沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
琉球新報
「ウフバンタ」活用に模索 平安座自治会が他地区の事例を視察
 【うるま=平安座島・宜野座】うるま市の平安座自治会は14日、宜野座村の松田地区体験交流センターを訪問し、同区の鍾乳洞を活用したツアーを視察した=写真。平安座自治会は島にある丘陵「ウフバンタ」の活用を模索しており、他地区の事例を学ぼうと訪問した。  メンバーらは松田区内をツアーで巡った後、ツアーを実...

2020-10-25 16:30:44
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213690.html

キングス7連勝 島根に82ー75 Bリーグ
 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは25日、沖縄市体育館で島根スサノオマジック(西地区)と今季第9戦を行い82―75で勝利した。7連勝で対戦成績を7勝2敗とした。次戦は28日午後7時5分から、広島サンプラザホールで広島ドラゴンフライズと対戦する。【琉球新報電子版】

2020-10-25 16:18:55
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213735.html

ダンゴムシの生態〝じっくり〟 こどもの国で観察講座
 【沖縄】沖縄こどもの国にある沖縄県地域環境センター主催による環境啓発活動「沖縄のだんごむし講座」が11日、園内のチルドレンズセンターで開かれた。  講師は自然ガイドのnaturalbox(ナチュラルボックス)代表の石神安弘さんで、17人5家族が参加し、フィールドで採集したダンゴムシをルーペ(拡大鏡)...

2020-10-25 16:00:04
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213689.html

恩納村出身デザイナー吉田さん、体育祭向けTシャツ350枚贈る 「うんな中団結の記念に」
 【恩納】恩納村出身のデザイナー吉田ロベルトさん(42)がデザインしたTシャツ350枚の贈呈式が6日、うんな中学校正面玄関前で行われた。贈呈式には吉田さん、うんな中の宜志富清博校長と當山安恒生徒会長、恩納村から長浜善巳村長と當山欽也教育長が出席した。Tシャツは4日に開催された第1回体育祭のユニホームとして...

2020-10-25 15:47:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213494.html

ボリビア移民子孫と帰属意識の悩みに寄り添う 横浜市の沼尾さんがルーツを探る旅企画
 横浜市鶴見区には戦後、沖縄から南米に移住した県系人の子孫が出稼ぎで来日し、「出稼ぎ者」とその家族が集まって暮らしている。その多くが戦後、沖縄からボリビア移住した人たちの関係者だ。その子孫らを長年サポートしているのが、鶴見区のボランティア団体、外国人児童生徒保護者交流会の顧問、沼尾実さんだ。  沼...

2020-10-25 15:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213679.html

沖縄で新たに31人がコロナ感染、累計3165人【10月25日午後3時】
 沖縄県は25日、新型コロナウイルスの新たな感染者が31人確認されたと発表した。242件の行政検査で7人、保険診療検査で24人の陽性反応が判明した。この日の感染確認者31人の中には県議会事務局公表の下地康教県議(宮古島市選出)も含まれている。感染者数は2日連続で40人台で推移していたが、2日ぶりに30人台となった...

2020-10-25 15:23:27
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213708.html

子どもの貧困と企業、発信機能で結ぶ 本社報道本部長がSDGs講演
 【恩納】女性の地位向上や男女共同参画社会実現への活動をしている県女性の翼(奥村恵子会長)が15~17日の3日間、恩納村のリザンシーパークホテルで研修会を開催した。16日午後からの宿泊研修会では「SDGsシンポジウム」があった。  基調講演は琉球新報社の島洋子報道本部長が講師を務め「沖縄県下におけるSDGsの取...

2020-10-25 15:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213586.html

ジュゴンの死を悼む 市民有志が辺野古で追悼会
 【辺野古問題取材班】昨年3月に今帰仁村の防波堤でジュゴン「個体B」が死んでいるのが見つかったことを受け、市民有志の実行委員会は24日、「一周忌ジュゴン追悼の会」を名護市辺野古の浜で開いた=写真。  浜に隣接する米軍キャンプ・シュワブでは、新基地建設工事が続いている。この日も辺野古崎沿岸埋め立て区域で...

2020-10-25 14:58:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213700.html

【島人の目】コロナ禍中の危険な遊び
 欧州は新型コロナの第2波に見舞われている。そんな中でも猟師はせっせと狩りに出る。欧州の多くの国では、狩猟解禁時期は毎年9月。新年を跨(また)いで2月頃まで続く。ここイタリアの狩猟シーズンも9月からの約5カ月間。フランスも似ている。  一方、狩猟大国のスペインは春にも狩猟シーズンがあり、1年のうち9カ月...
2020-10-25 14:31:22
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213680.html

『ワールド・ウチナーンチュ 忘れ得ぬ人々』 県系移民の生きざま追う
 本書は多年にわたり沖縄県系移民の放送取材をしてきた著者が、その中からえりすぐって60篇のライフストーリーをまとめたものだ。そこにはどんな交通不便なところにも足を運ぶ放送ジャーナリズムの現場主義がある。そこで彼が見たものは「なんくるないさ」や「いちゃりばちょうでー」といったウチナーンチュ特有のメン...

2020-10-25 14:28:58
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213513.html

自民の沖縄県議、新たに1人がコロナ感染、計12人に
 沖縄県議会事務局は25日、先島地方を視察していた自民会派の県議団の1人、下地康教氏(60)が新型コロナウイルスに感染していたことを確認したと発表した。23日に宮古病院でPCR検査を受け、結果待ちとなっていたが、25日に陽性が判明した。自民会派県議視察団の感染者は計12人となった。  自民会派県議団は今月18~2...

2020-10-25 14:26:01
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213696.html

『帝国の島 琉球・尖閣に対する植民地主義と闘う』 東アジアの近代「知」に対峙
 今日(こんにち)の世界は洋の東西を問わずに、過去の被害が呼びもどされ、歴史認識の問題が新たな紛争の火種となっている。いわば歴史の政治化によって「過去」が紛争化させられているのである。  トランプ米大統領は例外国家「アメリカ」を見事に体現する。それは20世紀の覇者として君臨した帝国の末路のゆく先とそ...

2020-10-25 14:25:15
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213523.html

ベストセラーランキング(2020/10/25)
■ジュンク堂書店那覇店 (1)たかのてるこ著「笑って、バイバイ!」(テルブックス・550円) (2)樋口耕太郎著「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」(光文社・990円) (3)メンタリストDaiGo著「自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス」(PHP研究所・1540円) (4)たかのてるこ著「生きるって、なに...
2020-10-25 14:21:30
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213695.html

渡嘉敷島で繁殖の野生イノシシを捕獲へ 11月から沖縄県が作業
 【渡嘉敷】県環境部による「慶良間諸島における外来イノシシ対策事業について」の住民説明会が13日、村中央公民館で村住民ら多数が出席して開かれた。  現在、県環境部では、慶良間諸島に生息する外来イノシシ対策を行っており、2020年度の事業では、渡嘉敷村での捕獲作業を11月3日~11月末に実施する予定。説明会で...

2020-10-25 14:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213493.html

うちなーぐち話せず苦労 中島政彦さん 故郷へ帰る(25)<読者と刻む沖縄戦>
 那覇市首里大中町で暮らすようになった中島政彦さん(89)=那覇市=は首里高校に通います。校舎はテント小屋です。  《首里ハイスクールがあることを聞き、台湾台中第二中学校3年の在学証明書を持参して編入手続きを取った。1年下級の2年生に編入させてもらった。  学友はアメリカ兵の古着を着ていたが、童顔は残っ...

2020-10-25 13:49:28
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213691.html

幕開けは「コザの街ラプソディー」 フォーク歌手佐渡山さんらがライブ 沖縄市
 【沖縄】沖縄市の一番街にある同市おんがく村で開催したフォーク歌手「佐渡山豊展」の関連イベントとして11日、同会場で佐渡山豊さん(70)のトークライブがギタリストの国吉亮さん(40)をゲストに催された。  コロナ禍で観客を予約制限したライブ。ギターを手に登場した2人は佐渡山さん作曲の「コザの街ラプソディ...

2020-10-25 13:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213492.html

空手の日 沖縄空手界重鎮が奉納演武 鍛錬された型披露
 10月25日は「空手の日」。沖縄県豊見城市の空手会館では同日午前、「奉納演武」があり、沖縄空手界の重鎮6人が鍛錬された型を披露した。  演武を披露したのは、いずれも県指定無形文化財保持者の喜久川政成(剛柔流)、眞栄城守信(小林流)、伊波光太郎(古武道)、仲本政博(古武術)、仲程力(上地流)、高良信德...

2020-10-25 13:25:59
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213688.html

皿や茶わん、湯飲み…読谷村で「海辺のやちむん市」、25工房が出品、来月まで毎週土日
 【読谷】星野リゾートが運営する読谷村儀間の「バンタカフェ」で11月末までの毎週土日午前11時~午後4時、直売会「海辺のやちむん市」を開催している。村内の工房が週替わりで出店し、皿や茶わん、湯飲みなどを販売している。晴天となった17日、県内在住者や観光客らが訪れ、にぎわいを見せた。  新型コロナウイルス...

2020-10-25 13:06:31
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213587.html

69年前の友人・恩師「声だけでも聞きたい」ライカムで学んだ86歳、探しています
 宮古島市平良久貝の徳永トミ子さん(86)=旧姓・本村=が、18歳だった1951年に通っていた「沖縄ライカムアーミータイピングスクール」の恩師や友人3人を捜している。新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が増え、昔のことを思い出すに連れて会いたい気持ちが強くなったという。手掛かりは名前と手元にある1枚の...

2020-10-25 13:00:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213447.html

花や星…ちらしずし鮮やか 宮古総実高、初のコンテスト 水産加工技術生かす
 【宮古島】マグロの花にキュウリの船。正方形の酢飯の海にみずみずしい感性が彩り鮮やかに躍っていた―。宮古島市の宮古総合実業高校は19日、食と環境科フードクリエイトコースの生徒を対象にした「ちらし寿司コンテスト」を初めて開催した。この日は1年生19人がマグロやイカなどの鮮魚や海ブドウに大葉などを使い、そ...

2020-10-25 12:30:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1213448.html

Pages
© 2020 沖縄歴史文化研究会