沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

沖縄振興公庫が劣後ローン新制度 事業規模1兆1555億円、2次補正成立を受け
 新型コロナウイルス対策を盛り込んだ国の2020年度第2次補正予算の成立を受け、沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は12日、新たな制度として、通常融資より返済順位が低く、資本として見なすことができる「資本性劣後ローン」の創設を発表した。  第2次補正で6155億円が追加措置され、沖縄公庫の事業...
2020-06-13 17:47:54
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138385.html

日本軍、県民の行動を監視 比嘉由照さん 捕らわれた日(2)<読者と刻む沖縄戦>
 1945年3月末、米軍の空襲と艦砲射撃が始まります。玉城村(現南城市玉城)仲村渠で暮らしていた比嘉由照さん(82)=八重瀬町=は母、祖母、2歳の弟と共に隣集落の垣花にある壕シチナクブに向かいます。  「黒っぽい風呂敷にいろんなものを詰めて、ガマまで担いで行きました」と由照さんは語ります。  その...

2020-06-13 17:42:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138383.html

宮古地区も中体連大会を開催 12競技、7月23日から
 新型コロナウイルスの影響による県中学校総合体育大会の中止を受け、宮古地区中学校体育連盟は12日、臨時の評議員会を開き、7月23~26日に地区大会を開催すると決めた。空手道については8月2日に開催予定で、計12競技を行う。開催を正式に決めたのは5地区目で、残る島尻地区は17日にも最終判断する見通...
2020-06-13 17:36:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138375.html

オスプレイ3日連続の夜間飛行 午後11時前後「騒々しい工場」並み
 【宜野湾】米軍普天間飛行場で垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが11日、航空機騒音規制措置(騒音防止協定)の時間外である午後10時~11時半すぎまで飛行した。80~90デシベル台の騒音が発生し、宜野湾市民から「上空を飛んで、やかましくて眠れない」など9件の苦情が相次いだ。午後10時以降の夜間飛...

2020-06-13 17:33:11
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138374.html

児童手当553万円を別口座に振り込み 中城村の委託業者、68人分ミス
 【中城】中城村が児童手当を指定口座以外に誤って振り込んだことが12日、分かった。同村がホームページ(HP)で発表した。児童手当の対象1965人のうち68人分、総額553万5千円が指定外の口座に振り込まれた。  村の担当者によると、支給処理を行うコンピューターシステムを新システムに移行する際に、委...
2020-06-13 17:24:57
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138372.html

平和の礎、新たに30人刻銘 総数24万1593人 重複3人分は削除
 沖縄戦犠牲者らの名前が刻銘されている「平和の礎」に今年新たに追加される30人の戦没者の刻銘作業が始まっている。12日、南城市の県石材事業協同組合南城市営業所で追加刻銘者の名前を石板に彫り込む作業が報道陣に公開され、新たに30人の名前が沖縄戦の犠牲者として刻まれた。  30人の内訳は県内出身者20...

2020-06-13 17:16:48
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138364.html

白バイに追跡されバイク転倒、少年けが 同乗者は逃走 沖縄市
 12日午前2時45分ごろ、沖縄市住吉の市道で、白バイから追跡を受けていた2人乗りの125ccバイクがカーブを曲がる際、電柱に接触し転倒した。この事故で、バイクを運転していた西原町の無職少年(16)が擦過傷などのけがを負った。同乗者はその場から逃走した。  沖縄署によると、旗ざおを所持し暴走行為に...

2020-06-13 17:13:04
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138363.html

県議選を終えて 勝利と勘違いした政府<佐藤優のウチナー評論>
 7日、投開票が行われた県議選では、県政与党が25議席を獲得して過半数を維持することになった。翁長雄志前知事の路線を継承し、辺野古新基地建設反対の姿勢を鮮明にする玉城デニー知事の県政が信任されたということだ。にもかかわらず、与党が弱気なのが不思議だ。  〈沖縄県議選の大勢が判明した8日未明、玉城デ...

2020-06-13 14:08:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138332.html

多良間村に1.9億円求め提訴 製糖工場設備会社「遅延で損害」
 【多良間】多良間村が一括交付金を利用して村内に整備する新製糖工場を巡り、建築工期の遅延で損害を受けたなどとして、機械設備を導入した東京都の製造設備会社が、村に追加費用約1億9500万円と遅延損害金を求める訴えを那覇地裁に起こした。訴状は3月30日付。  訴状によると、村と設備会社は2015年9月...
2020-06-13 14:07:41
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138331.html

キングス元主将の与那嶺翼氏、アカデミーコーチに就任
 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは13日、元主将の与那嶺翼氏(37)が15歳以下を指導するアカデミーコーチに就任すると発表した。2018―19シーズンを最後に現役を引退し、19―20シーズンは古巣の3部岩手ビッグブルズでアシスタントコーチ兼アカデミーコーチを務めていた。  1983年5月13日生まれ。...

2020-06-13 13:52:41
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138329.html

沖縄、感染ゼロ44日連続に 9人に検査【6月13日】
 沖縄県は13日、新型コロナウイルス検査の結果、新たな感染者は確認されなかったと発表した。検査は9人に実施した。新規感染者ゼロは5月1日以降44日連続となった。  県内では、8日にコロナによる入院患者がゼロになった。県関係の累計感染者は143人。12日現在、入院勧告解除を受けたうちの3人は、新型コロナ以外の疾患...

2020-06-13 13:38:19
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138327.html

死後も国の支配下なのか…国立墓苑に転骨「殺された人は納得しない」<「戦争死」に向き合う>③
 県民約12万人と日米の兵士約8万人が亡くなった沖縄戦から1年後、糸満市真栄平。遺骨が歩き慣れた道や溝などあちこちにあった。高校1年生だった大城藤六さん(89)も地域住民と共に遺骨を集めた。「戦後の仕事始めは遺骨収集だった」。集落近くのアバタガマに納め、慰霊塔を建立した。同様に県内各地で造られた納骨所は...

2020-06-13 12:49:51
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138211.html

医療従事者支えたい かりゆし1着で2000円を寄付、防護服購入に
 かりゆしウエア専門店「マンゴハウス」(那覇市、金城忠社長)は新型コロナウイルスの治療にあたる医療従事者や医療機関を支援しようと、対象商品1着につき2千円を防護服購入のために寄付する。  同社のかりゆしウエアを製造する協力工場が使い捨ての防護服を製作しているため、その工場から買い取り、医師会に寄贈す...

2020-06-13 12:40:12
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138253.html

賭けマージャンと取材の自由 「正当」支えるルールと倫理とは<メディア時評>
 東京高検検事長と在京紙(元)記者の賭けマージャンは社会の耳目を集め、さらにメディアへの大きな批判を呼んだ。当該朝日・産経両新聞社が、すぐに当該社員を停職等の比較的重い処分にしたことからも、「一線を越えた」との判断があったと推測される。では、いったい何がいけなかったのか、主として法的観点から改め...

2020-06-13 12:12:49
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138102.html

石垣牛へのクラウド支援、5日で目標突破 1436万円集まる
 新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する石垣牛への支援を募ろうと、JAおきなわが実施するクラウドファンディング「#ブランド牛応援リレー@石垣牛」が、開始から約5日で目標金額の1千万円を超えた。12日午後5時時点で898人の支援者から、1436万円が集まっている。生産農家やJAは支援の広がりに感謝し、募集終了の2...

2020-06-13 12:01:24
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138192.html

漫画・ハマとんど~「入室を断る」
漫画・ハマとんど~「入室を断る」 Copyright © 2016 Weekly Lequio Co., 292話までの「ハマとんど~」はコチラからご覧いただけます。 293話以降のハマとんど~はコチラ

2020-06-13 12:00:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1137760.html

【記者解説】MICEに民間活用、コロナ禍が不確定要因に
 当初は2020年度に供用開始予定だった大型MICE(マイス=国際会議、展示会など大型イベント)事業は、財源と見込んでいた沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)の交付を国が認めず、一括交付金が続く21年度末までの施設の完成が見込めなくなっていた。  民間との連携で財源を確保する方針を県が固めたことでMICE整備事...
2020-06-13 11:56:48
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138195.html

大型MICEに民間資金 リゾートとITを駆使 3密回避で修正も 県が報告書
 沖縄県は12日、西原町と与那原町にまたがる中城湾港マリンタウン地区で計画していた大型MICE(マイス=国際会議、展示会など大型イベント)施設の整備について、行政と民間が連携して公共サービスを提供する「パブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP)」の手法で事業化する方針を正式に発表した。県はこれま...

2020-06-13 11:54:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138187.html

ジョン万次郎は琉球でどう過ごした? 構想から20年かけ「日記」を解読
 【豊見城】琉球王国時代の1851年、ジョン万次郎らが豊見城間切翁長村(当時)の高安家で過ごした半年間を記録した「土佐人漂着日記」が、現代語訳文とともに「豊見城市史だより第14号」に掲載された。同日記が活字化されて世に出るのは初めて。浦添市立図書館沖縄学研究室専門員で歴史研究家の栗野慎一郎さん(60)が...

2020-06-13 11:49:48
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138223.html

辺野古で政府「曲解」の余地 緊張感増す玉城県政<薄氷の過半数 県議選の内幕>
 沖縄地方が梅雨明けした12日朝、太陽の光が照り付ける名護市の大浦湾は張り詰めた空気が漂っていた。「工事やめて」「ジュゴンを追い出すな」。小型船に乗った市民らの抗議をよそに午前8時20分すぎ、埋め立て工事に使う作業船2隻が辺野古の新基地建設現場にゆっくりと入ってくる。県議選の投開票から5日。沖縄防衛局は...

2020-06-13 11:39:34
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1138165.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会