沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
(c)

イカスミ汁で笑顔を拡散 〝お歯黒姿〟がインスタ映え 糸満漁民食堂が投稿
 【糸満】イカスミ汁で笑顔をつなごう! 糸満市にある糸満漁民食堂が「#イカスミ汁で笑顔つなぐ おうちdeごはん応援プロジェクト」に取り組んでいる。「多くのウチナーンチュが子どもの頃、イカスミ汁を飲んで真っ黒になった歯を見せて、笑いを誘ったことがあるはずだ」と話すのはオーナーの玉城弘康さん(42)...

2020-05-10 18:01:13
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119859.html

参加型カチャーシー動画の投稿開始 琉球風車「コロナ禍で元気を」
 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続く中、多くの人に元気を届けようと、学生や社会人らでつくるエイサー団体「琉球風車(かじまやー)」は、唐船ドーイの曲に乗せてカチャーシーを踊る動画をSNSに投稿するプロジェクトを始めた。  「#おうちでカチャーシー」のハッシュタグを付け、撮影した動画を投稿し...

2020-05-10 16:33:23
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119863.html

【ボリビア】ボリビアの診療所へ消毒装置 コロナ対策で城間さん寄付
 新型コロナウイルスの感染対策として、ボリビアのオキナワ移住地のオキナワ診療所に消毒液を噴霧する装置が寄付された。寄付をしたのは沖縄県系の城間健さん(33)が働く機械修理工場で、診療所入り口に設置された。来院者は装置を通ることで全身消毒されるため、患者や見舞いに行く家族は「助かっている」と喜んだ。 ...

2020-05-10 14:50:55
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119807.html

「家賃が払えない」 基地の街、飲食店が悲鳴 米軍行動制限が追い打ち
 【中・北部】米軍基地に隣接する名護市辺野古や金武町の新開地エリア、北谷町砂辺は米兵向けの飲食店やタトゥー(入れ墨)店などが軒を連ねる。だが、新型コロナウイルスの影響に伴う米軍の行動制限で、街からは米兵たちの姿が消えた。県民の利用自粛も重なり、店舗からは「家賃も払えない」と悲鳴が上がる。  第18航...

2020-05-10 14:19:53
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119768.html

繁華街近く那覇市牧志駅 夜間の人出45%減 観光客減り、飲食店も自粛
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた那覇市牧志駅周辺の「平均人口」の推移で、金曜日と祝前日の午後5時~午前0時の夜間帯を分析したところ、4月下旬は1月のピーク時から約45%の人出が減少していることが明らかとなった。ビッグデータ分析を進める「Agoop(アグープ)」(東京)からデータ提供を受け、琉球新報が...

2020-05-10 14:18:18
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119765.html

沖縄のコロナ感染10日連続ゼロ 40人を検査【5月10日】
 沖縄県は10日、新型コロナウイルスの新たな感染者はいなかったと発表した。県内で新規感染者がゼロとなるのは10日連続で、5月に入ってから感染者は確認されていない。PCR検査数は40人。  県内の累計感染者数は143人。死亡は5人。【琉球新報電子版】

2020-05-10 13:10:56
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119835.html

ブルーシール 青色ライトで医療従事者へ感謝
 【浦添】アイスクリーム店「ブルーシール」を運営するフォーモストブルーシール(浦添市、荒木定明社長)は「アイスクリームの日」の9日、新型コロナウイルス感染症の治療に携わる医療従事者に感謝の気持ちを伝えようと浦添市にある牧港本店の建物を青色の光で染めた。  青色は英国の国家医療制度(NHS)のシンボルカ...

2020-05-10 12:38:56
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119772.html

15日から「かなり高温」 沖縄気象台「熱中症対策を」
 沖縄気象台によると、沖縄地方は15日ごろから、那覇で最高気温が28~29度、最低気温も24度になるなど、平年より「かなり高温」になることが予想される。  同気象台は熱中症などが起こりやすいとして体調管理などに注意を呼び掛けている。  新型コロナウイルスの影響で自粛生活を続ける人も多いほか、体が暑さに慣れ...
2020-05-10 12:25:42
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119771.html

陸上走り幅跳びの津波「まだまだ強くなれる」 自宅トレで細部を鍛え【Reスタート・1】
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪・パラリンピックが延期となった。運動施設の閉鎖や接触の回避など感染防止策の順守などで本番を目前としていた選手たちの練習環境は一変した。県勢アスリートはどのように日々を過ごし、来夏を展望しているのか。大舞台の繰り延べを逆に好機と捉え、再出発を切った選手...

2020-05-10 12:15:20
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119789.html

小野寺が契約更新 キングスに入団2年目
 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは9日、小野寺祥太と選手契約を更新したと発表した。  1994年生まれの25歳。183センチ。ポイントガードとシューティングガードをこなす。入団2年目に入る。  昨季は、激しく当たるディフェンスや終盤での速攻など攻守でハードなプレーが光った。  小野寺は...
2020-05-10 11:45:32
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119790.html

牛飼料をボリビアから直輸入 県系人の絆生かす 輸送費は4割減
 石垣牛の一貫生産から加工、販売まで手掛けるゆいまーる牧場(石垣市)は4月から、南米ボリビアにある県系人移住地「コロニア・オキナワ」から牛の飼料として大豆の輸入を始めた。産地から直接輸入することで手数料がかからず、これまでの運送費と比べ40%のコストカットにつながる。同社の金城利憲取締役は「『オキナ...

2020-05-10 11:02:53
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119759.html

普天間泡消火剤流出 収束するまで監視を 原田京大准教授インタビュー
 【宜野湾】有害性が指摘されているPFOSなどを含む泡消火剤が米軍普天間飛行場から流出し10日で1カ月がたった。流出河川の水を分析し、高濃度PFOSなどを確認した京都大の原田浩二准教授(環境衛生学)に数値への評価や、今後対応すべきことなどについて聞いた。 ―これまでの水質調査の結果をどう評価するか。  「国の...

2020-05-10 10:57:12
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119752.html

[日曜の風]「まずは検査」沖縄発信が全国に
 新型コロナウイルス感染症の流行で、沖縄のゴールデンウイークも観光客でにぎわういつもの光景が消えていただろう。  しかし今、全国の医療関係者が「沖縄の底力」に注目している。群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春氏(浦添市)が、東京の医師らとともに「コロナの検査をもっと増やすべき」と早くから主張し、よ...

2020-05-10 10:47:52
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119799.html

宜野湾市の広範囲で有害物質 普天間消火剤流出 米軍、原因明らかにせず
 【宜野湾】有害性が指摘されている有機フッ素化合物PFOSやPFOAなどを含む泡消火剤が米軍普天間飛行場から宜野湾市の河川などに流出してから10日で1カ月がたった。米軍は原因を明らかにせず、事故の全容は不明のままだ。県や市、琉球新報・京都大学などによる水質調査の結果からは基地外で広範囲の汚染が確認された。 ...

2020-05-10 10:45:52
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119751.html

読者と新聞委 コロナ報道は正確、詳細に ファクトチェックを評価 
 琉球新報社は9日までに、「読者と新聞委員会」(主宰・玻名城泰山社長)の第46回会合を紙上討論で行った。佐藤学氏(沖縄国際大教授)、知念ウシ氏(むぬかちゃー=ライター)、寺田柾(まさき)氏(那覇市自治会長会連合会事務局長)、平田大一氏(演出家)の外部有識者の4委員が、「新型コロナ感染拡大」と「沖縄戦7...
2020-05-10 10:41:22
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119747.html

普天間泡流出、原因不明なまま1カ月 米と調整難航
 米軍普天間飛行場から有機フッ素化合物(PFAS(ピーファス))を含む泡消火剤が流出した事故から、10日で1カ月を迎える。原因はいまだ明らかにされず、日本側の立ち入り調査も米側との調整が難航し、県の求める土壌のサンプル採取は完了していない。事故は周辺住民に大きな不安を与えたが、環境汚染の全容解明や再発防...
2020-05-10 10:37:10
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119748.html

「タイガーマスク」が現る 子どもたちへの支援に3万5千円 差出人は「伊達直人」
 那覇市久茂地の居酒屋「炎」で6日、漫画タイガーマスクの主人公「伊達直人」名が書かれた封筒が扉に挟まっているのが見つかった。中には現金3万5千円が入っていた。同店は子どもたちに無償で弁当を配る「Okinawa美(ちゅ)ら顔(がお)プロジェクト」に取り組んでおり、封筒も同プロジェクト宛てになっていた。「炎」...

2020-05-10 10:27:24
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119785.html

名産のスイカ「捨てるしか…」 大量の在庫に農家から悲痛な声
 【今帰仁】今帰仁村名産のスイカが収穫のピークを迎えているが、新型コロナウイルスの影響で需要が減り、在庫が大量に発生している。同村仲尾次の「今帰仁すいか」は例年の3倍の30トンが倉庫に眠る。売買価格は低迷、農家からは悲痛な声が上がる。  新型コロナの影響でホテルや観光拠点施設が休業、外食やイベントの...

2020-05-10 10:21:13
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119769.html

【母の日特集】沖縄出身プロ野球選手と母のエピソードをまとめ読み【WEB限定】
 5月10日は「母の日」。プロ野球で活躍する沖縄出身の選手たちにとっても、母親は食事や生活面など土台づくりを支えてきた存在だ。ドラフト会議、初めてのお立ち台などで親への感謝を口にする選手も多い。沖縄出身選手のエピソードをまとめた。 700円のグラブからドラフト1位でプロに!  2019年のプロ野球ドラフト会議...

2020-05-10 07:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1119429.html

家族に支えられ 〝翼スマイル〟で「東京」のヒロインへ
 車いすマラソンを始めて3年あまり。喜納翼(29)はレースのたびに成長を見せ、周囲を驚かせる。2019年11月の大分国際車いすマラソンでは、それまでの日本記録を2分17秒更新する1時間35分50秒で2位に入った。世界新記録で優勝したマニュエラ・シャー(スイス)との差はわずか8秒だった。東京パラリンピック出場へ向け、...

2020-05-10 07:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1111554.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会