沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

首相「辺野古移設が唯一の解決策」 イージス停止しても見解換えず
 【東京】安倍晋三首相は19日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画がコストと期間を理由に停止したことに絡み、米軍普天間飛行場移設に伴う辺野古新基地建設も同様の問題から停止すべきだとの県内の声について「普天間飛行場の固定化は絶対に避けなければならない。辺野古移設が唯一の解決策だ...

2020-06-20 18:23:53
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142235.html

米軍普天閒飛行場を既存基地に仮移設を 自民県連青年部が前倒し閉鎖を防衛省へ要請
 【東京】自民党県連青年部の奥間亮部長(那覇市議)らは19日、防衛省で山本朋広防衛副大臣と面談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設が完了するまでの間、同飛行場を別の既存基地へ「仮移設」し、前倒しで閉鎖するよう要請した。  対応した山本氏は「当然12年の間、我々が何もしないことはあり得ない。移設完...

2020-06-20 18:23:16
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142234.html

先島陸自に配備予定の地対艦ミサイル ブースター「どこに落ちる」 野党国会議員懇談会で質疑集中
 【東京】野党国会議員でつくる「沖縄等米軍基地問題議員懇談会」が19日、国会内であり、宮古島や石垣島に配備される陸上自衛隊の「12式地対艦ミサイル」に関し質疑が相次いだ。ミサイルに、発射後に切り離される「ブースター」と呼ばれる推進補助装置が付いているためだ。防衛省や防衛装備庁の担当者は市街地から...

2020-06-20 18:12:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142230.html

サンゴ移植巡る係争委判断 農水省指示の問題点を回避 県の指摘を議論せず〈記者解説〉
 名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴ類の移植許可を巡る審査で国地方係争処理委員会が県の主張を退けたのは、2013年の埋め立て承認は有効であるとの前提に立つからだ。有効である以上、護岸の造成工事ができるのだから、避難措置としてサンゴ移植の必要性があるというものだ。結論の内実は、県の対応に関する問...

2020-06-20 18:09:54
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142229.html

嘉手納基地駐機場整備、文化財調査などで2カ月遅れ 騒音など被害長期化避けられず
 【中部】米空軍が嘉手納基地内で進める、第353特殊作戦群の駐機場エリアの拡張工事が、文化財調査の影響で当初計画より約2カ月遅れていることが19日、分かった。米軍は2019年2月上旬に着工し、工期は約2年としていたが、琉球新報の取材に21年4月ごろまでずれ込むことを明らかにした。工事の期間中、民...

2020-06-20 18:07:09
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142228.html

32壕公開の意義 「軍は住民守らぬ」の教訓継承 小那覇安剛編集局写真映像部長・編集委員 〈特別評論〉
 沖縄戦体験者の多くは特定の場所と結びつけて自らの体験を語る。住民が隠れた自然壕(ガマ)や防空壕、墓、日本軍陣地、集落近くの山などである。それは必ずしも地図に明示されているわけではない。体験者の記憶に刻まれており、戦後の証言に基づき、県史や市町村史誌や字・区誌に記録されてきた。中には沖縄戦体験を...

2020-06-20 18:02:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142225.html

沖電工常務に山城、久保、森岡氏 3月期売上高は207億円
 沖縄電力グループの沖電工(大嶺克成社長)は19日、那覇市の本社で株主総会と取締役会を開き、取締役の山城邦夫氏(58)、久保正光氏(57)、森岡修治氏(55)の3人が常務に昇任する役員人事を決めた。常務は4人体制となった。大嶺社長らその他の役員は留任した。  増収減益の2020年3月期決算は、電力...

2020-06-20 18:00:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142226.html

リウコム専務に當山氏、取締役に金城氏 売上高は33億で最高
 リウコム(宜保諭社長)は19日、前金融ソリューション部長の當山篤氏(58)が専務に、金融システム第一部長の金城聡氏(56)が取締役に就任した。同日の株主総会と取締役会で決めた。2020年3月期決算は、売上高が前期比0・9%増の33億8800万円、経常利益は同31・5%増の3億4千万円、純利益は...

2020-06-20 17:54:02
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142216.html

沖縄県が342億円の4次補正案 コロナ対策で中小企業も支援、一律10万円
 沖縄県は19日、新型コロナウイルス感染症対策を柱とする総額342億7470万円余の2020年度一般会計補正予算案を発表した。30日に開会予定の県議会6月定例会に提案する。本年度4度目となる補正予算案には、これまで支援対象外だった県内の中小企業などにも対象を広げ、売り上げが減少した事業者に一律1...

2020-06-20 17:51:48
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142215.html

沖縄県信漁連会長に池田氏、専務に浦崎氏 決算は増収増益
 県信用漁業協同組合連合会(JF沖縄信漁連)は19日、那覇市の水産会館で通常総会と理事会を開いた。任期満了に伴う役員改選で、沖縄市漁協組合長の池田博氏(75)が新会長に決まった。専務には、信漁連総務部長の浦崎政伸氏(52)が就いた。会長の渡真利一夫氏(66)、専務の上地柾廣氏(62)は退任した。...

2020-06-20 17:39:35
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142200.html

死を覚悟、恩納岳へ避難 大城強さん 捕らわれた日(8)〈読者と刻む沖縄戦〉
 1945年4月1日、米軍が本島中部西海岸に上陸します。大城強さん(82)=読谷村=ら一家10人は恩納村恩納集落近くの壕に逃げました。その後、恩納岳へ避難します。  日本軍は米軍の進攻を阻むため集落近くの橋を破壊しましたが、米軍はただちに修復し、北部への進攻を続けました。日米両軍の力の差を見せつけ...

2020-06-20 17:34:08
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142199.html

糸満市真栄里の伝統の大綱引き、コロナで中止
 【糸満】10月4日開催予定だった、450年の歴史を誇る糸満市の真栄里大綱引きの中止が決定した。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、区民が集まっての綱作りも困難なことから、5月27日に東西の実行役員が中止を決断した。  旧暦8月16日に開催されてきた真栄里の綱引きは、平日だと参加できない区民が多...

2020-06-20 17:23:27
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142198.html

浦添市の前田高地 険しい崖をめぐって戦闘 半数超える地域住民が犠牲に<記者が歩く戦場の爪痕>
 浦添の街が一望できる浦添城址がある前田高地。1945年4月25日から5月6日まで、日本軍と米軍の激しい戦闘が繰り広げられた。2016年公開の米映画「ハクソー・リッジ」はその戦闘を描いている。うらおそい歴史ガイド友の会の古波蔵豊さん(71)の案内で同地を訪れた。  映画では米兵が縄ばしごを掛け、...

2020-06-20 17:16:16
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142191.html

「現場活動に役立てて」 石川署へマスク120枚贈る うるま市石川東山区自治会
 うるま市石川東山区自治会は11日、石川署を訪れ、署員の日々の業務に役立ててほしいと手作りマスク120枚を寄贈した。内訳は制服にも合うブルーのマスク100枚と花柄のマスク20枚。  池原トモ子自治会長=写真左=は「新型コロナウイルスに備えて署員の現場活動に役立てほしい」と話した。城間武署長=同右=...

2020-06-20 16:43:21
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142185.html

手作りのマスク、沖縄市内保育所へ贈る 市の「つくる・つながる・マスクProject」
 【沖縄】沖縄市は市民と市職員が一緒に取り組む「つくる・つながる・マスクproject」で集めた布マスク5081枚と、沖縄のユーチューバー「ハイサイ探偵団」から寄贈されたマスク1500枚の贈呈式を9日、沖縄市役所で開いた=写真。マスクは市内の保育所へ配布される。  沖縄市私立保育連盟の金城キヨ子会...

2020-06-20 16:35:53
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142179.html

無理心中か、76歳男性の遺体、南風原町の民家で見つかる 同居人も意識不明
 18日午後7時すぎ、南風原町津嘉山の民家で、この家に住む無職の男性76歳がベッドで心肺停止の状態で発見され、司法解剖の結果、死因は頸部圧迫による窒息死と判明した。同日、男性と同居する家族の1人が別室で意識不明の状態で発見されており、県警は無理心中の可能性があるとみて、捜査を続けている。  与那原署...

2020-06-20 16:27:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142178.html

沖縄と秋田を題材に日本の軍事強化描く 湯本監督が映画「沖縄と本土」の完成上映会
 【東京】米軍ヘリの部品が落下した緑ヶ丘保育園や名護市辺野古の新基地建設現場、石垣島の陸上自衛隊基地建設、地上イージス配備で揺れた秋田県をたどったドキュメンタリー映画「沖縄と本土 一緒に闘う」(湯本雅典監督)の完成上映会が18日夜、東京都の東京ボランティア市民活動センターであった。  玉城デニー知...

2020-06-20 14:34:22
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1142107.html

児童らつなぐ創作組踊「糸蒲の縁」 中城村の保存会が塾の開講式
 【中城】中城村の南上原組踊保存会(仲座包子(かねこ)会長)による組踊塾の開講式が11日、同村の南上原公民館で開かれた。昨年、日本ユネスコ協会連盟の未来遺産に登録された創作組踊「糸蒲(いとかま)の縁」上演に向け、子ども25人と大人13人が稽古に挑む。継承発展の目的もある。  本年度の子ども塾は5期生で、...

2020-06-20 14:29:17
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141922.html

「ぬちぐすいーと」初出荷が終了 今帰仁のブランドスイカ、設定目標を達成
 【今帰仁】JAおきなわ今帰仁支店スイカ生産部会の新ブランド「ぬちぐすいーと」が好評のうちに出荷終了となった。今帰仁村商工会と同生産部会で出荷反省会を12日に村商工会で開いた。  「ぬちぐすいーと」は今帰仁村のふるさと納税の返礼品として今年初めて出荷された。  島袋松男村商工会会長は「初年度の出荷目標...

2020-06-20 14:11:40
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141924.html

写真家・平敷兼七を発信 社会の影写した父に思い 美容師・平敷兼七ギャラリー代表・平敷七海さん 藤井誠二の沖縄ひと物語(15)
 写真家・平敷兼七さんの『山羊の肺』(2007年)という写真集が大好きで、とくに1960~70年代に撮られた当時の沖縄の「職業婦人」、つまり売買春で身を立てている、社会の辺縁に生きる女性たちや、彼女たちが暮らす街を切り取ったモノクロ作品の数々を食い入るように私は見ていた。静謐(せいひつ)だけど生々しい。完...

2020-06-20 14:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1140269.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会