沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

同世代が戦のまっただ中にいた…「もし自分だったら」 高校生が平和学習
 【南風原】県立南部農林高(豊見城市)は18日、南風原町で校外平和学習を行った。1~3年の生徒15人が南風原文化センターを見学したり、周辺の戦跡を巡ったりして慰霊の日を前に、沖縄戦への理解を深めた。  生徒は南風原町津嘉山で弾痕の残る石塀を見学。文化センターでは沖縄陸軍病院壕に関するDVDを鑑賞し...

2020-06-24 20:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144055.html

「尿を飲み生き延びた」 92歳の女性が南洋群島の戦争体験を語る
 【宜野湾】宜野湾市立普天間中学校(佐伯進校長、609人)で19日、3年生約200人向けに平和特設授業があった。旧南洋群島のロタ島で太平洋戦争を体験した仲井間小夜子さん(92)=沖縄市=が手作りの紙芝居を使って講演した。銃弾や爆弾の攻撃を受け生死をさまよったことなどを紹介し「いかに平和が大事か毎...

2020-06-24 20:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144054.html

〈49〉脇ストレッチ 肩の痛みの改善に
 肩の痛みが肩の周囲の柔らかさの違いにより生じていることが外来で多くみられます。例えば、腱(けん)の炎症や断裂などは、その腱にかかるストレスが強くなると生じてきます。  腱は筋肉につながっており、筋肉がうまく伸縮しなければ腱にストレスが強くかかりやすくなります。当然のことながらその筋肉の伸縮性をよ...
2020-06-24 17:30:26
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144113.html

コージガマ(恩納村)住民の命を救った壕 見学者のために整備<記者が歩く戦場の爪痕>
 恩納村真栄田の宇加地は1945年4月1日に米軍が上陸した読谷村の海岸から北東に約3キロ離れた所にある。沖縄戦当時、住民の命を救った自然壕が「コージガマ」だった。岩山にあるガマに至る道は数年前、区民らが見学者のために枕木などを使って山道を整備した。「ふもとからガマに至るルートは当時と同じだ」と取...

2020-06-24 17:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144040.html

オリオンモトブ「サービス最優秀ホテル」初受賞 JTB選出
 旅行業大手のJTBは2019年度の大規模ホテル部門のサービス最優秀ホテルに、本部町のホテルオリオンモトブリゾート&スパを選出した。同ホテルは16年度に優秀賞を受賞しているが、最優秀賞は初めて。  同ホテルアドミニストレーショングループの三好勲マネージャーらが23日、琉球新報社を訪れて受賞を報告した。三好氏...

2020-06-24 15:34:53
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144039.html

【全文】中満泉国連事務次長あいさつ「今こそ軍縮への取り組み必要」(2020年6月23日慰霊の日)
 令和2年沖縄全戦没者追悼式が挙行されるに当たり、全ての戦没者のみ霊に対し、謹んで哀悼の誠をささげますとともに、ご遺族の皆さま方に心よりお見舞い申し上げます。  先の大戦において、ここ沖縄では、「鉄の暴風」と呼ばれるような想像を絶する激しい地上戦が行われました。美しい自然や貴重な文化遺産が容赦なく...
2020-06-24 15:26:55
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144035.html

国立沖縄戦没者墓園で礼拝式 玉城知事が献花
 新型コロナウイルスの影響で沖縄全戦没者追悼式の会場として一時決まり、その後撤回された国立沖縄戦没者墓苑で、県は23日午前、拝礼式を執り行った=写真。県からは名渡山晶子子ども生活福祉部長が出席し、玉城デニー知事の拝礼の言葉を代読した。玉城知事は拝礼式後に訪れ、献花した。  国立墓苑を巡っては、沖縄...

2020-06-24 15:20:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144030.html

陸上自衛隊員が黎明之塔を参拝 第32軍司令官を弔う
 陸上自衛隊第15旅団の佐藤真旅団長らは23日午前5時ごろ、糸満市摩文仁の平和祈念公園内にある「黎明(れいめい)之塔」を制服姿で訪れた=写真。隊員約30人が同行した。塔は沖縄戦当時の第32軍の牛島満司令官や長勇参謀長を弔う。一行はその後、一般戦没者を追悼する「しづたまの碑」、沖縄戦没者の遺骨を納...

2020-06-24 15:15:52
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144031.html

【全文】田上富久長崎市長あいさつ「平和主義は不変の真理」(2020年6月23日慰霊の日)
 戦後75年の節目となる今年、令和2年沖縄全戦没者追悼式が執り行われるにあたり、被爆地長崎から、長崎市民を代表して、謹んで哀悼の言葉を申し上げます。  沖縄県は、先の大戦において、住民を巻き込んだ苛烈な地上戦の場となり、多くの尊い命がその犠牲となりました。その惨禍を乗り越え、県民力を合わせて郷土を...
2020-06-24 15:14:12
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144033.html

「線香だけはあげたい」 マラリアで亡くなった弟らしのぶ
 毎年、慰霊の日に平和の礎を訪れる佐藤和子さん(88)=那覇市=は今年、新型コロナウイルスの影響で行くかどうか迷ったという。それでも「線香だけはあげたい」と訪れた。  石垣市出身の佐藤さんは、戦争中は自宅近くに掘った壕に一家で避難していた。壕ではマラリアで弟2人と祖母を亡くした。兄は兵隊で中国へ出...

2020-06-24 15:13:54
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144034.html

コロナ禍で迷ったけど「今日行かないと家族に会えない」 今年も平和の礎へ
 「今日行かないと家族に会えない」。名護市の小学5年生、玉城百恵佳さん(10)は曽祖母らの名前が刻まれた平和の礎を家族4人で訪ねた。父充博さん(58)と母恵理子さん(43)はコロナ禍での外出を控えようと「今年は家で手を合わせようか」と提案したが、百恵佳さんの言葉に後押しされ、今年も大切な日を礎の...

2020-06-24 15:06:48
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144032.html

【全文】松井一実広島市長あいさつ「原爆や戦争ない世界に」(2020年6月23日慰霊の日)
 本日、令和2年沖縄全戦没者追悼式が執り行われるに当たり、広島市民を代表して、犠牲になられた方々のみ霊に謹んで追悼の言葉を述べさせていただきます。  ここ沖縄は、先の大戦で、国内で最大の地上戦が繰り広げられ、お年寄りから子どもまで数多くの尊い命が奪われました。戦禍の犠牲となられた方々の御無念とご遺...
2020-06-24 15:04:49
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144026.html

学生や子育て世帯に給付 嘉手納町が独自支援
 【嘉手納】新型コロナウイルスに関する緊急経済対策として嘉手納町は、町出身で県外の短大や大学、専門学校に通う学生1人当たり5万円、県内の町出身学生に3万円を給付する独自支援を決めた。飲食業支援事業として、町内各世帯に町内の飲食店で使える商品券2千円も配布する。15日の町議会本会議で新型コロナ対策...
2020-06-24 14:59:40
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144017.html

港川ハーレーが中止 新型コロナの影響で
 【八重瀬】八重瀬町の港川ハーレー実行委員会は19日までに、新型コロナウイルス感染防止のため港川ハーレーを中止することを決めた。旧暦5月4日のユッカヌヒーにあたる24日に御願バーレーのみ実施する。  親善ハーレーや職域ハーレー、港川ハーレー恒例の「奉納全島角力大会」などは中止とした。
2020-06-24 14:53:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144016.html

91歳の元二高女生徒、今年も千羽鶴「せめてもの供養に」 白梅之塔
 元県立第二高等女学校の生徒だった岸本瑞江さん(91)=那覇市=は「白梅学徒隊」として、沖縄戦で犠牲になった同窓生らを追悼しようと、白梅之塔の慰霊祭で千羽鶴を贈った。千羽鶴の作成に加わった同窓生の武村豊さん(91)=同=と共に「安らかに眠ってほしい」と祈りをささげた。  沖縄戦当時、同学校の4年生...

2020-06-24 14:50:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144015.html

世界最大のフルーツ、なっています 東南植物楽園のパラミツ、成長中
 【沖縄】沖縄市の東南植物楽園(宮里高明園長)でクワ科の植物パラミツの実がなっている。同園によるとパラミツは「世界最大の果実」と言われ、同園で鑑賞できる最も大きな実は30センチほどに成長している。  スタッフは「どこまで大きく育ってくれるのか楽しみだ。巨大フルーツの姿を楽しんでほしい」と呼び掛けて...

2020-06-24 14:48:06
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1144014.html

【追悼式あいさつ】新里米吉沖縄県議会議長「戦争の教訓を風化させない」
 全ての犠牲者のみ霊に謹んで哀悼の誠をささげるとともに、ご遺族の皆さまに心から哀惜の意を表する。摩文仁の丘で風を感じ過ぎし75年前に思いをはせると、戦場に倒れた多くの人々の嘆き悲しみが時空を超えて私の胸へと運ばれてくる。  沖縄には今もなお広大な米軍基地が存在し、度重なる事件・事故により県民は苦し...

2020-06-24 12:08:16
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1143958.html

【追悼式あいさつ】宮城篤正県遺族連合会長「行進中止は断腸の思い」
 今年も「慰霊の日」が巡ってきた。戦没者諸霊は、沖縄戦および外地において、祖国の安泰を願い、家族を案じつつ、ついに尊い生命を祖国のためにささげられた。今、霊前に立ち、在りし日をしのび、諸霊に対する追慕の情は、さらに深く、新たなる痛恨の念が胸に迫ってくることを禁じ得ない。  顧みれば、私たち戦没者...

2020-06-24 12:06:42
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1143957.html

【深掘り】「国との対決色薄まった」平和宣言、知事の意図は?
 戦後75年の「慰霊の日」となった23日、玉城デニー知事は平和宣言で世界平和と不戦を誓った。昨年より対話を重視する「デニー色」を強め、米軍基地問題を巡る政府との対決姿勢は薄まった。ビデオメッセージを送った安倍晋三首相は、政府として強行している名護市辺野古の新基地建設には触れずに基地負担軽減の「成果」...

2020-06-24 12:01:26
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1143952.html

コロナ禍の不安で睡眠に影響も…専門家語る“快眠メソッド”
「新型コロナウイルスの影響により、先行きが見えない不安で眠れなくなった、睡眠のリズムが狂った、運動不足になったなど、ここ数カ月の急激な状況の変化が多くの人の睡眠に影響しているようです」 こう話すのは、睡眠コンサルタントの友野なおさんだ。 「特に、中高年の女性は、家事の負担が増えています。その結果と...

2020-06-24 12:00:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1143903.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会