沖縄歴史文化研究会

琉球の歴史、文化、首里城など幅広く沖縄について学んでいます
沖縄方言

・きーうぃ(キュウリ)
・きーうむ(キャッサバ)
・きーかし(おがくず)
・きーさち(警察)
・きーじぇーく(木細工)
・きーじり(木切れ)
・きーたたちゃー(ノグチゲラ)
・きーちちちゃー(キツツキ)
・きーぬかー(樹皮)
・きーぬない(木の実)
・きーぬふぁー(木の葉)
・きーぬみー(木の実)
・きーぬむーとぅ(木の幹)
・きーびさー(竹馬)
・きーびすー(薄毛)
・きーふじ(サガリバナ)
・きーぶるだーちゃー(鳥肌が立つ)
・きーまー(毛深い人)
・きーむし(毛虫)
・きーもー(毛が無い人)
・きーゆい(キダチ)
・きーるー(黄色)
・きーん(蹴る)
・きじ(傷)
・きじむなー(ガジュマルの妖精)
・きじゃーすん(混乱させる)
・きたなかぐしく(北中城)
・きだむん(獣)
・きつさん(きつい)
・きっちゃき(つまずく)
・きぶさん(煙たい)
・きぶし(煙)
・きぶしみー(煙突)
・きみーん(決まる)
・きらま(慶良間)
・きらまちちじ(ケラマツツジ)
・きりんそう(アキノキリンソウ)
・きんみーまち(キンメヒメダイ)
© 2020 沖縄歴史文化研究会