沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

被爆した母、闘病の末逝く 親川委代さん 壕の中で(7)<読者と刻む沖縄戦>
 親川委代さん(85)=那覇市=の母、ツルさんは大阪市大正区で暮らしていたころ、雑貨商を営んでいました。1945年8月6日、商品を仕入れるために訪れた広島市で被爆したのです。  乗っていた電車がトンネルを通過した時、大きな爆発音と爆風を感じ、その後、地獄絵さながらの現場に入っていきました。娘の委代さんに「...

2020-05-24 16:38:14
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127286.html

コロナ禍「平和」どうつなぐ 各施設模索、ネットも活用
 沖縄戦の終結から75年。新型コロナウイルス感染拡大の影響は大きな節目の年を直撃した。沖縄戦の記憶を今に伝える施設も団体予約のキャンセルや休館で入館者が大幅に減った。関係者は頭を抱えながらも、感染症対策を講じたり、「新しい生活様式」に合わせた手法で継承を模索したりするなど、試行錯誤している。  本...

2020-05-24 15:41:11
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127226.html

県高野連の岩﨑会長に聞く コロナ対策講じ「努力発揮の大会に」
 県高野連の岩﨑勝久会長の一問一答は次の通り。 ―理事会での決定は。  「夏の選手権の予選となる沖縄大会の代替大会を実施することを決めた。開幕は7月4日からトーナメント方式で決勝まで行う。沖縄セルラースタジアム那覇やコザしんきんスタジアム、アグレスタジアム北谷の3球場を中心に行う。授業もあるので、土...

2020-05-24 15:04:01
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127251.html

オンラインイベント、新たなツールに 会場、費用も気兼ね少なくバリアフリー
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための活動自粛要請が解除され、感染防止と社会経済活動を両立させる「新しい生活様式」の段階に入った。そこで注目されるのが「オンラインイベント」だ。大きな会場を使用せずに開催できる費用面や、世界中どこからでも参加できるという気軽さ、移動が難しい障がい者や時間に制約の...

2020-05-24 14:58:55
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127244.html

タフな守備、チームの要 名門大で闘争心学ぶ 琉球ゴールデンキングス・田代直希(下)
 大学バスケ界のトップ・関東1部リーグに20年以上籍を置き続ける名門・専修大。田代直希(26)は4年間で「大学ナンバー1フォワード」と称されるまでに成長し華麗な飛躍を遂げる。  日本リーグ(のちのJBL)で主将としていすゞ自動車を4連覇に導いた中原雄ヘッドコーチ(HC)の下、当時の専修大は闘志を前面に出した激...

2020-05-24 14:54:35
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127249.html

【台湾に学ぶコロナ対策・下】社会全体に危機意識高く 武漢封鎖以前に司令塔設置
 台湾の総統選挙の熱狂が冷めやらない1月中旬、私は近所の医院を受診した際に、初めて原因不明のウイルス性肺炎が中国大陸で流行し始めたことを知った。そのころ、台湾は既に武漢からの直行便に対して検疫を開始しており、1月下旬の武漢の都市封鎖より前に、司令塔となる中央感染症指揮センターが設置されている。  そ...

2020-05-24 14:48:52
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127243.html

【台湾に学ぶコロナ対策・上】SARS経験から法整備 情報を集積、解決向けIT駆使
 新型コロナウイルス感染症の世界的な流行で、拡大を続けていた沖縄経済は一転して危機的状況に陥った。東アジアの中心に位置する地理的特性やリゾート性をうたってきた観光立県の復活を目指す上で、感染症の流行というグローバルなリスクにどう備えていくかが課題となる。初期対応の成功事例として評価を集める台湾の...

2020-05-24 14:43:26
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1126847.html

「オール沖縄」の協力幅を拡大 新しい風・にぬふぁぶし 金城徹代表<政策を問う⑩>
 ―県議選の争点と意義についてどう考えるか。  「世界で猛威をふるう新型コロナウイルス感染防止対策と医療体制強化に向けた具体的な施策が問われる。辺野古新基地建設の是非も争点だ。県民投票で示された民意を政府に示さなければならない」  ―辺野古新基地建設問題の解決策をどう考えるか。  「普天間飛行場の危険...

2020-05-24 12:50:41
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127238.html

沖縄のコロナ感染24日連続ゼロ 10人を検査【5月24日】
 沖縄県は24日、新型コロナウイルス検査の結果、新たな感染者は確認されなかったと発表した。10人にPCR検査をした。5月に入ってから感染患者はゼロが続いており、24日連続となった。  24日午前の段階で新型コロナウイルスに感染して入院中は6人で、そのうち重症は1人増え4人なった。感染後に陰性となり...

2020-05-24 12:36:42
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127279.html

『八重山諸島の水資源』 人々と水の関わり詳細に
 待ち望んでいた本が発行された。東田盛善著『八重山諸島の水資源』で、副題「高島と低島における水利用の変遷および上水道供給方法」という本だ。発行所は石垣島にある南山舎だ。  著者は、波照間島に生を受け、井戸水と雨水に頼って生活をしてきた一人だ。干ばつの時は、水の豊富な西表島に飲料水を汲(く)みに行っ...

2020-05-24 12:31:27
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127142.html

『沖縄の染め織りと人びとの暮らし』 次代につなぐ被服と手仕事
 新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みは、自由に手軽に欲しいものを入手してきた私たちの暮らしを根本的なところから見つめ直す機会となった。例えば、マスク。以前は、当たり前に簡単に入手できたが、それがかなわなくなってきた。そこで、多くの人々が自らの手で必要なマスクを作り、さらには、他の人々に提供...

2020-05-24 12:26:37
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127143.html

球場確保で独自大会に道 高野連は再流行が懸念材料
 沖縄県高野連の独自大会開催の決定は、新型コロナウイルスの収束が大前提だ。14日に政府や県独自の緊急事態宣言が解除され、21日には学校も再開した。県内では23日連続で新規感染者ゼロが続いており経済、社会活動が再開したことも判断時の鍵となった。  判断は球場が確保できていたことも大きい。県高野連は、当初予...
2020-05-24 12:25:22
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127260.html

独自大会に「力出し切る」 選手は「強気で向う」 指導者は「命が一番」「大成功させる」と複雑
 沖縄県高校野球連盟(岩﨑勝久会長)は23日、県独自の大会を7月に開催することを決めた。新型コロナウイルスの影響で、球児の大きな夢でもあった全国高校野球選手権(夏の甲子園)の中止に落胆していた中での吉報に球児や関係者らは歓喜し、独自大会の開催に前向きな声が多く上がった。一方、感染防止対策について県高...

2020-05-24 12:22:30
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127258.html

『「火花方日記」の研究 琉球国王 尚家文書』 王国の花火技術鮮明に
 琉球王国時代には、その体制を支えるための多様な技術や技能があった。  首里城を明け渡し、沖縄県時代になると、生活に密着した技術や技能、例えば漆器や染織などは存続したが、そうでない多くのものは消えていった。消滅したものの一つが花火(当時は「火花」)だったのである。  1866年、最後の国王、尚泰(しょ...

2020-05-24 12:10:39
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127137.html

ベストセラーランキング(2020/5/24)
■ジュンク堂書店那覇店 (1)打越正行著「ヤンキーと地元」(筑摩書房・1980円) (2)岸見一郎、古賀史健著「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社・1650円) (3)末永幸歩著「『自分だけの答え』が見つかる 13歳からのアート思考」(ダイヤモンド社・1980円) (4)堀江貴文著「スマホ人生戦略」(学研プラス・1540円) ...
2020-05-24 12:09:39
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127296.html

植えて1年、コーヒーの木に花 沖縄SV、栽培地を拡大へ
 【名護】元日本代表FW髙原直泰氏が率いるサッカーチーム「沖縄SV」が運営する名護市許田のコーヒー農園でこのほど、コーヒーの木の一部に花が咲いた。花言葉は「一緒に休みましょう」。開花時期は5~6月で期間は2日ほど。  食品メーカーのネスレ日本(神戸市)の支援で、「沖縄コーヒープロジェクト」を進めている。...

2020-05-24 11:06:09
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127154.html

今帰仁アグー豚保存危機 需要激減、農家支援求める
 【今帰仁】沖縄で唯一の在来豚といわれる「今帰仁アグー」が新型コロナウイルスの影響で出荷停止が続き、運営難に陥ったため種の保存が危ぶまれている。他のアグー豚とは異なり、アジアに起源のある在来豚の今帰仁アグーを、20年前に資源として残し種を守る活動を始めた「農業生産法人今帰仁アグー」(髙田勝代表)は...

2020-05-24 10:57:36
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127153.html

伊計産品の新たな創出資金に 地場麦茶の売り上げ、自治会へ贈る
 【伊計島=うるま】うるま市勝連平敷屋で「宿&喫茶アガリメージョー」を経営する眞榮里良人さんが13日、伊計島の自治会を訪れ、伊計島産小麦を活用して自身の店舗で販売した体験型商品の売り上げの半分を地域に寄付した。  3年前から自治会が中心となり、50年ぶりに小麦の栽培を復活させた伊計島。自治会が栽培する...

2020-05-24 10:46:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127161.html

コロナ禍の糸満市長選 表出られずSNSが合戦場 自粛解除でやっと街頭
 【糸満】任期満了に伴う6月7日投開票の糸満市長選は、31日の告示日まであと1週間となった。新型コロナウイルス感染症の影響で、立候補予定者らは集会や街頭での活動を制限されてきた。市民からは「候補者の姿が見えない」と戸惑う声が上がり、各陣営からは「存在を十分にアピールできていない」と焦りの声が漏れ聞こえ...

2020-05-24 10:37:20
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127160.html

独自大会「感謝しかない」 県高野連決定に保護者ら喜ぶ
 県高校野球連盟が県独自の大会開催を決定したことを受け、球児の保護者からは歓迎と喜びの声が上がった。野球同様に全国規模の大会が中止になった他競技の関係者からは、代替大会の開催に向けた後押しになると期待する声もあった。  野球部に所属する高校3年の息子を持つ金城剛さん(48)=南城市=は「夏の大会は球...
2020-05-24 10:28:04
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1127229.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会