沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

産業と技術革新の基盤をつくるには?【SDGsって? 知ろう話そう世界の未来】9
 豊かで幸せな暮らしにはさまざまな産業の発展が不可欠だ。限りある資源を大切に使い、持続可能な産業のあり方が世界中で模索されている。その土台となるのは新しい技術やサービスを生み出すイノベーション(技術革新)や、道路や鉄道といった暮らしを支えるインフラだ。SDGs(持続可能な開発目標)のゴール9は「産業...

2020-06-02 20:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132269.html

米への過剰依存脱却し、主権回復を 寺島実郎氏(日本総合研究所会長)<大型寄稿・コロナ禍の先へ>
 新型コロナウイルス問題は東アジアの地殻変動をもたらした。昨年まで、米中二極といわれた構造が大きく変わった。コロナ対応を巡って、米中ともに世界の失望を招き、「極」構造を牽引(けんいん)する指導国としての求心力を失った。  中国は、昨年夏からの香港問題への対応を巡り、強権化する習近平政権への警戒心を...

2020-06-02 20:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132188.html

防疫・医療体制の充実と観光推進は表裏一体 東良和氏(沖縄ツーリスト代表取締役会長)<大型寄稿・コロナ禍の先へ>
 1月16日、厚労省が国内最初の感染者を発表してから観光業界のコロナ禍は始まった。以降、大量のキャンセルが発生し新規予約はゼロとなる。流通を担う旅行会社は最初から大きな損害を受けてきた。  4カ月がたち、今や世界中の経済が深刻な状況に陥っている。特にリアルな経済活動である飲食、サービス、観光は、甚...

2020-06-02 19:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132177.html

米軍の空襲始まり避難生活 津波高徳さん 壕の中で(14)<読者と刻む沖縄戦>
 那覇市の津波高徳さん(86)から南城市内の2カ所の壕での体験をつづったお便りが届きました。津波さんは南城市知念の海沿いで米軍に捕らわれ、名護市の収容地区に送られます。      ◇  津波さんは1934年3月、佐敷村(現南城市)津波古で生まれ、父高吉さんや母カマさん、兄たちと暮らしていました。高吉さんは...

2020-06-02 16:10:12
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132146.html

3歳上の兄、戦争で犠牲に 安里一三さん 壕の中で(13)<読者と刻む沖縄戦>
 安里一三さん(87)=北中城村=は収容地区を転々としている間、前原高校に入学しました。一時コザ高校に在籍し、野嵩高校の一期生として卒業しました。今の普天間高校です。  「机や椅子はありません。生徒が作ったんです。鞄の中にはいつもハンマーが入っていました。生徒が高校を築いたんです」  野嵩高校では芥...

2020-06-02 16:09:20
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132154.html

宜野湾はごろも祭り中止 カチャーシー大会も コロナ感染防止のため
 【宜野湾】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、宜野湾はごろも祭り実行委員会は、9月末に開催予定だった第43回宜野湾はごろも祭りを中止することを1日までに決めた。  祭りのメインイベントである飛衣羽衣(とびんすはにんす)カチャーシー大会(同委員会主催、琉球新報社共催)も中止となる。  祭りには2日...
2020-06-02 15:42:14
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132043.html

少しでも長くみんなと 糸満高野球部
 31の部活動がある糸満には、活動を再開した生徒の声が響き、放課後の活気がよみがえった。本来なら月曜休みの野球部だが、新年度最初の全体練習として体幹トレーニングやランニングを実施。1年生も入部し、総勢約100人が真っ白なユニホームに袖を通しての初顔合わせとなった。  瑞慶覧長磨主将は「やっとこのときが...

2020-06-02 15:33:31
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132135.html

18年ぶり県総体Vへ 美里工男子バレー部
 美里工男子バレーボール部はレシーブやサーブを中心に基本的なプレーを確認しながら、初日から精力的に練習に励んだ。目指すは18年ぶりの県高校総体優勝だが、自粛期間明けの練習のためボールコントロールなど動きに鈍さがあることは否めない。  3年の嵩元盛頼主将は久しぶりのプレーの楽しさをかみしめる一方で、チ...

2020-06-02 15:24:45
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132134.html

道場に満ちる気合、活気 首里高なぎなた部
 稽古が始まると首里なぎなた部メンバーの表情が引き締まった。演技の確認では鋭いまなざしでなぎなたを振り下ろし、試合の打ち合いには気合が入った。栄野川里美監督のげきに応じる選手らの掛け声。道場は活気に満ちた。  初日の稽古は「楽しさを感じてほしい」(栄野川監督)と基本が中心。真剣な中にもリラックスし...

2020-06-02 15:14:03
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132124.html

楕円球追う魅力再確認 名護高ラグビー部
 楕円(だえん)球を仲間と投げ合うだけで、にやにやが止まらない。「やっぱりグラウンドは開放感がある。楽しくできた」。約1時間半の練習はストレッチやパスが中心で、接触を避けた軽いメニューだったが、練習後、名護ラグビー部の屋部旺成主将の表情は満足そうだった。  全国高校大会の県予選は2連覇中だが、花園...

2020-06-02 15:06:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132122.html

北谷強盗事件 米兵ら起訴受け、県が米軍に抗議へ
 北谷町で両替店に男2人組が押し入り現金を奪って逃走した強盗事件で米兵ら2人が起訴されたことを受け、県は近く米軍に抗議し綱紀粛正などを求める見通しだ。  県議選の応援で宮古島市を訪れていた玉城デニー知事は1日夜、取材に応じ「事件・事故があってはならないと強く強く申し入れたい。声を上げ続けるしかない...
2020-06-02 14:43:52
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1131988.html

コロナ影響で国勢調査の延期を 那覇市「調査員確保できず」、政府要請へ
 新型コロナウイルスの影響で調査員が確保できないとして、那覇市は中核市市長会を通して政府に国勢調査の延期を求めている。那覇市の場合、1500人の調査員が必要。だが5月末時点で集まった調査員は約241人で、前回(2015年度)同時期の約47.4%にとどまる。市は新型コロナ感染を心配して応募者が伸び悩んでいるとみる...

2020-06-02 14:39:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1131959.html

中止をお願いしているのに 米軍、津堅沖でパラシュート降下訓練強行 今年4度目
 【うるま】米軍は1日、沖縄県うるま市の津堅島訓練場水域でパラシュート降下訓練を実施した。嘉手納基地所属の救難ヘリHH60Gペイブホークから3回に分けて、18人が降下した。同水域での訓練は4月10日以来、今年4度目。  同機は旋回を何度も繰り返した後、通常よりも高い位置から米兵らが次々と降下した。うるま市は5月...

2020-06-02 14:31:31
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132101.html

基地汚染 次代のため水源の安全徹底を<6・7県議選 1票の現場から>3
 宜野湾市大山で田芋とレンコンを育てる宮城優さん(55)は、毎朝午前6時ごろから作業を始める。家業の田芋栽培を継いだ約20年前、朝の静けさの中である変化に気付いた。「カエルの鳴き声が聞こえない。フナの姿も見えなくなった」。湧き水「アラナキガー」の豊富な水源に恵まれた大山一帯。その一角にある先祖代々受け...

2020-06-02 13:27:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132082.html

普天間の移設先「分からない」が最多 即答できない理不尽な現実 平和教育高校生アンケート
 高教組と沖縄平和教育研究会が実施した高校生対象の平和教育に関するアンケートで、米軍普天間飛行場の移設場所に関する意見を聞いたところ、「国外・県外に移設すべきだ」が29・8%となり、前回の15年調査より4・8ポイント減少して過去最低になった。4択のうち、最も多かったのは「分からない」で43・7%。「辺野古移...

2020-06-02 13:17:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132073.html

手越祐也 ふてくされてお籠り中…来年1月までには進退決断か
「退所報道も一部で出ましたが、そもそも手越さんはまだ事務所と話し合いすらできていないそうです。来年1月に契約更新があるので、今後についてはそれまでに決断を下すと思います」(音楽関係者) NEWS・手越祐也(32)を取り巻く状況は悪くなるばかりだ。 「手越さんは緊急事態宣言下のゴールデンウイーク中に飲み会を...

2020-06-02 12:00:00
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1131978.html

「候補者がどんな人が見えた」 選挙アプリ「りゅうVOTE」を沖大生が体験
 7日投開票の県議選に向け、特に若者に関心を持ってもらおうと琉球新報と琉球大学が共同で開発したボートマッチアプリ「りゅうVOTE」を1日、那覇市の沖縄大学の学生に体験してもらった。「“政治初心者”には難しい」と戸惑う設問もありつつ「大まかでも候補者がどんな人か見えて投票に行きたくなった」と語った。  協...

2020-06-02 11:59:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132040.html

在庫管理の徹底や競り人配置換え 不正取引で沖縄協同青果が県へ改善計画書
 沖縄県中央卸売市場の競りで同社の元職員の競り人が7年間にわたって不正取引をしていた問題で、沖縄協同青果(浦添市、山城隆則社長)は1日、県に業務改善計画書を提出した。再発防止の対策として、徹底した在庫確認や競り人の配置換えなどのほか、役職員の意識改革のための研修実施を示した。役員責任についても触れ...
2020-06-02 11:53:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132029.html

在宅のコールセンター業務実現 那覇市のコーカスがテレワーク 台風時にも対応
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、コールセンター運営のコーカス(那覇市、緒方教介社長)はオペレーターが自宅でテレワークできる環境を整えた。個人情報を扱うコールセンターは一般的に「テレワークが難しい」と言われるが、緒方社長は「それまでできないという前提だったが、コロナを機にやるしかないという...

2020-06-02 11:50:58
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132028.html

【記者解説】県民向け宿泊助成 県内需要喚起で観光下支え
 県をまたいだ移動の自粛が1日から緩和され、新型コロナウイルスの感染拡大で大きなダメージを受けている沖縄経済の支援策も新たな段階に入る。県はリーディング産業である観光業の早期回復に力を入れ、県経済の立て直しにつなげる考えだ。  人の移動が規制されて事業者も休業を余儀なくされてきたこれまでは、支援金...
2020-06-02 11:47:01
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1132019.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会