沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

叔父が投降呼び掛け 比嘉由照さん 捕らわれた日(4)<読者と刻む沖縄戦> 
 1945年5月下旬、比嘉由照さん(82)らは日本軍の命令で、避難していた玉城村(現南城市玉城)垣花の自然壕シチナクブを追われました。比嘉さんらは戦場に投げ出されます。  壕を出た同じ門中の3世帯は共に行動しましたが、叔父とは途中ではぐれてしまいます。比嘉さん、母ハルさん、祖母カマさん、弟盛徳さんの4人...

2020-06-16 15:16:13
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139662.html

人材派遣センターオキナワ 島袋取締役が常務に就任
 人材派遣センターオキナワ(那覇市)は15日、取締役営業部長の島袋淳氏(54)が常務に昇任する役員人事を発表した。22日の株主総会と取締役会で正式に決定される。  社外取締役にリウコム常務の安里政哉氏(58)が就き、社外監査役には琉球銀行人事部長の菊地毅氏(52)が就任する。  社外取締役の宮里勝美氏(60)...

2020-06-16 15:15:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139654.html

解雇・雇い止め見込み38人増 非正規は28人 沖縄労働局
 沖縄労働局は15日、解雇や雇い止めが見込まれる労働者を6日から12日までに38人確認したと発表した。雇用形態別に見ると、正規が10人に対し、非正規は2倍以上の28人だった。業種は製造業、自動車整備、ビルの清掃、管理などで多い。  集計を始めた2月から合計すると、県内で解雇や雇い止めが見込まれる労...

2020-06-16 15:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139563.html

海水浴の男性が死亡 沖縄・宮古島市
 14日午後5時24分ごろ、沖縄県宮古島市の新城海岸で「心肺停止の者がいる」などの通報が消防を介し、第11管区海上保安本部にあった。ブラジル国籍の男性(37)が約50メートル沖で、心肺停止のまま浮いた状態で発見された。14日午後6時29分、搬送先の病院で死亡が確認された。

2020-06-16 14:56:39
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139656.html

県レンタカー協会長に白石氏 2度目の就任、副会長には三木、崎原氏
 沖縄県レンタカー協会は12日に通常総会を開き、ニッポンレンタカー琉球(那覇市)特別顧問の白石武博氏が新会長に就任した。  副会長はスカイレンタカーの三木啓司社長、トヨタレンタリース沖縄の崎原吏副社長が務める。野原朝貞前会長は顧問に就いた。  白石氏は2006年6月~18年5月に会長を務めており、2度目の...

2020-06-16 14:45:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139642.html

新人警察官「慰霊碑周辺を清掃 糸満市の「島守の塔」
 沖縄県警察学校(砂川淳校長)の初任科長期課程の39人と職員らは15日、糸満市摩文仁の「島守の塔」を訪れ、黙とうをささげた後に慰霊碑周辺の清掃活動を行った。  県警察学校では、沖縄の歴史認識を深める目的で、一般教養の講義などを通し悲惨な沖縄戦の教訓を伝えている。警察学校生らは照り付ける日差しの下、地面...

2020-06-16 14:44:18
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139653.html

援護法が「生きた証し」の壁に 国が戸籍修正認めず、ゆがむ沖縄戦の本質<「戦争死」に向き合う>⑤
 沖縄戦の全戦没者を刻銘する「平和の礎」が建設された1995年、石原絹子さん(83)=那覇市首里真和志町=は県援護課に遺族として名乗り出た。沖縄戦で命を奪われた2人の妹が生きた証しを残したい。ただ、それだけだった。沖縄戦の混乱の中、妹たちの戸籍はなかった。そのことを説明すると、担当者が返した。「援護法が...

2020-06-16 14:42:29
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139641.html

県内企業のロシア展開などを支援 沖銀がRCGと連携協定
 沖縄銀行(山城正保頭取)は15日、県内企業の海外展開支援を目的に、コンサルタントのRCG(東京、天間幸生社長)との包括的連携協力を発表した。RCGの持つパイプを生かし、ロシアなど海外への販路拡大を図る。16日に協定書を締結する。  RCGの天間社長は、北海道銀行から出向して地域密着型商社の北海道総合...

2020-06-16 14:30:02
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139639.html

嘉手納「2番地」再開発 基地に追われ住み着いた地 高齢の住民に転居の不安
 【嘉手納】嘉手納町の「2番地地区」は戦後、居住地として最初に開放された場所で、米軍嘉手納基地に土地を奪われた住民が集まり、町を形成した。「これもまた、戦争被害の一つ。基地あるがゆえに起きた問題だ」。地権者の一人で、2番地地区まちづくり協議会会長の真喜屋清さん(81)と妻・博子さん(67)は、戦後75年...

2020-06-16 14:21:17
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139640.html

赤瓦製造が寄付金使途の第一候補 首里城復興で県が初会合
 昨年10月に焼失した首里城の再建に向け今年5月に発足した沖縄県の首里城復旧・復興推進本部(本部長・玉城デニー知事)の初会合が15日、県庁で開かれ、本年度中に公表予定の首里城復興基本計画の策定に向けてスケジュールが話し合われた。  計画策定に向けて県では再発防止検討委員会で議論が進められており、9月ご...

2020-06-16 14:15:34
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139632.html

森川公園内湧水が1リットル当たり83ナノグラム 大謝名橋上流200メートル地点は指針値以下 沖縄県が調査地点で訂正
 米軍普天間飛行場で4月に発生した泡消火剤の流出事故で沖縄県環境部は15日、今月5日に公表した同基地周辺河川や湧き水の水質調査の結果を訂正した。  有害性が指摘される有機フッ素化合物のPFOSとPFOAの合計値について、今月5日の発表では「大謝名橋上流200メートル」の地点で1リットル当たり83ナノグラム検出され、...
2020-06-16 14:12:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139636.html

平良海馬 雄星の背中に学び、一皮むけた20歳右腕 狙う防御率2点台<プロ野球開幕、期待の県勢>
 埼玉西武入団3年目の平良海馬(20歳、八重山商工出)。昨季7月にプロ初登板を果たし、26試合に出場。防御率3・38とまずまずの成績を残すなど、急成長を遂げている。プロ入り後、体重を10キロ増やしてパワーをつけたこともあり、強みの直球は高校時代の最速152キロから158キロに上がった。「開幕後に元気な姿を見せられ...

2020-06-16 13:40:23
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139628.html

北谷基地跡地廃棄物問題 「密室」で補償施策を決定 黒塗り開示で協議内容は不透明
 北谷町上勢頭の米軍基地返還跡地で地中からダイオキシンを含む廃棄物が発見された問題で、町と沖縄防衛局は補償について協議を重ねてきた。インフォームド・パブリック・プロジェクト(IPP)の河村雅美代表が防衛局から入手した資料で協議の経過が読み取れる。ただ、補償を巡る具体的な協議内容はほとんど黒塗りで、開...

2020-06-16 13:09:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139616.html

クマヤーガマ(北谷) 数百人避難「砂辺の守り神」 暗闇を抜け広がる空に安堵<記者が歩く戦場の爪痕>
 特攻艇秘匿壕に続き訪れたのが、北谷町砂辺の「クマヤーガマ」だ。  那覇市を中心に沖縄の島々が米軍の大空襲を受けた1944年10月10日、北谷村(当時)砂辺の住民は集落内にある自然壕「クマヤーガマ」に逃げ込んだ。ガマは石灰岩台地が浸食されてできた鍾乳洞で全長は約40メートルあった。「砂辺部落の人々の命の守り...

2020-06-16 12:48:49
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139601.html

元WHO委員危惧する強毒化…増殖力に270倍差の実験結果も
「世間では第2波と騒がれていますが、現状でいえばまだ第1波が続いているという認識です。これから第2波到来となれば、ウイルスが“強毒化”していく可能性は十分あります」と警鐘を鳴らすのは、NPO法人「医療ガバナンス研究所」理事長の上昌広氏だ。 全国で緊急事態宣言が解除されたものの、東京都や北九州市...

2020-06-16 12:30:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1139600.html

【写真特集と動画】首里城「見せる復興」焼失から220日後の現状
 昨年10月31日の焼失から7カ月余り。首里城の正殿跡や正殿地下遺構の有料区域の一般公開が今月12日から始まった。  首里城公園管理センターは「見せる復興」へと新たな見学コースを設定。正殿の遺構は復元工事が始まるまでの限定的な公開となっている。焼失から220日となった11日、一般公開前日の首里城有料区域の現状...

2020-06-16 12:21:55
https://ryukyushimpo.jp/movie/entry-1139588.html

沖縄のコロナ感染ゼロ47日連続 4人にPCR検査
 沖縄県は16日、新型コロナウイルス検査の結果、新たな感染者は確認されなかったと発表した。4人をPCR検査した。感染者ゼロは5月1日以降47日連続となった。【琉球新報電子版】

2020-06-16 11:59:04
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139583.html

FC琉球 ホーム初戦は7月28日、アビスパ福岡と
 Jリーグは15日、新型コロナウイルスで中断していた各公式戦の再開後の日程を発表し、7月4日に一斉再開するJ1では、昨季覇者の横浜Mが敵地で浦和と対戦する。J2は6月27日が再開初戦で、FC琉球は第2節2日目の28日、アビスパ福岡とタピック県総ひやごんスタジアムで今季最初のホーム戦を行う。  そのほかJ2は、大久保が...

2020-06-16 11:55:48
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139582.html

移動自粛解除伴い空港に看護師 観光客の健康確認で常駐化 県など最終行動計画を決定
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う沖縄県外と沖縄との間の移動自粛が19日で全面解除となるのを前に、県は15日、県医師会や観光関連17団体が参加した「新型コロナウイルスに負けない安全・安心な観光地づくりに関する対策会議」の第4回会合を、那覇市の沖縄産業支援センターで開いた。観光客の受け入れ再開に向けた県や...

2020-06-16 11:54:52
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139577.html

玉城知事「辺野古の方がより無駄」 停止のイージス・アショア計画と対比し疑問
 玉城デニー知事は16日午前、沖縄県庁で記者団に応じ、15日に公表された地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の秋田、山口両県への配備計画停止について「コストと期間を考えたら辺野古の方がより無駄な工事ではないか」と米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設を進める国の姿勢に改めて疑...

2020-06-16 11:48:36
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1139576.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会