で採取された検体がなかったため、28日は実施されないと発表した。そのため28日は結果報告もなかった。検査件数がゼロになるのは23日以来5日ぶり。県関係の累計感染者数は143人のまま。【琉球新報電子版】

2020-06-28 19:45:02
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1146266.html

前川民間防空壕群(南城市玉城) 約60基を住民が掘る 戦闘、強制集団死…沖縄戦凝縮の場<記者が歩く戦場の爪痕>
 南城市玉城前川に「前川樋川(ヒージャー)」と呼ばれる湧き水がある。石でできた階段を下りると、生い茂る草木とこけむす石畳道に太陽の光が差し込み、水の流れる音色が涼を感じさせる。しかし辺りを見渡すと、断崖の中腹には無数の人工的な穴が目に付く。しゃがんで入れるほどのぽっかりと開いた穴は、癒やしをかき...

2020-06-28 16:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1145984.html

議席もカラフル 山形・米沢市議会が「かりゆし議会」 沖縄市との交流PR
 沖縄市と姉妹都市関係にある山形県米沢市の議会が26日の6月最終本会議で、沖縄市との交流をPRするため全員が沖縄のかりゆしウエアを着用して「かりゆし議会」に臨んだ。昨年が沖縄市との友好締結25周年を迎えたことから、昨年の6月議会から「かりゆし議会」を開催し、今年で2年目。  米沢市は2013年ごろから、夏のク...

2020-06-28 15:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146039.html

『沖縄の祈り』 「沖縄文学」の特異性鳥瞰
 日本文学という範疇(はんちゅう)に収まらない特異な文学として沖縄の文学はある。それゆえ「沖縄文学」という概念は成立する、といった考えを確固たるものにしたいと考える上原、そして、沖縄の文学を「植民地文学」だとして韓国の文学と比較してみたいと考えているジジュン、この2人を中心に、歴史学徒、方言学徒、...

2020-06-28 14:51:52
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1145993.html

『台湾の会計制度 会計基準の国際化と国家戦略』 隣人に学ぶ“地域”際の思考
 本書は、台湾の会計制度を研究してきた著者(現在、名桜大教授)の約20年間の研究の成果である。評者は会計研究については門外漢だが、台湾現代史を専門とする立場から、本書の意義と価値を「地域」の視点から評してみたい。  本書は全12章からなる4部構成をとる。第1部は「台湾会計制度の基礎と会計基準の国際化」、...

2020-06-28 14:48:02
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1145989.html

ベストセラーランキング(2020/6/28)
■リウボウブックセンターリブロ (1)大川隆法著「鋼鉄の法」(幸福の科学出版・2200円) (2)樋口耕太郎著「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」(光文社・990円) (3)五木寛之著「大河の一滴」(幻冬舎・1571円) (4)琉球新報社編「甦れ!首里城」(琉球新報社・1100円) (5))「porte [ポルト]vol.26...
2020-06-28 14:44:02
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1145990.html

【ボリビア】希望胸に神奈川で新生活 オキナワ移住地出身・佐渡山禮さん 新1年生「学校に行くのが楽しみ」
 ボリビアのオキナワ移住地で生まれ育った佐渡山禮さん(6)が、希望を胸に神奈川県で新生活をスタートさせた。このほど、大和市立林間小学校の新1年生として入学した。禮さんは母の留理子さん、兄2人とボリビアに住んでいたが、2月から神奈川県に家族で引っ越した。  ボリビアではワニが大好きだった禮さんは、日本で...

2020-06-28 14:41:16
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146151.html

【島人の目】ロックダウンこぼれ話
 統計によると、新型コロナもなんのその、イタリア人のほぼ半数がことしも夏のバカンスを計画している。しかし実際に宿泊先や交通機関などの予約を入れているのは、たった5%強。最低でも一週間は滞在するのが当たり前のバカンスに、予約なしで出掛ける者はまずいない。従って「6月になっても予約を入れていない」とは...
2020-06-28 14:37:27
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146152.html

同郷の学友が戦死 安里祥徳さん 捕らわれた日(16)<読者と刻む沖縄戦>
 米軍は1945年4月16日、伊江島に上陸します。激戦の末、21日に日本軍は壊滅しました。多くの住民が戦闘に動員されました。「集団自決」(強制集団死)も起きています。  電信第32連隊第5中隊の白沢班で伊江島との交信を担っていた安里祥徳さん(90)=北中城村=の元には電信が来なくなっていました。班...

2020-06-28 13:21:18
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146147.html

眠らず交信任務に従事 安里祥徳さん 捕らわれた日(15)<読者と刻む沖縄戦>
 一中通信隊に入隊した安里祥徳さん(90)=北中城村=は、電信第36連隊第5中隊の2等兵として通信業務に就きます。  《四つの中隊に配属された私ども新2等兵の半数以上はさらに下士官が班長として指揮する幾つかの班に編入された。主な業務は沖縄県内に分散布陣した幾つもの守備隊と球部隊本部との間に仲立ちし...

2020-06-28 13:18:49
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146150.html

ジュゴンが「大浦湾生息の可能性」 沖縄防衛局設置の環境監視委員が指摘 保護の重要性高まる
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て工事現場で確認されていたジュゴンについて、沖縄防衛局が設置した環境監視等委員会の委員から「ジュゴンが大浦湾の中を生息場にしている可能性も考えられる」との発言が上がっていたことが分かった。第26回委員会の議事録に記されている。  現行の環境保全措置...

2020-06-28 13:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146038.html

ドイツ駐留米軍の一部、アジアに再配置か 米補佐官がWSJに投稿 「最も重要な地政学的課題」
 【与那嶺路代本紙嘱託記者】オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22日付のウォール・ストリート・ジャーナル紙に寄稿し、削減予定のドイツ駐留米軍のうち数千人を日本を含むインド太平洋地域に再配置する可能性があることを明らかにした。「冷戦後この地域で、アメリカと同盟国は最も重要な地政学的...
2020-06-28 12:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146041.html

運転代行も1人でこなす 小型バイク導入し新形態の起業 手取りもガッチリに
 ハンドルキーパー(那覇市、斉藤智彦最高経営責任者)は那覇市内を中心に、運転代行に代わるサービスとして、折り畳み式の小型バイクを使った運転請負サービスを提供している。利用客がいる場所までバイクで向かい、バイクを折り畳んで客の車に乗せ、目的地まで車を運転する。  無料通信アプリのLINE(ライン)で配車...

2020-06-28 11:34:27
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146049.html

<新型コロナOISTによる洞察>9 県民の生活守るには ツール活用し景気回復
 沖縄では5月1日以降、新たな新型コロナウイルス感染例は1例もありません。7週間以上連続で陽性患者が出ていないということは、県内ではウイルス無しの生活ができていると考えてよいでしょう。  マスクを着用したり、社会的距離を維持したり、政府推奨の対策を採用したりなど、日本の社会慣習や人々の真摯(しんし)な...

2020-06-28 11:15:33
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146037.html

企業投稿の動画を発信、沖縄を元気に 光文堂が「おきなわの輪!プロジェクト」
 光文堂コミュニケーションズ(外間なるみ社長)は、同社の70周年記念事業の一環として、企業から沖縄を元気にするメッセージ動画をSNSで配信する「おきなわの輪!プロジェクト」を開催している。  県内企業から投稿されたメッセージ動画を、コロナ被害で辛い日々を過ごしている人や、最前線で治療にあたっている医療...

2020-06-28 11:12:09
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146056.html

沖縄銀行が人材紹介業務を開始 経営、技術面から取引先の課題解決
 沖縄銀行(山城正保頭取)は県内金融機関としては初めて厚労省の「有料職業紹介事業」の許可を取得し、22日から人材紹介業務を本格的に開始した。同行が県内、県外の人材紹介会社と連携し、取引先企業の事業性評価を通して課題解決に必要な人材ニーズを見極め、紹介する。  事業は新設した「沖縄みらい元気応援室」が...

2020-06-28 11:03:17
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146057.html

サッカーJ2 FC琉球が28日にホーム戦 4カ月ぶり再開、対福岡に総力戦
 サッカーJ2のFC琉球が28日午後6時半から、タピック県総ひやごんスタジアムでアビスパ福岡と対戦する。2月23日の開幕戦から約4カ月ぶりの再開は今季のホーム初戦となる。予定されていた全42節を終わらせるため、日程は過密になり、選手の疲労を考慮して1試合の交代枠は3人から5人に増えた。樋口靖洋監督は「全員に出場...

2020-06-28 10:55:17
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146030.html

九州サッカーリーグ 沖縄SVが5発快勝 シュート20本、昨季覇者の力量で圧倒
 サッカーのKYFA第48回九州リーグは27日、佐賀県のSAGAサンライズパーク球技場で開幕した。昨季優勝の沖縄SVはFC中津(大分)に5―0と圧勝し、好スタートを切った。今季は第9節までが新型コロナウイルスの影響で中止となり、第10節から無観客での開幕となった。海邦銀行SCが対戦する予定だった日本製鉄大分はリーグ参加...

2020-06-28 10:48:55
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1146031.html

伸ばした髪で励まし合い 心疾患の伊藝さんが3年ぶりカット 病と闘う子に贈る
 【読谷】生まれつき「総肺静脈環流異常症」という心疾患を抱える金武町伊芸の伊藝夏蓮(かれん)さん(7)=嘉芸小2年=がこのほど、医療用かつらに役立てもらおうと自慢のロングヘアをカットした。10日、母親の友紀さん(29)と読谷村の「ヘアルーム・ボタニカ」を訪れ、スタイリストの川名貴士さんに思いの詰まった3...

2020-06-28 10:43:33
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1145976.html

海中で乗馬 涼しげ 今帰仁・夢有民牧場 体験人気に
 【今帰仁】今帰仁村謝名の「夢有民(むうみん)牧場」はホーストレッキング(乗馬体験)の一つで、海中に入る海馬体験も提供している。  やんばるの森や林道での乗馬だけではなくビーチでの乗馬体験が目玉で、馬の足音や息遣い、風を切る音を体感しながらの1日コースの他に、ふれあい体験などさまざまなコースも人気...

2020-06-28 10:37:25
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1145978.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会