沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

「温暖化防止コミュニケーター」沖国大生4人が取得 地域に環境伝えたい
 沖縄国際大学4年の平良成輝(ないき)さん(21)と大城祥司(じょうじ)さん(21)、2年の宮城佑香さん(19)、齋藤星耕准教授の4人はこのほど、地球温暖化や気候変動問題について分かりやすく伝える、環境省の地球温暖化防止コミュニケーターの資格を取得した。環境問題を学ぶ中で興味を持ち、若い世代の伝...

2020-06-19 18:55:41
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141637.html

来年度卒業者へ就活イベント 県内主要企業がオンライン発信 22日まで予約
 企業の採用活動のアウトソーシングに取り組む企業、人事の味方(那覇市、進藤雅文社長)は27日、主に2022年卒の学生に向けたオンライン企業・業界研究イベント「1デイ・オンライン・キャリアスクール・オキナワ」を開催する。県内主要企業が参加し、オンラインで学生に情報を発信する。新型コロナウイルスの影...

2020-06-19 18:45:45
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141635.html

沖縄に合う製造業は? 内閣府が8月から調査 特区見直しにも活用
 【東京】製造業が占める割合が低い沖縄の産業構造改善を目的に、内閣府は沖縄に適した製造業を模索する調査事業を8月から始める。新型コロナウイルスの影響で観光業を中心に経済が打撃を受ける中、比較的所得が安定する製造業の立地促進策を検討する。調査結果は、沖縄の特区・地域制度の見直しに活用することも視野...

2020-06-19 18:35:40
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141627.html

辺野古サンゴ移植許可、沖縄県の申し出退ける 係争委「農水省指示は違法でない」
 【東京】沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、サンゴ類の移植を沖縄防衛局に許可するよう県に指示した農林水産省の対応の適法性を審査する国地方係争処理委員会の6回目の会合が19日午後、総務省で行われ、沖縄県の申し出を退ける判断を下した。  会合後の会見で富越和厚委員長は「農水相による是正の指示は違法...

2020-06-19 18:30:08
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141742.html

琉球海運3月期は増収減益 売り上げ最高の224億円
 琉球海運(那覇市、宮城茂社長)は18日、株主総会を開き、増収減益の2020年3月期決算を承認した。昨年10月に完成したRKK中城総合物流センターなどの賃貸収入があったことで、売上高は前期比3・3%増の224億7900万円と過去最高を記録した。  費用面は船の購入に伴う人件費や燃料費、減価償却費の...

2020-06-19 18:25:39
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141626.html

モノレール今期は赤字見通し 3月期は増収減益
 沖縄都市モノレール(美里義雅社長)は18日、株主総会を那覇市のホテルサンパレス球陽館で開き、増収減益の2020年3月期決算を承認した。  新型コロナウイルス感染症の影響で、今期は赤字の見通しであることを報告した。1日平均の乗客数は4、5月が2万人程度に減少。6月は3万人に回復しているが、前年に比...

2020-06-19 18:13:45
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141613.html

JTB旅館ホテル連盟 沖縄支部会長に平良朝敬氏
 JTBと契約する県内のホテル、旅館など140施設で構成されるJTB協定旅館ホテル連盟沖縄支部連合会の新会長に、かりゆしグループオーナー会長の平良朝敬氏(65)が就任した。3月末に退任した當山智士氏の後任となる。  2日の役員会で推薦、承認され、15日の総会で決定した。平良氏は2015年から4年間...

2020-06-19 18:04:08
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141598.html

まんがで伝える沖縄戦 「震える少女」の物語(後編)
R1…米軍の収容所 沖縄本島や周辺離島に上陸した米軍は住民を収容し、各地に設けた収容地区に送った。収容地区で暮らす住民は45年8月末までに33万4千人を数えた。住民は戦闘に巻き込まれる危険性から逃れたがマラリアや食料不足に苦しんだ。住民が収容地区にいる間、米軍が土地を接収し、基地の建設を進めた...

2020-06-19 18:00:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1141655.html

まんがで伝える沖縄戦 「震える少女」の物語(前編)
R1…慰霊の日 沖縄戦を戦った日本軍・第32軍の牛島満司令官と長勇参謀長が1945年6月23日に糸満市摩文仁で自決し、日本軍の組織的戦争が終わったとされる日(自決したのは22日という説もある)。県は、この日を県民の休日とする「慰霊の日」と定めている。毎年、摩文仁の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」...

2020-06-19 18:00:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1141653.html

社民、社大の統一会派は「沖縄・平和」に 同名団体あり変更
 社民党や社大党の県議らで構成する県議会与党会派の「沖縄平和ネットワーク」は18日、会派名を「沖縄・平和」に変更することを決め、議会事務局に届け出た。  外部からの指摘で県内に同じ名称の市民団体が存在していることが判明したため、名称を変更した。会派長は引き続き仲村未央氏が担う。  同名の市民団体は...
2020-06-19 17:53:32
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141596.html

県の幹部会議、議事概要も作成されず 庁議は作成 ちぐはぐ対応
 県には政策決定に至るプロセスを記録する基準がなく、玉城県政の重要政策の判断を補佐するため、毎週月曜に三役や一部の部長らが出席する幹部会議では議事概要も作成されていない。一方、幹部会議と同様の内規「県政運営会議設置規定」に基づき設置された庁議は、県政運営の方針を決定するため議事概要が作成されてい...

2020-06-19 17:40:46
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141588.html

日本軍応戦知り壕に避難 大城強さん 捕らわれた日(7)<読者と刻む沖縄戦> 
 読谷村楚辺に住む大城強さん(82)から、恩納村での体験記が届きました。恩納岳をさまよった末、自ら家族がいる石川の収容地区へ向かいます。     ◇    ◇  大城さんは1938年2月、恩納村恩納で生まれました。7人きょうだいの4番目です。父の保光さんは戦前、村収入役や助役を務めていました。  44年8月、...

2020-06-19 17:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141636.html

戦争の恐怖、トラウマに 比嘉由照さん 捕らわれた日(6)<読者と刻む沖縄戦> 
 叔父の呼び掛けに応じ、軍に捕らわれた比嘉由照さん(82)=八重瀬町=らは、しばらく知念村(現南城市知念)具志堅にとどまり、その後、玉城村(現南城市玉城)仲村渠に戻ります。  戦後、母ハルさんと戦争中のことを語り合ったといいます。壕を追い出され、日本軍と決別したことが生死の分かれ目になったとハルさん...

2020-06-19 16:45:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141634.html

多良間村で伝統スツウプナカ コロナで簡素化 「暁の願い」で地域の繁栄祈る
 【多良間】多良間村の伝統行事「スツウプナカ(節祭)」が18日、村内で行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年は簡素化して神事の「暁の願い(アカツキノニガイ)」のみが執り行われ、豊年と地域の繁栄を願った。  スツウプナカは、国指定重要無形民俗文化財「八月踊り」とともに多良間村の二大行事の...

2020-06-19 16:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141614.html

不発弾処理、20日に那覇市小禄で 工事で発見 150人避難対象
 5月に那覇市小禄の住宅工事現場で発見された米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理が、20日午前10時から行われる。  処理現場から半径88メートル内に住む約150人が避難対象。避難所は小禄小学校体育館。避難対象区域内と周辺道路で同9時50分から交通規制される。  同11時に処理が終わる予定。

2020-06-19 15:46:54
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141612.html

3日連続で200台超え 辺野古新基地へ資材搬入車
 【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は18日、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部の埋め立て工事を進めた。  資材を積んだ計257台の工事車両が、シュワブ内に入った。200台を超える資材搬入は3日連続。  名護市安和の琉球セメント桟橋前は土砂搬出の作業があったが、本部町の本部港塩川地区では海...

2020-06-19 15:40:21
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141597.html

奉安殿・忠魂碑(沖縄市) 皇民化の象徴、残る威圧感 菊花紋には弾痕か<記者が歩く戦場の爪痕>
 沖縄市知花、住宅街の間にある芝生の上に、高さ約4メートルの鉄筋コンクリートの建造物がある。戦前、美里国民学校の敷地にあった奉安殿だ。天皇・皇后両陛下の御真影(ごしんえい)(写真)を保管していた。正面の扉などの一部を除き、戦前の姿を残している。正面上部に銅製の菊花紋が鈍い光を放つが、下半分は破損...

2020-06-19 15:31:25
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141581.html

岩国所属FA18が嘉手納基地飛来 夜間訓練で騒音に懸念
 【中部】米軍嘉手納基地に18日午後4時50分ごろ、米軍岩国基地(山口県)からFA18Dホーネット戦闘攻撃機2機が飛来した。飛来の目的は不明。 嘉手納基地では15日から夜間訓練も行われており、騒音の増加が懸念される。今月11、12日にも2日連続で岩国基地から複数のFA18が飛来している。

2020-06-19 15:22:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141587.html

新沖縄振計にSDGs反映 沖縄県が8月有識者意見を集約
 全庁を挙げて持続可能な開発目標(SDGs)の取り組みを進める県SDGs推進本部(本部長・玉城デニー知事)の2020年度第1回会合が18日、県庁で開催された。  県が策定を目指す22年度からの新たな沖縄振興計画にSDGsの考え方を盛り込むことを踏まえ、新振計の骨子案に反映させるため、8月までに県の有識者会議の意見を取...

2020-06-19 14:13:32
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141571.html

辺野古新基地工費、16年度以降総額2025億円を支出 19年度が最多554億円
 逮捕された前法相で衆院議員の河井克行容疑者は、2013年の衆院外務委員長時代に米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、建設推進の「黒子役」として動いた。  仲井真県政下だった13年当時、自民県連は辺野古への移設に「反対」の立場を表明しており、同年7月の参院選で普天間飛行場の地域版公約...
2020-06-19 13:56:06
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1141560.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会